主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件#10 主婦の「美容院問題」とは?

子どもがいる働く女性は、なぜそんなに大変そうなんだろう?
同じ女性でも、シングルだったり子供がいないとわからない事がいっぱい…

そこで、「もしこんな部下(子ども)が会社にいたら?」を元サラリーマンの現・主夫である河内瞬さんが家事・育児の大変さを解説。リアリティーある描写は、子どもがいてもいなくても刺さるはず!

「確かにそりゃ大変だわ~」なお話を10回連載でお届けします!

 

 

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

 

主婦の「美容院問題」とは?

SNSをやっていてびっくりしたのが美容室に行けないと言う主婦の多さである。

今回はこの「美容室に満足に行けない主婦」について書きたいと思う。
美容室に行けない理由で目についたものは、

● 哺乳瓶がダメだから預けられない (これは子どもによるので仕方がないのかも)
● 自分の用事を後回しにしてしまう、時間がもったいないと思う(そんなことはないよ!)
などなどあったが、ダントツで多いのが
● 夫に預けられない(任せられない)
という理由だった。

 

奥さんが美容室に行く時間って行き帰りと施術の3時間、ちょっとカフェに寄ってリフレッシュする1時間を入れても4時間くらい。

 

もし少し遠い美容室へ行ったり、そのままどこかでお茶をしてもせいぜい半日でしょう。その半日も「子どもを預けておけない」と思われるほど信用されていないということは、よほど普段育児をしていないのでは……。

 

というか普通の休日でも父親オンリーで半日くらい子どもの面倒見ませんか? 水筒持って公園行けばあっという間ですよ。親は死ぬほど疲れますが(笑)。

 

美容室にすら奥さんが安心していけないのでは、友達と買い物に行ったり旅行に行くのなんて夢のまた夢な気すらしてくる。

とにかく、旦那さんが捻出してあげないと主婦の時間はマジでない‼ これは主夫になってわかりましたが、本っっ当に子どもといると自分の時間はないのだ。

 

前の話<<<

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件
河内瞬  1200円+税 主婦の友社・刊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク