「お寺で婚活」に女性の応募が殺到?その秘密とは

「人の出会いは、出会った場所で決まる」と言います。思い返してみれば、その場にふさわしいご縁がどんなシーンにもありませんでしたか?

今回は、男性よりもむしろ女性の応募が殺到するという、「お寺」を出会いの場とした婚活をご紹介します。

 

 

寺で婚活が大人気

最近、お寺で結婚に結びつく様なイベントをするところが増えてきています。

 

しかも、お寺にお嫁に行きたい女性を集めてお坊さんとの縁を広めるものではなく、一般の男女が集う婚活が寺で繰り広げられているのだから、少しビックリされるかもしれませんね。

 

事の発端はというと……。お寺の周りを見渡してみると、適齢期の方で結婚していない方が多いことがひとつ。また、費用をかけないで寺を活用してもらいたいという思いから生まれました。

 

いずれは、安価でできる仏前結婚も増えたらいいな、という思いもあるでしょう。仏前結婚式は、両家のご先祖様に誓うという内容で、お寺の本堂で行い、基本的には多少の謝礼でできます。衣装や花などを除けば5万円くらい。

 

全国展開を目指す静岡が発祥の吉縁会などは、申し込みが多すぎて全員が参加できないほどになっています。

 

我々もそれとは別に、地元のお寺でも開催いたしましたが、女性の関心がものすごく高く、早い段階で定員いっぱいとなってしまいました。

 

どんな婚活パーティ(?)なの?

さて、内容をご紹介しましょう。

 

自己紹介などを済ませたら、場を和ませるためにお寺ならではの体験を取り入れています。

 

不思議なのが、出会いの場所なので、写経とか坐禅など自分を見つめる系の体験は不利かと思いきや、それでも寺で出会うことに意義を感じている人が多いところ。

 

珍しいところでは、数珠作りが人気です。皆さん数珠なんて作ったことありませんよね。住職である私ですら、そうそう自分で作るものでもないなと思いますが、腕輪念珠なら意外と簡単にできます。全員初めてですから、ミサンガを作る様なイメージでいっしょに取り組み、その最中に会話も弾むようです。

 

リラックスできたら、それぞれの方が数分ずつ会話をする時間が設けられます。

 

しかし、この数分で次から次へと会話をしていると、結局印象も混乱してきてしまいますね。そのため、最後の連絡先交換では、連絡をしてもらいたい人、数名に連絡先が渡せるようになっています。

 

あの人ともう少し話したかった、ということがないように、気になる人には「連絡先だけ交換してください」と頼めるのです。

 

人の出会いは、出会った場所で決まる

大学受験の時、前にもご紹介したエーリッヒフロムの「愛するということ」を勧めてくれた英語の先生は、「人との出会いは、出会った場所で決まる」と言っていました。

 

遊ぶ場所で出会えば遊ぶことで繋がった関係、勉強するところで出会えば、同じく上を向いて努力する関係になる。寺でも教会でもそうですが、そう言った場所に怒りの感情をあらわにしたり、人を蹴落そうと考えて来る人は、そうそういないものです。誰もが少し畏まり、身綺麗にし幸せを願う場所であります。

 

そう言った場所で出会うことができたら、その関係は、お互いの幸せを考えれる関係になるはずです。

 

お金のかかる結婚から、かからない結婚へ

もう一つの特徴は、お金のかからない出会いと結婚を提案しているところです。

 

実際、寺コンの費用は食事のあるなしや会場の都合によってまちまちですが、食事会程度の費用と思っていて大丈夫です。営利目的ではないので、ボランティアで運営しているところがほとんどです。

 

その後のご結婚の際も、仏前結婚式を選んでもらえれば、とても安く式を挙げることができます。

 

「だったらやってあげなさい」

 

円覚寺の南嶺老師がおっしゃていましたが、結婚を前に坐禅会に来ていた青年が相談にやって来たそうです。青年は困ったことがあると打ち明けました。それは彼女が仏前結婚ではなく教会でやりたいと言っていると言うのです。

 

それに対して老師は、「あなたはその人と結婚したいんだろ」。と聞かれます。青年は「ハイ」と答えました。「なら教会でやりなさい」

 

さらに青年は、その時賛美歌を歌わなくてはならないのですと聞いたそうです。

 

また老師は、「その人と結婚したいんだろ」。と聞かれます。青年は「ハイ」と答えます。「なら賛美歌を歌ってあげなさい。」と老師は言われました。さらに続けて「ただし、坐禅で培った様に、どんなところでも下っ腹を意識して背筋を伸ばしてグラグラしない自分を努めなさい」。

 

「そうすればいつの日か彼女も旦那の好きな坐禅ってどんなものかと思ってくれる様になる」。と言われました。

 

協調性が増すと言われているマインドフルネスや禅の修行ですが、彼もこの言葉を聞いて結婚への決意を新たにしたと思います。

 

結婚へのハードルを下げて、みんなが幸せを感じることができるようになるといいですね。

 

マインドフルネスのコツは以前の記事を参照してください

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事