バラの香りは「飲んで」楽しむ!ローズウォーターで体の中から香り美人に

いかにも女子力を上げてくれそうな、甘く気高いローズの香り。コスメ、ソープやシャンプー、アロマオイルやフレグランス…アラフォー女子なら、バラの香りのアイテムはいくつか持っていますよね。

でも、「飲む」ローズウォーターは未経験という人が多いのでは?女優やセラピストなど美容のプロが愛飲していると話題のローズウォーターについて、「そもそも、飲めるもの?」「一体どんな味?」「飲んだらイイコトがあるの?」などなど、気になる効果や使い方について聞いてみました。

 

飲んだら即効!ローズウォーターのスゴい力

ローズウォーターによって心身を救われた!という経験から、ヴァレデローズというブランドを立ち上げて製品を販売するまでに至った、ヴァレデローズ代表・新井美月さん。

 

新井さんは42才のとき、ストレスで心身を壊してしまい、そのときイラン人の友人からローズウォーターをもらって初めて飲んだそうです。

「飲んでみると、不思議な安心感に癒されました。睡眠導入剤を飲まないと眠れない日々でしたが、その夜はぐっすり眠れたことを覚えています」

 

翌日から、生活環境は変わっていないのに「気持ちが明るくなり、通院しても治らなかっためまいや偽怠感がなくなり、数日ですっかり元気になった」というから驚きです!

 

ローズウォーターは、紀元前、古代ペルシャの時代から化粧水として肌や髪に使うほか、神殿のお清め、料理など、人々の生活に欠かせないものだったそうですが、胃腸や肌のトラブル、傷や目を洗うなど、万能薬としても親しまれてきました。

 

女性ホルモンのバランスを整えるなどさまざまな効果があると言われていますが、近年の研究では、ストレスや緊張、汗の臭いや加齢臭を緩和する効果や、食欲を調節する、感情のバランスを整える、多幸感を与えるなどの作用もあることがわかってきたそうです。

なるほど、ただ、いい香りの水というわけではないんですね!

 

精油やアロマウォーターよりイイ理由とは?

ローズウォーターは、水に精油を加えた「アロマウォーター」とは、全く別もの。香り豊かな品種であるダマスクローズの花弁(花びら)と天然水を大釜に入れて蒸し、その水蒸気を冷やして集めた「芳香蒸留水」のことなのです。

 

精油より濃度が低いため禁忌がほとんどなく、逆に精油にはない水溶性の成分を含んでいます。つまり、精油とほぼ変わらない主成分を含みながらも安全性が高く、飲めることで、体内から吸収しやすく、精油以上の効果を期待できる作用もあるということ。特にヴァレデローズのローズウォーターのバラは無農薬、そして無添加。だから、飲んでもいいし、肌や髪に塗るのも安心なんですね。

 

どんなふうに飲めばいいの?

いよいよ、実際の飲み方について、新井さんに聞いてみました。

 

 

■ 150ccくらいの白湯かお水にキャップ半分を入れる。炭酸水もおすすめ

■ 紅茶やハーブティー、コーヒーにも

■ お酒と合わせる

■ スムージーに加える

 

ボトルをそのまんま飲むわけではなく、飲み物にちょこっと加える感覚みたいですね。

さっそく、ペットボトルのミネラルウォーターに、キャップ半分のローズウォーターをちょろりと加えて飲んでみると…

 

バラの幸せな香りがふんわり!味はほんのりまろやかで、うまみのようなほのかな甘みが感じられます。朝の目覚めにも、おやすみ前のリラックスにも、デート前の出撃準備にも(笑)合いそうなのが、不思議!

 

新井さん自身は、白湯か水に入れて飲むことが多く、朝晩は自宅で、昼はオフィスで、希釈した水分でいうと1日に1.5リットルくらいは飲んでいます。

「体調がよいのはもちろん、風邪やインフルエンザにもしばらくかかっていませんね。ローズウォーターを続けて飲むようになったら、ひどかった生理痛が軽くなったという女性スタッフもいます」

 

ローズウォーターが「ホルモンバランスをよくする」といわれているのは伊達じゃない、のかもしれませんね。

 

飲むだけじゃない!活用法まだまだ

 

ローズウォーターは飲むのはもちろん、お料理にも使えます。

 

■ ヨーグルトにスプーン1杯を入れる

■ 生クリームやアイシングに加えるなど、スイーツの香りづけに

 

…うーん、バラの香りで優雅な気持ちになれそう!

 

そして、もちろん肌や髪用の化粧水としても使えるわけですが、スプレー容器に入れ替えればこんな使い方も。

 

■ リフレッシュナーに

■ メイク直しに。余分な皮脂を抑えます

■ 頭皮に吹きかけて、地肌を元気に

■ 寝具に吹きかけて優雅な眠りを

■ パソコンの疲れ目にも

 

体の内側からも外側からも、天然のバラのさわやかな香りがただよいそうですね!

 

ヴァレデローズのバラへのこだわりとは?

新井さんは毎年バラ摘みの手伝いでイランの契約農家を訪れ、品質チェックもしています。街にはローズウォーターの専門店があり、ペットボトルで販売するなど、女性に限らず、男性も子どもも含めた生活の一部になっています。

 

バラの季節(5~6月)に手摘みし、すぐに蒸留して製造するのはどこも基本的に同じですが、メーカーによる蒸留濃度の違いのほか、同じ国であっても土壌の状態や風土の違いによって香りも味も全く違うといいます。現地では、好みで何種もローズウォーターを飲み分けている人もいるそうです。

 

「古くからローズウォーターの蒸留が行われてきたイランのシーラーズは、蒸留技術も高く、標高1500mの高地にはザクロス山脈からのミネラルたっぷりの雪解け水が流れ込み、品質の良いローズウォーターが生産されています。無農薬で栽培されたローズは力強く芳醇な香りで、飲むと独特の甘みがあり、幸福感を与えてくれます」

 

 

アラフォー女子に嬉しいことがいっぱいありそうなローズウォーター。

数千年前から咲き続けているバラのパワーがぎゅっと詰まったローズウォーターを飲んで、まとって、バラの香りのただよう女性になりたいですね。

 

 

ヴァレデローズ PREMIUM ROSE WATER(プレミアムローズウォーター) 60ml 1458円(税込)、500ml 6480円(税込)/ez-es エズエス

ヴァレデローズ オフィシャルサイト

http://vallee-des-roses.jp/

オンラインショップにて、好評発売中。

http://www.beaute-beaute.jp

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

【ランキング】知らないとヤバい!淑女のためのマナー記事ベスト5選

もう大人の女性なのだから、言葉使いや日常の立ち振る舞いをしっかりしたい……と思いつつ、イマイチ自信が持てないと悩んでいる人も多いのでは?今回は、言葉使いから香典、食事のマナーに至るまで、特に読まれている…

【プリっと上向きお尻】40代からは「美尻」で勝負!本当に効くヒップアップ記事ランキング

ふと鏡に映った自分の後姿、特にお尻にショックを受けた経験がある人もいるのではないでしょうか。昔に比べてなんだか形が悪かったり、下着からお尻がはみ出てしまっていたり……。今回は、ヒップアップしたうえで身体…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事