簡単マイナス5歳肌! 3つのちょいテクでツヤ美肌になる方法

年齢を重ねると気になるお肌のくすみやシワ……。カバーしたい一心でファンデーションをつい厚塗りしがちですが、実はファンデーションを重ねて塗るのは素肌感がなくなり、オバ肌一直線!

ベースメイクはちょっとしたテクニックで肌に透明感とツヤを与え、若々しく魅せることができます。そこで、今回はベースメイクをする時に抑えておきたいちょいテクをご紹介します。

■微細なパールが入った化粧下地を投入

BBクリームの流行で、化粧下地ユーザーが減っていますが、アラフォーは絶対に省略して欲しくないのが化粧下地です。カラーコントロール効果を狙うならまずはイエロー系かピンク系を検討してみてください。

イエロー系の下地ならお肌のくすみをカバー、ピンク系ならお肌に血色感を与え健康的なお肌に見せてくれます。そして、欲を言えば、微細なパールが入っていると尚良し。パールが入っているカラーコントロール下地が見つからなければ、パールが入っている白い化粧下地をほうれい線や目尻の小じわのあたりだけ重ねづけすることで、光の乱反射効果でお肌のシワ感が目立たなくなります。

■ファンデーションにパール感のあるものを混ぜる

通常ファンデーションは、マットかツヤのある仕上がりのどちらかを選びますが、ファンデーションにもパール感があるとよりいいです。とは言っても今持っているファンデーションは買ったばかりなの……という人もいるはず。

そんな人は、シャンパンゴールド系クリームアイシャドウを少量ファンデーションに混ぜればパール感をプラスできます。ホワイトパールを混ぜてしまうと白浮きする可能性があるので、ファンデーションの色になじみやすいシャンパンゴールド系を選ぶことがポイントです。

 

そして、今使っているフェイスブラシを上手に使えば……

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事