IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・、男女の考え方や行動の違いに関する書籍や文献は多く出回っている。

 

男性は論理的、女性は直感的とよくいわれる。では、同じ女性でも「産んだ女」と「産まない女」の違いは何かあるのだろうか。男女の性質が異なるように、出産経験の有無で、脳や性格などに違いがあるのではないか・・・。

 

そんな仮説を立て、調べることにした。子どもがいない未産女性の“おこなしさま”と、子どもがいて出産経験のある“ママ”。子どもの有無で比較したデータを探し始めると、出産とIQに関する興味深い研究があった。

 

世界各国で出産とIQに関する研究が行われていた

 

「子どもを産まない女性はIQが高い」

 

へぇー、そうなの?!産んでいないというだけで、自分のIQが高いといわれた錯覚に陥ったが、2.5秒後に我に返った。

 

子どもを産まない女性と知性との因果関係を指摘したのは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの進化心理学者・金沢聡博士。英National Child Development Studyのデータを経済および教育面から分析したところ、女性のIQが15ポイントアップするごとに、子どもが欲しいという欲求は25%ずつ低下することが判明。

 

つまり、出産意欲がない女性の方がIQは高いとの研究結果が2013年に発表された。問題発言だとの批判を受け、論議を巻き起こしたが、他にも出産とIQに関する研究はいくつかある。

 

「賢い女性が出産しないのでIQが下落」

 

ブリュッセル自由大学の研究グループとアムステルダム大学が2013年に共同でまとめた調査研究によれば、10年間でヨーロッパ各国のIQは平均して1.23%下落。その原因として、知能指数の高い女性ほど出産への意欲が低いことをあげ、その結果、IQが下がっているという。

 

IQの下落が頭のいい女性が子どもを産まないせいとは、なんとも失礼な!と思いつつ周囲を見渡してみると、高学歴・高収入のハイスペックな女性ほど、未婚・未産の割合が高い傾向はみられる。しかも頭脳のIQだけではなく、容姿の偏差値も高い美女が不思議と多い。いわゆる高嶺の花というやつね。

 

美人でスタイルもよく、高学歴で有名企業に勤務する才色兼備のN子は、まさにその典型だ。まだ30代前半で結婚や出産を望める年齢なのに、「子どもはいらないし、結婚もする気はない」とキッパリ宣言している。頭脳も美貌も若さもない私からすると、なんだかもったいない気がするけど、本人が望む人生であれば否定するつもりは微塵もない。

 

日本でも学歴と出産率の統計がある

 

日本にも、高学歴な女性は未婚率が高いことを示したデータがある。日本では結婚して子どもが持つのが一般的なので、女性の未婚率=未産率に等しい。

 

内閣府「男女共同参画白書」(平成25年)の「教育別生涯未婚率の推移」をみると、高卒女性の未婚率が8.6%なのに対して、短大・高専卒は9.8%、大学・大学院卒は12.8%と、最終学歴が上がるほど未婚率が増加。男性は逆で、学歴が上がるほど未婚率は低くなり、男女で反比例になっている。男は自分より賢い女を敬遠するというが、高学歴女性は結婚しない傾向が高めであることを、統計上ではいえそうだ。

 

そうはいっても、高学歴の女性が結婚して子どもを産むことはめずらしくない。そこで、出生数と学歴に関するデータも見てみよう。国立社会保障・人口問題研究所「第13回出生動向基本調査」の「妻の学歴別平均出生数」によると、高卒女性の平均出生数が1.91人(共学・別学の平均)で、短大・高専が1.74人、大卒が1.47人、大学院が1.37人と、最終学歴が上がるに従い出生数が下がる傾向がみられる。

 

出産していない女性の救いの言葉になる?

大卒・大学院卒の女性は未婚率が高く、子どもを出産しても出生数が少ない。だから、子どもを産まない女性はIQが高いとの研究結果に結びつくのだろう。そういえば、職業でいうと女医さんは未婚率が高いと聞く。医者なのでIQが高いのは間違いない。

 

ただ、参照にしたデータは傾向を表すものであって、私のようにIQが低いのに子どもを産んでいない“おこなしさま”もいるわけで、当然個人差はある。平均値を下げている立場で偉そうなことはいえないけど、女性にも色んな役割があると思う。

 

子どもを産んで命を未来につなげる女性もいれば、子どもを産まなくても仕事に対する能力が高い女性もいる。どっちも社会に貢献している立派な女性といえる。

 

とはいえ、少子化対策が推し進められている日本では、子どもを持たない生き方を選択した“おこなしさま”は、ちょっと肩身が狭い。せめて、「子どもを産まない女性はIQが高いらしいよ」と、自身を慰める言葉として覚えておいてもいいよね。真偽のほどは別として。

 

IQが高い女性ほど子どもを産まない!?IQと出産の真実【おこなしさまという生き方 Vol.35】

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

どうなる!? 「子なしハラスメント」と「マタハラ」の根深い問題 【おこなしさまという生き方 Vol.7】

「子なしハラスメント」2015年から徐々に広まった言葉で、子どものいない人を不快な思いにさせる言動のこと。それ以前に、妊娠・出産をきっかけに受ける「マタニティ・ハラ…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事