40代からのダイエットは“化学反応”⁉ やせる食生活4つのポイント

お正月気分が抜けず、増えた体重もそのままの皆さま、こんばんわ。

「ダイエットをしていたつもりが、栄養失調になっていた」という過ちは、実は大変よくあります。

今回は「どうして栄養失調が起きたのか」「どうすれば回避できるのか」についてです!

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。
10/3の第1回では63.8㎏をマーク。第14回(61.8キロ)と、ちょいリバウンド。
お正月気分が抜けきらないぐーたらぶりを切り返さないと、ダイエットの目的も見失いそうです。

 

ダイエットとは出口の見えない迷路だった

ゆるーくダイエットを継続してても、年末年始で太った藤井です。我が相棒も私にダイエットを成功させる意思があるかを疑っています。昨年の1月よりは明らかにやせていますが、安定して「おデブ」のままなのです。

 

昨年まで履いていたデニムもスカートもゆるくなりました。というか服も下着もほぼゆるい。中性脂肪も正常値です。だからといってダイエットが完了したわけではないという現実。人生で真面目に体重と向き合うってしんどいわ。

 

というより、ダイエットって終わりがあるの?

 

すでにアラフィフともなると、多少の悩みもほぼクリアする悪知恵ってもんがあるんですよ、本当に!楽しいぞ、アラフィフ。アラフォーで悩んでいたことも、ほぼクリアしてしまえる悪知恵がつきます。しかし己のダイエットでこんなにも悩むとは思いませんでした。

 

己の脂肪はアラフィフの悪知恵だけではどうにもなりません。早い話が私は完全にダイエットという迷路をさまよう子羊です。大昔、早朝のテレビで観た「暗いと不平を言うよりも、すすんで明かりをつけましょう」がすっごく理解できます。

 

でもね、肝心な明かりになるものがない!

 

それがダイエットの迷路なのです。摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やせばいいという単純なことでは解決しないということに気が付いたから迷子になっているのです。消費カロリーを増やすにも、そのためのカロリーもないとダメだと気付いたときの絶望感!

 

管理栄養士の友人に真実を聞いてみた

新年早々、「もうダメだー。ぼかぁ、もうオシマイなんだよぉー」と嘆き続け、我が相棒から「だからダンベルとスクワットで鍛えてなさいよ」という言葉でますます混迷する私でしたが、自宅に帰ってから気が付いたことがありました。

 

アラフィフには人脈がある。ここから明かりをもたらすヒントをいただきましょう。

 

そんなわけで栄養管理士と調理師の資格を持っている友人にアドバイスをもらうことに決めたのです。彼女ならズビッと大間違いな指摘をしてくれるに違いありません。それこそ単純に「鍛えときなさいよ」で終わらせないマーベラスな意見をくれるでしょう。

 

そんなわけでまだ正月気分が抜けていないであろう管理栄養士の旧友Iさんに電話をしまして、近所のカフェ…すみません、かなり盛りました、サイ●リヤです…で会うことを約束しました。近所ですから、もちろん徒歩で行きます。

 

Iさん「久しぶりー、あ、やせたんじゃない?」

 

開口一番、Iさんは言いました。

 

藤井「はい、ワタクシ、やせたんですよ」

 

Iさん「太ってるときはそう感じなかったけど、あの人に似てたのね」

 

藤井「?」

 

Iさん「ラルクアンシエルのKEN」

 

藤井「どなた…」

 

Iさんはスマホで検索して、画像を見せてくれました。

 

藤井「否定できません」

 

Iさん「ヘアスタイルも真似しなさいよー、ウケるよー。服もロックにしてさあー」

 

藤井「…」

 

Iさん「まー、もっとやせると綾野剛になれる可能性がある!頑張れ!」

 

藤井「えー、もちろん『コウノドリ』でのときですよね」

 

Iさん「図々しいこと言うな!『日本で一番悪い奴ら』出演時の・です」

 

藤井「…まぁ、ワタクシがですね、あなたに百歩譲って『日本で一番悪い奴ら』出演時の綾野剛を目指すなら、現在のダイエットで何が欠けているでしょうか」

 

Iさんは私の食事日記と運動は何を続けているかなどもチェックしました。

 

Iさん「ウォーキングと筋トレかあ。なんつーか、こう…やせる気があるのはわかる食生活なんだけどさあ、不足しまくってるんだよねえ」

 

藤井「どゆこと?」

 

Iさん「えー、まず基本的なことをあなたは知らなすぎる」

 

藤井「はい?」

 

「やせるためには正しく食べる必要がある」

Iさんは、紅茶を優雅に一口飲んでから断言しました。

 

Iさん「身体にいい食べ物はありません」

 

藤井「はぁ?!」

 

Iさん「身体にいい食生活があるだけです」

 

藤井「えー、人文出身者にわかりやすく説明してください」

 

Iさん「あいよ。つまり、身体そのものは化学反応で維持されています。その化学反応が好ましい方向に行くと健康。でも困ったほうに行くと病気です。人体の化学反応を起こす触媒の1つが食べ物です」

 

藤井「触媒…」

 

Iさん「化学反応の反応速度を速める物質のことです」

 

藤井「私らの身体って…」

 

Iさん「まぁ、実験で使うシャーレかもしれないし、ビーカーかもしれないし、試験管かもしれない」

 

Iさんはにっこりと笑いました。

 

Iさん「そのビーカーだか、試験管にさ、すこーしだけの触媒を入れても反応は起こるよ?でもね、期待しているほどの反応は起こってくれないことも起こるのよ、人体というものの場合は複雑なんでね」

 

藤井「なんかわかってきたような気がしてきた…」

 

Iさん「そう。あなた、はっきりいって、現代版の栄養失調に近い。やせるわけない」

 

Iさんは期待通り、ズビッと人差し指で私を貫いていたのです(イメージ)。

 

現代版栄養失調は寿命すら縮める!

