アナ雪のエルサも望んだ!女がありのままに生きるための3原則

2014年に社会現象を巻き起こしたディズニー映画「アナと雪の女王」。

 

幼い頃から見てきたおとぎ話は、最後に素敵な王子様と結ばれてハッピーエンドが鉄板だったのに、アナ雪は違った。「ありのままの自分になるの。わたしは自由よ」と、王国から逃げ出したプリンセス・エルサの横にイケメン王子の姿はない。

 

生涯独身を貫く“おひとりさま”や、子どもを持たない人生を選択した“おこなしさま”といった、新たな女性の生き方を反映しているかのように、プリンセス像が変化。女性たちは自由を手に入れ、自分らしく生きることを選んだエルサに共感したのだ。

 

「ありのまま」「自由」は決してラクではない

「自由で羨ましい」

 

子育て中のママから言われがちな台詞だ。うん、そうだよね。ママは子ども中心の生活で、自由になれる時間は限られている。ママたちに比べて、既婚・未婚を問わず子どもがいない“おこなしさま”は、自分のために使える時間は多い。

 

私自身は自由な生き方や働き方を望み、選んできた。組織に縛られず、パートナーからも束縛されないライフスタイルを送って、約20年。エルサにも伝えたい。自由な生き方は、決して楽ではないと。

 

人生には「自由」と「縛り」がある。完全性別役割分業だった時代は、男性は会社に縛られ、女性は家庭に縛られた。縛られる代償として、生活の保障が一生ついてきた。生涯保障が崩壊した現代では、縛りが緩み、自由度が増した。女性は家庭と仕事、どちらか一方、または両方選んでも社会に受け入れるようになった。

 

誰もが自由な人生に憧れるけど、自由に生きることは想像以上に大変なこと。そこで、多様化する女性の生き方から考える「自由に生きるための3原則」とは?

 

1.自由とはリスクを負うものである

未婚を選んだ“おひとりさま”は、欲しい物を買って、美味しいものを食べ、好きな時に旅行に行けるなど、制約を受けない生活を送っている。子どもがいる世帯に比べて時間やお金は自由になるけど、一人というリスクを背負っている。

 

誰からも文句を言われない代わりに、入院したとき、働けなくなったとき、老後のことなど、一人だからこそ抱えるリスクは重い。「独身は気楽でいいわね」なんて言うけど、そんなにお気楽ではない。むしろ年齢を重ねるごとに老後の不安は増していく。

 

2.自由とは何の保障もないことである

私は会社に属さずに自由業で仕事をしている。決まった時間に出社しなくても、平日の昼間にヘアサロンに行ってもタイムスケジュールは自分次第。以前は会社勤めでワーカホリック気味だったので、当初は解放感に心躍らせていた。

 

暫くすると自由業は、何の保障もない「不自由業」だと感じるようになった。収入の保障はなく、有給がないから休めば稼ぎはゼロ。失敗をしても上司や会社が守ってくれるわけでもなく、死に物狂いで頑張ったのにギャラが入ってこないこともある。しかも老後は国民年金だけなので、会社員より年金受給額は極めて低い。会社に縛られるのが嫌だと思っていたけど、縛りがあるから生活保障が充実しているのだ。

 

組織に属していると、望まない人事を受けることもある。そこで「会社を辞めちゃおうかな」と脳裏をよぎることがあるだろうけど、生活や老後のことを考えれば、会社員として定年まで勤めることは、ある意味正解。自由になる時間はあっても、お金と健康がなければ不自由な生活を余儀なくされるのだから。

 

3.自由すぎると寂しさを感じてしまう

人は多少の縛りがあった方が、幸せを感じることがある。たとえば、男女の関係。恋愛するとお互いを束縛し合うことが、ひとつの愛の表現となる。私はこれが大の苦手で、パートナーに対して束縛も依存もしないから自分にもしないでと訴えてきた。さすがに一線を越えるのは容認できないが、合コンやキャバクラくらいならお咎めなし。

 

それがある会話を耳にして、ハッとした。「束縛がきついのは嫌だけど、合コンはダメ!とかヤキモチからくる束縛は可愛い」と男同士で共感しあっているではないか。そうか、プチ束縛は男性の独占力を満たし、愛されていると感じるのか。自由にさせすぎるのも、相手によってはいいとは限らないのだ。

 

子どもだって、きっとそう。子どもはママが一番頼りになる存在で、誰よりも好きだし甘えたい。ママも愛しい我が子のために自由時間がなかったとしても、それは幸せの縛り。人は自由すぎると愛が不足して、寂しさを感じてしまうことがある。子育ては大変だろうけど、ママたちがいう「自由がなくて」は、おのろけと同義語のようなもの。

 

「何から」自由になりたいのか?

男女雇用機会均等法が施行された80年代半ば頃までは、30歳を過ぎた女性社員は結婚するか、そろそろ辞めなきゃムードが社内に漂っていた。いまは独身のまま定年まで勤めても、ママになり育児休暇を取得しながらでも働ける環境が整い、女性も生き方を自分で選べる時代になってきた。

 

子どもがいない“おこなしさま”は自由度が高いけど、縛りがある方が安心できることもある。自由って魅惑の言葉だけど、自由に生きることは自分ですべての責任を持つこと。家族、人間関係、仕事、お金・・・、この世の中ですべてから自由になることは難しい。まずは自分にとって自由とは何なのか、何から自由になりたいのかを明確にすることが大切。

 

私は不自由業といいながらも、このままの道を突き進み、フリーならではの生きがいを感じていきたい。アナ雪のエルサが自由になった、その後のストーリーをいつか見たいと願いながら!

 

アナ雪のエルサも望んだ!女が自由に生きるための3原則 【おこなしさまという生き方 Vol.33】

スポンサーリンク

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事