老け顔の犯人は「まつ毛」だった!? 正しいケアでマイナス5歳顔に

まつげを盛る、とまでは言わなくても、まつげをまったく整えないメイクは今や誰も考えられないのでしょうか。

きちんとカールさせてマスカラをオンしただけで、自分のその日のメイクが「キマった!」と感じることもありますよね。

でも、そんなまつげ、ケアはちゃんとしてますか? 実はケアもマスカラと同じくらい大切なことなのです。

 

まつげにも毛周期がある

面積も太さも長さも全体から見ればわずかなのに、まつげは顔の印象をドラマティックに変えてくれます。だからこそいろいろな方法でまつげメイクを念入りにするのも不思議ではないのです。

 

まつげも髪と同じように、体毛の1つ。実用の面では眼球を守り、刺激などを防ぐサポートを担っています。まつげがゴミや強い光などの刺激から守っていることに無意識でいられるほどですから、かなり優秀で重要な役割を常にしている『体毛』なのです。

 

この優秀な『体毛』であるまつげは、他の体毛と同じく毛周期があります。生え変わりもありますし、休眠期もあるのです。短い方で30日、長い方では100日の周期で、新しいまつげに生え変わって、いい状態と好ましい長さを維持しています。

 

しかし何らかのトラブルやまつげそのものがダメージを受けていると、正常な長さや太さのまつげは育ちません。もちろん量も減ってしまいます。すると弱々しく、まばらなショボまつげになり、マスカラなどでもカバーしきれません。

 

舞台役者が男女を問わず、老け顔に見せるメイクの技法にまつげに白いマスカラを塗って存在感を薄くさせることがあります。このメイク方法は、人工的なショボまつげを作ることで老け顔にさせるというわけです。

 

摩擦と負担を避ける

わずかなのにインパクトがある存在で、しかも重要な役割を持つまつげにダメージを与える大きなものは、摩擦です。髪に摩擦を与えたら、傷んでボロボロになっていきますよね。まつげもまた同じことが起こりやすいのです。

 

まつげメイクに欠かせないマスカラは落ちにくいもの。完璧に落とすことはまつげの健康のためにマストですが、ゴシゴシこすったら、摩擦も起こりますし、抜けやすてしまいます。そのため優しくすっきり落とせるポイントメイクリムーバーが必要です

 

コットンにたっぷり含ませ目元に置いてから、擦らず優しくぬぐうように落とします。ポイントメイクリムーバーで落ち切らなかったら、肌に浸透しない白色ワセリンを綿棒につけて、軽く撫でてからホットタオルでおさえれば無理なく落ちます。

 

なおマスカラやつけまつげ、まつエクも、まつげには大きな負担をかけるものです。まつげパーマも例外ではありません。ショボまつげでの老け顔を防ぐためには、これらを休ませる期間も設ける必要があります。

 

この休止時期はビューラーの使用もNGです。まつげから摩擦と負担を避ける工夫を行うことで、回復させていけます。髪よりもダメージからの回復が早いからこそ、定期的に休止期間を与えることが効果的なのです。

 

この休止期間のアイメイクには、アイラインでさりげなく目元を強調するラインメイクを試すのはいかがでしょう。山口小夜子さんのメイクなどはいいお手本です。アラフォーなら、和服にも似合うラインメイクのテクニックも身につけておいて損はありません。

 

まつげ美容液を使うタイミング

最近では多くのメーカーがまつげ美容液を登場させています。しかし使うタイミングをご存知でしょうか。タイミングを間違っていては、効果が充分に出てくれません。そこでヒントになるのはヘアケアでいつコンディショナーを使っているかになります。

 

コンディショナーを使うのはシャンプー後の髪ですよね。まつげも同じように、メイクを落とし、洗顔を終えた清潔になった状態でまつげ美容液を使います。まつげにきちんと行き渡らせるように使ってから、スキンケアに入るわけです。

 

どの化粧品にも言えることですが、使用前には説明書に必ず目を通しましょう。正しい使用方法と回数が記載されているからです。いくら「まつ育」を成功させたいからといって、過剰に使っても、まつげに摩擦を多く与え、負担を増やすだけになってしまいます。

 

正しくまつげ美容液を使うことは今生えているまつげをダメージから守りつつ、ハリとコシ、つややかさを高めてくれます。いうなればショボまつげ予防のためにあるものなので、守りのケアだと言ってもいいでしょう。

 

まつげ美容液を決められた使用方法と回数を守って置くことで、現在あるまつげは守られます。ショボまつげで老け顔になりたくないという方は髪をケアするのと同じ感覚で使い続けていくこともエイジングケアにつながるはずです。

 

自まつげを「育毛」したいなら美容皮膚科へ

最近、まつげが減ってしまった…とお悩みの方もいるかもしれません。このお悩みは「睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)」の疑いがあります。多くの原因が重なり、まつげを生やす毛包にトラブルが起こり、正常にまつげが生えたり、伸びたりしにくい状態です。

 

毛包に働きかける効果を持っているまつげの育毛剤が必要ですが、現在のところまつげの育毛剤は市販されていません。信頼できる効果を持っているまつげの育毛剤は医師からの処方が必要になのです。

 

「睫毛貧毛症」の治療薬は2014年3月に厚生労働省で製造販売の承認を受けた「グラッシュビスタ(ビマトプロスト)」といいます。4週間ほどで効果を実感し始め、16週目にはまつげの回復が確認されている信頼できる医薬品です。

 

まつげの育毛を相談するなら美容皮膚科をおすすめします。美容皮膚科は医師自身が「グラッシュビスタ」を自分で使用し、使用感や育毛効果を確認してから治療に採用していることも多く、安心して使えるでしょう。

 

深刻な悩みであればあるほど、医療機関に頼るほうが近道なのです。まつげのダメージが深刻であれば、美容皮膚科での治療も満足いく結果をもたらします。まつげも長く太くありたいもの。ショボまつげから脱出し、マイナス5歳顔を目指してみませんか。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事