私は頭を殴られたような顔をしていたでしょう。本人はヘルシーな食事をしているつもりでしたが、本当につもりでしかなかったからです。糖質制限だとか、低カロリーという言葉のマジックで砂漠に導かれ、さらに迷路にはまり込んだといっても過言ではありません。

 

Iさん「まだ改良できますって。そんなに落ち込みなさんな」

 

藤井「…ウス…」

 

Iさん「運動のメニューはそのままのほうが今の生活で無理がないと思うよ。座りっきりの仕事で、そこそこストレスがあるわけだから、歩くとか筋肉を鍛えるってすぐにできるからいいのね。階段の上り下りとかもおすすめ」

 

藤井「…現代版栄養失調…」

 

Iさん「そのままでいけば、アレですわ、体力なくして、緩んで太る。しかもやせにくい」

 

藤井「やめて!そんな怖いこと言わないで!」

 

Iさん「アラフィフだと寿命も関係してくる」

 

藤井「いやだー!せっかくようやく人生が楽しくなったのに!」

 

Iさん「なら食生活を直そう。あんまり厳しいアドバイスだと、真面目にやり過ぎる傾向があるから、ヒントしかあげない」

 

藤井「この不真面目な私が、かね」

 

Iさん「思ってるより、あんたは呆れるほど真面目」

 

長い付き合いですが、こんなこと初めて言われた…。

 

藤井「ヒントくれ、女神さま!」

 

「よっしゃよっしゃ。野菜の種類を葉物、根菜とあれこれそろえる。たんぱく質と脂質の種類にこだわる。主食はそのまんまでよし。フルーツも推奨。加工食品は緊急事態以外口にするな。以上だ」

 

復習

1・野菜は煮もの、サラダなど、バラエティ豊かに

2・肉や油脂はどういうものをとっているか意識的に

3・ごはん、パンは従来通り食べる。フルーツも食べる

4・お惣菜、袋菓子、菓子パン、コンビニ飯は食べない

 

藤井「なんか簡単そう…」

 

Iさん「今日から実行しろ。グッドラック!綾野剛にならなくてもいいけど、期待してるわ」

 

私は善き友人を持った…と昭和のアニメみたいなことをつぶやきつつ、私はその晩から食事内容を見直しまして、少しずつ改善しております。

 

なんだか明かりが見えてきたっぽい!

 

今回の体重:61.3キロ(スタートから-2.3㎏)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代・50代が「実際やってる」更年期対策ってナニ?15の答え

一般に日本人女性の閉経は50歳前後と言われます。ですから、40代の私たちは、すでにプレ更年期から更年期の世代。でも、実際、周囲の更年期の状況ってどうなのでしょう? なかなか正面から「あなたはまだ生理ある?…

50代目前の私たちが「ダイエットを成功させるカギ」とは?

ダイエット成功のカギは何でしょう? また、成功とはどういう状態のことを指すのでしょうか? この年になってわかったことがあります。目的は「細く・軽くなる」ことではなく「あくまでも健康第一、その上である程…

ダイエットに失敗したアラフィフ、ついに医者が5つの生活指導

健康じゃないとやせてもキレイじゃない。その現実をあなたは直視できますか?【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.23 はじまります。前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即…

不眠歴30年の私がたどりついた「寝ることに固執しない」4つの睡眠法

こんにちは、普段はゆっるゆるなダイエット連載を継続している藤井環です。実は私は30年間ずーっと不眠で悩み続け、15年間以上も専門医の治療を受けてきました。不眠のプロと呼んでもいい私の不眠とのつきあい方、少…

40代ダイエットはまず「お尻」!簡単やせ見せはこの3ポイントから

食事制限のダイエットを放棄した藤井、やせ見えを追求し始めました。難しいこと面倒なことは排除したそうです。どんなもんでしょ?気にはなりますけどね、その簡単さ。【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vo…

究極の「頑張らないダイエット」に50歳目前でたどり着く

ダイエットは「運動習慣」「面倒な食事ルール」が重要。でも頑張ることに疲れたら、頑張らないダイエット法はいかがでしょう?【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.21前回までのあらすじ:「ピンときたダ…

精製水とワセリンは神コスメ?ダメ肌ライターのクレンジング記

体を張ったダイエット連載で人気の藤井環さんから、「いやあ、クレンジング、アレですね、意外なスキンケアの盲点ですよ!私の乾燥肌って原因コレでしたよ、たぶん」というメールが入りました。「でも、意外なアイテ…

初の50㎏台達成、でも医師激怒。その驚きの内容とは【ダイエット戦記】

気合だ!と偉大なるプロレスラーは言いますが、気合だけでどうにもならないものが増えるのが40代。ダイエットがまさにそれ!藤井がそれを実感しております。でもやせたらしいです。どうして?【人生最後(かもしれな…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサローネで唯一おバカ暴走脱力ダイエット連載…

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記19】たったひとつの冴えたやせるやり方?

生きていくにはナニが必要?マネー?ラブ?ライフ?どれかを割り切ったときにやせるらしいです。でもシャレにならない副作用もあるらしい…。【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.19、始まります。前回ま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事