男から「浮気性な女性」に誤解されがちな40代独女の特徴

実際にはそんなことないのに、男性目線で「この女性は、浮気性っぽいな」と疑惑を向けられれば、真剣交際の対象からは外されてしまいがちなのも確か。

本命としての交際相手を望む男性ほど、“堅実な女性”のイメージを求めるのも現実だけに、誤解であってもネガティブな印象は避けたいものです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちから「浮気性な女性なんだろう」と誤解されやすい40代女性の特徴に迫ります。

 

 

うっかり「浮気性な女」認定!? 誤解されやすい40代女性1:誰にでも愛想がよく見える

40代ともなれば、それなりの処世術を身につけている女性も多いのが事実。そのため、苦手な人や本当は大嫌い(!)な人に対しても、笑顔のひとつも作りつつ楽しげに接することだってできる女性は少なくありません。

ところが、そんな誰にでも愛想がよくできるスキルのせいで「この女性は、男性なら誰でもいいんだな……」と、トンデモな誤解を招いてしまうケースも……。

「飲み会で、どんな男性にも媚びてる女を見ると、浮気しそうなタイプだなと警戒する」(42歳男性/SE)

「いわゆる非モテタイプの男性にも愛想のいい女性は、男女トラブルも多そう」(45歳男性/経営)

“愛想がいい”は対人関係においては大事なスキルであるものの、恋愛シーンに限って言えば、浮気性なタイプに見えるリスクも潜むようです。

 

 

うっかり「浮気性な女」認定!? 誤解されやすい40代女性2:すぐ異性を家に呼ぶ

40代ともなると、ある程度の広さのある自宅に優雅に暮らす女性も増えます。そのため、親しい友人を招いてホームパーティーやお茶会などを開催している、社交的な40代女性も少なくないのが実態。

しかし一見すると、なんてことないこの社交性のせいで、男性から無用な誤解を招く場合も……!?

「知り合って間もない男性に、“ホムパするからおいでよ!”と声をかける中年女性は、男好きにしか見えない。警戒します」(43歳男性/教育)

「飲み会とかで勢いで“今度みんなでうちにおいで〜”とかって言い出して、そこに初対面の男性も含まれている場合には、軽そうな女性に思ってしまう。恋愛対象にはならないですね」(42歳男性/経営)

社交的な性格はモテ要素なのも確かながら、知り合って日が浅い異性を気軽に家に招き入れるのは、よしとしない男性も少なくないのです。

 

 

うっかり「浮気性な女」認定!? 誤解されやすい40代女性3:男友達とふたりきりで飲みに行く

「男女の友情は成立しない」とも耳にするものの、40代ともなると盟友や戦友的な異性の友人がいる女性も珍しくありません。

そして異性として見ていないからこそ、女友達と接するのと同じような付き合い方をしやすいのも確か。しかしそんな様子にシビアなジャッジをくだす男性も。

「異性とふたりきりで頻繁に飲みに行く女性は、それだけで浮気性なのかなって感じる」(40歳男性/福祉)

「付き合った後に、異性とふたりきりで飲みに行かれるのは嫌だ。これまで痛い目に遭った浮気性な元カノは、例外なく、男友達とも平気でふたりきりで飲みに行っていたから」(42歳男性/専門学校)

異性の友人と親しく交流を深めすぎてしまうと、警戒する男性もいるようです。

 

実際には一度も浮気をしたことがない女性でも、ちょっとした行動のせいで「きっと浮気性だろう」と誤解されてしまうパターンもありがちです。本気の交際相手を求めているタイミングでは、こんな行動を男性に見せないほうが無難なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク