「しゅつのう」ではありません!「出納」の正しい読み方、知っていますか?

さまざまな読み方がある漢字。時に思いもしないような読み方の漢字に出会うことがあります。その言葉に馴染みがあればすんなりと読めるかもしれません。でも、全く馴染みがない人にとっては「え、こう読むの?!」と驚いてしまうことも。

本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題しています。

「出納」の正しい読み方、知っていますか?

「出納」に使われている「出」と「納」には馴染みがあるのではないでしょうか。「出」は「出場」「出かける」など、「納」は「納期」「納める」などが浮かぶはずです。そのため、つい「出納」を「しゅつのう」と読みたくなりますが、これは一般的な読み方ではありません。

なお「出納」は

金銭や物品を出し入れすること。支出と収納

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味し、金銭の収支を記したものを「出納帳」と言います。経理の仕事をしている人などは「出納」に馴染みがあるのではないでしょうか。

正解はこちらです。

「すいとう」です。

先で「しゅつのう」は“一般的な読み方ではない”と挙げましたが、辞書には「しゅつのう」も掲載されています。

【しゅつのう】
1 「すいとう(出納)」に同じ。
2 平安時代、蔵人所(くろうどどころ)・有力公家などで、雑事をつかさどり、雑具の出し入れに当たった職。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

また興味深いのが「出納(すいとう)」の読み方の由来です。辞書には、

「すい」は、出す意の字音の一、「とう」は慣用音

引用元:小学館 デジタル大辞泉

とあります。

「出」には

  • 音読み:シュツ・スイ
  • 訓読み:でる・だす(表用外)いだす・いづ

の読みがありますが、面白いのが「とう」が「慣用音」だということ

日本語の発音の由来には

  • 呉音(ごおん):漢音以前に日本に入ってきた音
  • 漢音(かんおん):平安時代の初めごろまでに、遣唐使などにより伝えられた音
  • 唐音(とうおん):江戸時代に、長崎を通じて伝えられた、中国(明から清の初期)語の発音による音

がありますが、「慣用音」はこれらのいずれでもなく、日本で広く使われ、一般化している音のことです

これまで出題した漢字クイズでも「慣用読み」と呼ばれる「本来の読み方ではないが、広く普及し、一般的になった読み方」をご紹介してきました。

“広く使われ”る音が一般的に使われる日本語の柔軟さは面白いものですが、難解な言語と言われる意味も分かったような気がします・・・!

参考文献:出|漢字一字|漢字ペディア

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク