【クイズ】UVって何の略だか言える?意外に知らない!

春になり、日差しが強まってきました。そろそろ日焼け止めを塗ったほうがよい日も。ところで、日差しをケアする際に聞くのが「UV」という言葉。

 

「UV」は何の略でしょう。

① ultraviolet
② ultravitamint
③ ultravegetable

 

肌にダメージを及ぼす光線。実は1種類ではなかった!

 

答えは「② ultraviolet」です。

 

UVは「ultraviolet」の略で、紫外線のことです。

太陽光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。紫外線は、その中で最も波長の短い光です。波長によってUVA、UVB、UVCに分かれ、地表に届くのは、UVAとUVBです。

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与え、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こします。UVBは肌への作用が強く、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こしてしまいます。

強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやソバカスの原因となります。また、紫外線を長年にわたって浴びると肌の老化が進み、さらには皮膚がんを誘発する原因になることも。

紫外線を浴びて、肌が赤くなる人、黒くなる人など日やけのタイプは異なりますが、いずれにせよこまめな紫外線ケアを普段から怠らないことが大切です。

紫外線は、地表の表面状態によっても反射率が異なります。新雪はおよそ80%、砂浜はおよそ25%を反射しますが、水面はおよそ95%を透過するので、水の中にいる時も注意しましょう。

UVケア商品にはさまざまなものがありますので、自分の生活に合ったものを選んで、太陽の光と上手に付き合っていきたいですね。

 

KOSEの紫外線(UV)ケア 紫外線の基礎知識(KOSE)
https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step1/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク