「片片」は「かたかた」ではありません。読めそうで読めない副詞3つ

同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現する畳語(じょうご)。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1「緊緊」の読みは?

「きんきん」? そうではありません。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「緊緊」の意味は次の通り。

  • 強く身に迫る様子

例えば「責任の重さを緊緊と感じています」など。

  • すきまのない様子。

例えば「ヨットが港に緊緊と並んでいる」など。

分かりましたか?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 責任の重さを緊緊(ひしひし)と感じています。
  • ヨットが港に緊緊(ひしひし)と並んでいる

「緊」は、ご存知の通り「緊張」の「緊」。きつく糸を巻き付けた様子を表しています。そこから、きつい、きびしい、迫っている意味を持ちます。「緊緊」は、その意味が重なってより強い「きつさ」「みびしさ」「せまっている様子」を表します。

 

2「片片」の読みは?

「かたかた?」「へんへん?」いえいえ、そんな言葉ありませんよね?ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「片片」の意味は次の通り。

  • 薄くて軽いものが揺れ動く様子

例えば「桜が片片舞い落ちる」

  • 光がひらめいたり、炎が揺れ動いたりする様子

例えば「木漏れ日が風で片片としている」

もう分かりましたね?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 桜が片片(ひらひら)舞い落ちる
  • 木漏れ日が風で片片(ひらひら)としている

「片」は「片方」という意味もありますが、「一片、二片」という数え方からも分かるように、花びら、葉、紙など薄く平たいものを数える言葉でもあります。それを重ねることで「ひらひら」の意味を表すのですね。

 

3「総総」の読みは?

「総総」は「そうぞう」という読み方もあり、それは「全部」を表します。ここでは、もう一つの意味を当ててもらいます。ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「総総」の意味は次の通り。

  • ふさのように多く集まって垂れ下がっている様子。

例えば「総総とした髪」

もう分かってしまいましたね。

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 総総(ふさふさ)とした髪

「総」は、全部という意味もありますが、「たばねた糸の先をばらばらにしたもの」という意味もあります。二つ重なることで、よりふさふさした感じを表すのですね。

どうでしたか? どれも普段使っている単語だったと思います。漢字で書くと読めないこともあり、このような畳語は仮名表記することが多いのですが、漢字で書くとこういう字を使うのだと分かっていると、これらの畳語をより深く理解することになると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク