「のち」ではありませんよ!「乃ち」の読み方、知っていますか?

普段よく耳にしている言葉であっても、漢字で表されるとなかなか読めないもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「乃ち」の読み方、知っていますか?

「乃ち」の読み方は?

2020年4月から放送中の、朝の連続テレビ小説『エール』(NHK総合)で、中村蒼さん演じる村野鉄男の幼少期のあだ名が「乃木大将(のぎたいしょう)」でしたね。それから「貴乃花」や「木村文乃」など、名前や苗字、地名に使われているのをよく見かける「乃」。

ですが、「乃ち」の読み方は「のち」ではありません。

「乃ち」とは、〇〇〇ち、接続語です。

正解は…

正解は「すなわち」です。

「乃ち」は

(接続語)

①言い換えれば。とりもなおさず。
②(多く「…ば」を受けて)そのときは。つまり。

(名詞)

①そのとき。その途端。
②その頃。当時。

(副詞)

①即座に。すぐに。
②とりもなおさず。つまり。

出典元:三省堂 大辞林第三版

を意味します。

「すなわち」には「乃ち」の他に、

  • 則ち
  • 即ち

と書くこともできます。合わせて覚えておきましょう!

「すなわち」の豆知識

「則ち・即ち・乃ち」とさまざまな漢字で表すことができる「すなわち」ですが、実際にはひらがなで表記されることがほとんどです。とはいえ、「すなわち」に当てはまる漢字は複数個あります。それぞれの「すなわち」が表す意味について調べてみました。

すると「乃ち」は

①そこで。そうしてから。やっと。
②しかるに。かえって。意外にも。

引用元:すなわ-ち|言葉|漢字ペディア

「則ち」は

そうすれば必ず。「願えば―叶(かな)う」

引用元:すなわ-ち|言葉|漢字ペディア

「即ち」は

言いかえれば。とりもなおさず。「国の主権者―国民」

引用元:すなわ-ち|言葉|漢字ペディア

とありました。

接続の助字としての「すなわち」は「乃ち」が表します。

そして「則ち」と「即ち」はそれぞれ、限定的な意味をもっていました。特に「則ち」は、「〜すれば」「〜ならば」という上の句に、「当然の結果」として起こる下の句をつなげる際に用いられます。

といっても、日常的に使われるのはやはりひらがな表記の「すなわち」ですから、絶対に使い分けなければならないわけではありません。「漢字によって意味合いが変わるものなのだなあ」と面白く思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク