プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいるでしょう。

どちらからも上手にピックアップするのが賢いアラフォー世代。意味あるおカネの使い方もアラフォーのコスメ哲学なのです。今回は40代からのコスメ選び【メイク編】をご紹介しましょう。

 

ベースメイクならどちらがお得?

アラフォーであれば肌の変化を嫌でも感じることが増えていきますよね。また肌がもたらす威力や効果も把握してきているでしょう。メイクで言えば面積が広いパーツの仕上がりで若々しいかどうかの印象を左右しているといえます。

 

ファンデーションやフェイスパウダーは素早く肌をきれいに見せるために役立ってくれますが、これはデパコスのほうがお得です。仕上がりやモチでかなり満足度が高いこともあり、目立つからこそ慎重に選ぶことがおすすめになります。

 

特にアラフォー肌が抱えやすい悩みをうまくサポートしてくれますし、微妙な色合いや光り方、ツヤ感の与え方が絶妙なのです。ちょっと高いかな?と感じてしまっても、結果的には満足できる自然な仕上がりの肌に仕上げてくれます。

 

隠す感覚よりも現在の肌をよりきれいに見せるために研究開発されているため、色合いを慎重にコスメカウンターで選んだほうが納得できることでしょう。面積が広く、さらに顔全体の印象を左右するパーツだからこそ、費用と時間をかけても間違っていないのです。

 

結論:40代からのベースメイク選びは、デパコスがお得。

 

劣化しやすいアイテムならどっちがお得?

気が付くとすでに劣化していてノリもツキも悪くなり、仕上がりもがっかりさせることになるアイテムといえば、マスカラやアイライナーではないでしょうか。特にマスカラの寿命は毎日使っているなら1か月ほどなので、かなり劣化しやすいアイテムだといえます。

 

劣化のスピードが速いマスカラやアイライナーはプチプラのほうが実はおすすめです。またプチプラのマスカラやアイライナーは誰でも使いやすい計算がなされていることが多く、きれいな仕上がりを約束してくれることも多くあります。

 

特に国産のプチプラブランドのマスカラやアイライナーは日本の風土や日本人の目元の特徴を考えて作られているため、滲みにくく、しかも使い勝手がいいというメリットもあるのでお得です。金額的な意味だけではないメリットもあるというわけです。

 

デパコスのマスカラやアイライナーは使う満足感は高いのですが、劣化のスピードや使い勝手を考えると、あまりお得といえない面もあります。マスカラやアイライナーはプチプラをマメに買い替えるほうが金銭的でも使い勝手の面でもお得です。

 

結論:40代からのマスカラとアイライナー選びは、プチプラでOK。

 

発色ではどっちがお得?

メイクの際に大きな期待を寄せるのはアイシャドウや口紅といった「色物」ではないでしょうか。新色が登場すればチェックしたくなりますし、それが似合う色だったら、メイクの幅が広がるようにも感じます。また流行を取り入れるポイントでもありますよね。

 

こうした「色物」は割り切って考えることがおすすめです。とことん似合う色はデパコス、流行を押さえたいときはプチプラという考え方でもOK。お試し感覚でプチプラを選んでみたら似合う色だったからデパコスに移行でもいいわけです。

 

ただしプチプラは価格的に若い年齢層向けということも多く、パールやラメがきついこともあります。ちょっとアラフォーには不向きになってしまうこともあるので、こちらはご注意ください。目を惹く「色物」だからこその注意もすべきです。

 

なおアイブロウは念入りに似合う色合いをデパコスで探し続けるより、プチプラを数点使うと理想の色合いになることもあります。ヘアカラーリングをし、髪色が落ち着いた段階で探し直す場合はこのことも覚えておいてください。

 

結論:40代からの「色物」選び、似合う探しはデパート、流行ならプチプラなど臨機応変に。

 

ツールアイテムはどっちがお得?

メイク上手な方はブラシにこだわるといいますが、これは正解です。ブラシの毛の良し悪しで仕上がりも変わります。使い心地の良いメイクブラシは仕上がりを良くさせますし、色を乗せるときも狙った濃淡に仕上げていけるからです。

 

ツールアイテムでもメイクブラシは少し奮発しておくのは損になりません。現在はお手頃価格でも品質の良いメイクブラシも多く出回っています。また簡単にメイクブラシを洗える便利なアイテムも出ているので、お手入れ次第では長持ちしてくれるのです。

 

しかしファンデーションのスポンジは付属のものを洗いながら使い続けるよりも、両面使用したら買い替えることがおすすめ。もったいないから、と洗いながら使うのではスポンジのキメやコシが損なわれ、きれいに仕上げにくくなってしまうからです。

 

ファンデーション向けのスポンジはメイクブラシに比べればかなり安価ですよね。また肌への影響を考えると、決して損ではありません。肌トラブルを防ぐ意味でスポンジの衛生面が大事だとわかっているなら、こまめに買い替えることも重要なのです。

 

結論:40代からのメイクブラシとスポンジやパフ選びは、ケチらないこと。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク