「冷え性は足先を温める」は、ホントorウソ? 名医・池谷敏郎先生の答えは?

1月17日放送のテレビ番組『林修の今でしょ!講座』の「あなたの知識はもう古い!?2017年最新研究で分かった名医の『朝食検定』」にて、最新研究をもとに、朝食の新事実を解説された池谷敏郎先生。肉と魚、どっちを食べたら良い?パンを食べる時は焼く?焼かない?など、予想と反する結果に驚いた方も多いのではないでしょうか?

池谷敏郎先生によると、今回の番組で取り上げられた朝食以外にも、9割の人が勘違いしている健康の常識がまだまだあるそうです。常識と思っていたことが覆される本当の健康常識を池谷先生の最新刊『いまさら聞けない 健康の常識・非常識』からご紹介します。

『「風邪薬」を飲めば風邪は早く治る』は正解?不正解?

 

 

風邪はひとつの病気ではなく、鼻や喉で起こる急性の炎症の総称です。風邪はひかないに越したことはないのですが、もしひいてしまったら、みなさんはどのように対処しているでしょうか。おそらく、「病院に行って、風邪薬をもらって飲んで、安静にしている」という答えが圧倒的に多いと思います。しかし残念ながら、その対処法では風邪を治すことはできません。なぜなら、風邪そのものを治す風邪薬はないからです。

一般的に出されている風邪薬は、解熱鎮痛剤(熱を下げて喉や関節、筋肉の痛みをやわらげる)、鎮咳去痰薬(咳を止めて痰を切る)、抗アレルギー薬(くしゃみや鼻水を止める)、総合感冒薬(前記3つの薬を配合したもの)の4つに大体が分類されています。そのため、風邪薬を飲むと咳や鼻水、発熱などのつらい症状が一時的に緩和されるわけです。

→正解は、風邪薬を飲んでも風邪は治らない。

風邪は本来、自然に治るものなのです。ただし、つらい症状を少しでも楽にするための対症療法としての薬は処方します。

 

『足先を温めていることが良い冷え性対策だ』は正解?不正解?

 

 

冷え性の原因には、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ、きつい下着や靴などで体を締めつけて起こる皮膚感覚の乱れ、貧血や低血圧などによる血液循環の悪化、女性ホルモンの乱れなどがありますが、池谷先生のクリニックを訪れる冷え性の方々は、ほぼ共通して「運動不足」が原因であるそうです。

運動不足が招く冷え性の解決には、「歩く」習慣をつけることが最も効果的です。足を使うと、血管の内皮細胞から「NO(一酸化窒素)」が分泌されて血管を拡張し、血流を増やして、足に温かな血流が行き届く「温水暖房」のような状態が作られます。これこそが冷えを改善する最善策なのです。

しかし多くの人は、足先にカイロや湯たんぽを当てたり、厚着をしたりといったことに余念がありません。体を表面から温めれば、足の血管が広がるので、一時的に温まることは確かです。しかし今度は、体表を流れる温まった血液から熱がどんどん体外へと逃げていってしまうため、足も体もますます冷えてしまうのです。これはいわば、ストーブの前に行くと離れられなくなるのと同じこと。体を冷えから守っているだけで、改善を図ることはできません。

→正解は、足を温めると冷えはさらに悪化する。歩く習慣をつけて改善を!

足の冷えを解消したければ、ぜひ「歩く」ことをおすすめします。実際、この方法で冷え性と縁を切ることができた人は、たくさんいます。

いかがでしたでしょうか。世の中の常識として広く知れ渡っていることや、正しいと思っていた健康情報は、日々進化していく医学研究によると、否定されることもあります。池谷敏郎先生の著書『いまさら聞けない 健康の常識・非常識では、上記の他にも勘違いされがちなさまざまな健康の常識・非常識を解説しています。こちらの書籍を参考に、あなたの持つ健康の常識を更新してみてはいかがでしょうか?

池谷敏郎
 
 池谷医院院長、医学博士。1962年、東京都生まれ。東京医科大学医学部卒業後、東京医科大学病院第二内科に入局、
血圧と動脈硬化について研究する。1997年、医療法人社団池谷医院理事長兼院長に就任。専門は内科・循環器科、現在も臨床現場に立つ。
東京医科大学循環器内科客員講師、日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医としても活動。
テレビ番組『駆け込みドクター!』をはじめ『林修の今でしょ!講座』『世界一受けたい授業』などに出演。
わかりやすい医学解説が好評を博している。著書に「池谷式まいにち、血管若返り!1日1分の習慣 日めぐりブック』(宝島社)などがある。

いまさら聞けない健康の常識・非常識

著者:池谷 敏郎

定価:本体1200円+税

https://www.amazon.co.jp/dp/4074221551

 

名医池谷敏郎先生が教える、健康の常識とは?【風邪薬は飲むべき?冷え性は足先を温めるべき?】

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

おしりの冷え、セルライト、生理痛……5分で解消するお手軽ケア3種!

体の疲れや悩みには個人差があるとはいえ、そこには大きな共通の原因もあります。動かさないから冷える → 冷えるから代謝が落ちて太る → 太るから動かすのが億劫になる…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

冷え性に悩むかたへ。血のめぐりをよくして冷えを改善する日常生活3つの習慣

気温が下がりつつある今の時期、指先や足先の冷えを感じている方も多いのでは?「冷えは万病の元」とも言われており、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、不眠、肌荒れなどの不調…

下半身太りは「骨盤」が原因! ゆがみを治す日常生活3つのコツ

日本人女性には下半身太りを気にしているかたが多いようです。パンツを買うときに試着したら、お尻がキツい、太ももがパンパンという経験があるかたも多いのではないでしょ…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

【ランキング】知らないとヤバい!淑女のためのマナー記事ベスト5選

もう大人の女性なのだから、言葉使いや日常の立ち振る舞いをしっかりしたい……と思いつつ、イマイチ自信が持てないと悩んでいる人も多いのでは?今回は、言葉使いから香典、食事のマナーに至るまで、特に読まれている…

【プリっと上向きお尻】40代からは「美尻」で勝負!本当に効くヒップアップ記事ランキング

ふと鏡に映った自分の後姿、特にお尻にショックを受けた経験がある人もいるのではないでしょうか。昔に比べてなんだか形が悪かったり、下着からお尻がはみ出てしまっていたり……。今回は、ヒップアップしたうえで身体…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ファッション記事」や「恋愛記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(10月28…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事