冷え・便秘・ダイエット! 真冬の3大悩みを解消するヘルシースープ

この時期、特によく聞く3大悩みが「冷える」「お通じが悪い」「やせない」。

まず、冷えはこう寒くてはどうにもありません。また、寒いせいで無意識のうちに水分摂取量が減りますから、自然とお通じも悪くなります。さらに、寒くて活動量が落ちる分だけ、お正月に太った分がなかなか戻らない。

こんなときこそ、繊維やミネラルたっぷりの「恵みの腸活スープ」で身体を温め、気分も転換しましょう。

まず、靴下やタイツ、ストッキングで足元の冷えを取る。次に、白湯やお茶など温かい飲み物を意識的に飲む。そして、やり残しの大掃除やクローゼットの整理で身体を動かす。最後に、温まったところでスープを1杯! きっと気が付いたら悩みが解消しています。

 

刻んだ根菜はお腹にもたっぷり。アクセントのしそは必須

150513ino052

繊維とミネラルの多い根菜類は、腸活のためにもぜひ毎日の食事に取り入れたい具材。このスープ、豚バラのかたまり肉をコロコロと入れていますが、最後に和風のだしで煮込んだやさしい味。さわやかな青じそでアクセントをつけます。

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分299kcal・調理時間20分)
豚バラかたまり肉…100g
じゃがいも…小1個(100g)
にんじん…½本
玉ねぎ…¼個
キャベツ…4枚
青じそ…4枚
塩…小さじ½
A  だし…2カップ、酒…大さじ1、しょうゆ…小さじ1.5

■作り方

1下ごしらえをする

豚肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎは1㎝角に切り、キャベツは1㎝四方に切る。青じそはみじん切りにする。豚肉は塩をもみ込む。

2いためる

なべを熱して豚肉を入れ、中火で3分いため、焼き色がついたらじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツの順に加えて1分ほどいためる。

3煮る

Aを加え、煮立ったらふたをして弱火にし、10分ほど煮る。豚肉に火が通ったら火を止め、青じそを加えてまぜる。 (料理制作・スタイリング/今井亮)

 

しょうがを効かせて、手羽先とかぶのコラーゲンスープ

150513ino062

手羽先はいいおだしもとれますし、見た目の存在感たっぷりなのに、意外に食べられる部分が少な目なのでダイエット向き。また、かぶは火が通りやすいのに煮崩れもしにくく、コトコト煮て食べたい人には最適です。全体をキリっとまとめるしょうがが冷えた身体を温めてくれます。

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分223kcal・調理時間20分)
鶏手羽先…4本(200g)
かぶ…2個(200g)
キャベツ…1/8個(180g)
しょうがのみじん切り…1かけ分
A  鶏ガラスープのもと…大さじ1、水…2.5カップ
B しょうゆ…小さじ½、塩・こしょう…各少々
ごま油…適量
黒こしょう…少々

■作り方

1野菜を切る

かぶは葉を1~2㎝残して切り落とし、6等分のくし形に切る。キャベツは2等分のくし形に切る。

2焼く

フライパンにごま油大さじ1、しょうがを入れて弱火でいため、香りが立ったら手羽先を加えて中火で焼く。焼き色がついたらA、かぶを加える。

3煮る

煮立ったらキャベツを加えてふたをし、弱めの中火で10分ほど煮る。Bで調味し、仕上げにごま油少々をたらす。器に盛って黒こしょうを振る。 (料理制作・スタイリング/野本やすゆき)

 

元気がないときこそ、強いスープ。きのことほたての酸辣湯

ポイントはうまみの塊ともいえるほたて貝柱。しめじ・えのき・しいたけのトリプルきのこでボリュームもたっぷりです。やさしい味のスープで胃腸が回復しないときは、こんな辛みと酸味でパワーを与えてみるのも手です。しっかり煮立てる必要もない具材なので、最後に卵を入れたらすぐ火から外して卵のふわふわ感をキープして。

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分214kcal・調理時間15分)
ほたて貝柱…6個
しめじ…100g
えのきだけ…100g
しいたけ…6個
卵…1個
A 水…2.5カップ、しょうゆ…小さじ2、オイスターソース…小さじ2、鶏ガラスープのもと…小さじ1、塩…小さじ¼、こしょう…小さじ½
かたくり粉…大さじ1
酢…大さじ2
ごま油…大さじ1/2
万能ねぎの小口切り…4本分
ラー油…少々

■作り方

1下ごしらえをする

ほたては四つ割りにする。きのこは石づきを除き、しめじは小さくほぐし、えのきだけは長さを半分に切り、しいたけは四つ割りにする。

2いためて煮る

なべにごま油を熱し、きのこ、ほたてを入れて中火で2分ほどいため、Aを加える。煮立ったら弱火にして5分ほど煮る。

3仕上げる

かたくり粉を同量の水でといて2に加えまぜ、卵を割りほぐして回し入れる。フワッと浮き上がってきたら、酢を加えてさっとまぜる。器に盛り、万能ねぎを散らしてラー油を振る。 (料理制作・スタイリング/今井亮)

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

おしりの冷え、セルライト、生理痛……5分で解消するお手軽ケア3種!

体の疲れや悩みには個人差があるとはいえ、そこには大きな共通の原因もあります。動かさないから冷える → 冷えるから代謝が落ちて太る → 太るから動かすのが億劫になる…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

冷え性に悩むかたへ。血のめぐりをよくして冷えを改善する日常生活3つの習慣

気温が下がりつつある今の時期、指先や足先の冷えを感じている方も多いのでは?「冷えは万病の元」とも言われており、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、不眠、肌荒れなどの不調…

下半身太りは「骨盤」が原因! ゆがみを治す日常生活3つのコツ

日本人女性には下半身太りを気にしているかたが多いようです。パンツを買うときに試着したら、お尻がキツい、太ももがパンパンという経験があるかたも多いのではないでしょ…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

更年期世代は「ドライアイ」が進む?コンタクト派は気をつけておきたい「角膜」の話

身体のあちこちに思わぬ不調が現れる更年期世代。「夕方になると眼がかすむ」「モニタを見ている時間が長くて眼精疲労が強い」「友人とも老眼の話がよく出る」などの声も聞こえます。一説に、日本人のうち約2300…

【激辛すぎて死】マツキヨのポテチが殺る気満々すぎる辛さでヤバい

こんにちは、普段はそこそこ程度に辛いもの好きの担当井一です。かつては激辛で知られるラーメン店、蒙古タンメン中本で「北極2倍」などをナチュラルにたしなみ、新宿の名産である内藤唐辛子を自宅で栽培して激辛の…

あなたの「冷え」はどのタイプ?3つの原因チェックリストと冷え対策

働く40代と切っても切れないのが「冷え」。夏場はエアコンの直撃を受け、冬場は手先も首元も冷たくなり…。実は夏バテと同様、冬にも「冬バテ」があるのだそう。主に原因は冷えですが、一概に冷えと言っても年代や性…

【北海道民は知ってる】美味しいごはん、絶品のお土産、ここだけの風景…「十勝」8ランキング

爽やかな晴天「とかち晴れ」でも知られる北海道の十勝エリア。ざっくり言って北海道の右側で、中核の帯広市のほか、陸別町や足寄町、浦幌町など19の自治体から成るエリアです。この秋、イタリアが誇るコンパクトカー…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事