40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことがないものにチャレンジしたいと思いつつ、つい無難なものを選びがち。

しかし、アラフォーにはアラフォーに似合うカラーがあり、そのポイントさえ理解していれば年齢に合ったカラーでメイクをすることでマイナス5歳若く見せることができます。

今回はメイクカラーを選ぶテクニックをご紹介します。

■ファンデーションはワントーン下げて

美白志向が高い日本。美肌に見せるには色白がいいと思っている人がいますが、年齢を重ねると白いお肌は不健康に見える時があります。また、しっかりメイクをしてファンデーションの上にフェイスパウダーを塗っている人は、パウダーの影響で余計ファンデーションの色が白くなることも。

アラフォーになったら美白志向よりも健康肌志向に切り替えて。ファンデーションの色をワントーン下げ、首元・デコルテの色と比較して違和感がない色選びをしましょう。

 

■チークはクリームタイプに挑戦

チークの主流はパウダータイプですが、お肌の乾燥が気になる方はクリームチークがおすすめです。パウダーよりも油分が多いため乾燥を防げますし、適度なツヤ感も出せます。

ポンポンと軽く重ねづけすることで質感や色味の濃さの調整も自由自在。

ニコッと笑った時に一番高い位置にチークを入れるのが王道テクニックですが、一番高いところにだけ入れるよりも、高い位置からこめかみあたりまで細長くチークを入れると奥行き感が出て小顔効果があるため、アラフォーになったらチークの入れ方にも変化をつけてみましょう。

 

そしてリップの色選びの正解は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事