チラ見えでゲンメツ!男が引いた「40代女性のスマホ待受」3大NGって?

スマホの待受画面には、持ち主の趣味やセンスがあらわれやすいと言われます。

他方、スマホは極めてパーソナルなグッズながらも、待受画面だけは他人の目に触れる機会も多いことから、チラッと見えた待受のせいで好感度が上がることもあれば、だだ下がりになるパターンもあるのが現実。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちからヒアリングした「イケてない待受画面」の特徴に迫ります。

 

チラ見えでゲンメツ!男が引いた40代女性の待受1:アイドルや有名人の写真

「お気に入りのアイドルを待受にしている40代女性には、ぶっちゃけ引きます。偏見かもしれないけど、その人が独身だと『追っかけしてて結婚できない系?』って推測してしまう」(43歳男性/IT)

「見るからに韓流のアイドル写真を待受にしている職場の40代女性。普段はファッション誌の写真みたいな洋服を着ていることが多く知的なイメージだったのに、待受のせいでいかにもオバちゃん!ってイメージが強まり、彼女を見る目が変わりました」(41歳男性/サービス)

究極的なお話で言えば、待受をなんの写真に設定しようが人様の迷惑にはならないものの……。しかしいかにも“アイドルマニア”風の待受画面には、イコールで追っかけ的な熱狂ファンを連想するのか、冷ややかな目を向ける男性もいるのが実情のようです。

 

 

チラ見えでゲンメツ!男が引いた40代女性の待受2:パワースポットや願掛け画像

「飲み仲間の41歳女性は、本気の婚活を掲げてはや数年。この前、たまたま待受を見たら『婚活成就』って書かれた猫のイラストを待受にしていて、引きました。ネタとして突っ込んでいいものか、それとも見なかったことにしてあげたほうがいいのか迷い、結局、その待受には触れずに見て見ぬ振りをしましたが……」(42歳男性/経営)

「知り合いの女性が『最近の私、いいことがないから』と言いつつ、待受画面にするだけで幸せが舞い込むというパワースポットの画像を見せてくれたのですが、それがなんとも暗い画像で……。本人の悲壮感漂う雰囲気のせいもあったのかもしれないけど、オカルト信者みたいな暗い画面を見せられて、ゾッとしました」(47歳男性/製造)

運気を変えたい! 心願成就! などの心意気から、スマホ待受に願掛けをする女性は少なくありません。しかし男性目線だと、その画像によっては想像以上のドン引きのタネにも……。

 

 

チラ見えでゲンメツ!男が引いた40代女性の待受3:カップル写真

「職場で親しい女性に彼氏ができたのですが、待受に彼氏との2ショット写真を設定していて、マジで痛々しい! 若い頃ならわかるけど、40過ぎてコレをしている女性は、幼稚な気がします」(44歳男性/サービス)

「そろそろ彼氏と結婚したいと大騒ぎの女友達の待受は、彼氏との2ショット写真なのですが。それが20代に流行っているような加工盛り盛りの補正写真で、チラ見えするたびに笑いをこらえるのに苦労します……」(42歳男性/飲食)

ラブラブ期には、人目も気にせずに恋愛ワールドに浸りたいのも女心。しかし「40代」という年代のイメージが相まってか、ノロケモード全開の待受には、密かにドン引きしている同世代男性も少なくないのかもしれません。家族写真と異なり、恋人同士の写真には、妙な生々しさを感じるのもその要因かも……。

 

待受画面には、持ち主の“人となり”があらわれがち。チラ見えでも印象深い画像を設定してしまえば「この人って、こんなタイプ?」が不名誉な方向に向けられる引き金にもなりかねません。ところで、みなさまの待受には、今どんな画像が設定されていますでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク