透明感がなくなった…!「アラフォー肌をくすませない」3つのポイント

似合っていたはずの好きな色がアラフォーになってからしっくりこなくなった…ということが起こっていませんか。

これは顔つきが変わったというより、肌のくすみを疑うべきです。

目で見えるわかりやすい肌の衰えが明らかでなくても、くすみは起こります。

肌の透明感を取り戻していけば、好きな色を選び続けることができるのです。

また新たなトレンドカラーを自分に似合う好きな色に加えることも不可能ではありません。

 

「肌色」を決めている3つの要素

イエローベースやブルーベースという見た目の色合いの分け方がありますが、人間の肌色は肌を覆う角質層の色とメラニン色素の色、下を流れている血液の色の3つが組み合わさってできあがっています。これらが重なり合って生まれる色が肌色なのです。

 

肌表面を覆う角質層は半透明でグレーがかった色をしています。日本人などの黄色人種のメラニン色素は黒っぽくさせるユウメラニンと白っぽくさせるフェオメラニンの混合型で、メラニン色素の色はイエローブラウンです。そして血液はいうまでもなく赤。

 

グレー、イエローブラウン、赤の3色が重なって肌色ができあがりますから、3つの要素のどれかに問題が起こっても、本来あるべき透明感のある肌色は成立しません。アラフォー肌のくすみは3つの要素のどこかにトラブルが起こっています。

 

生まれつきのメラニン色素を変えることは不可能ですが、角質層や血液に関するトラブルは後天的な原因で起こるトラブルがほとんどです。また多くのくすみの原因は角質層と血液の流れで起こりやすくなっています。

 

トラブルを改善させていけば、くすみを解消させることも可能です。また健やかな美肌を育てていくためにも、アラフォーはくすみ対策を行う必要があります。今の美肌キープは未来の美肌にもつながるからです。

 

古い角質は肌をくすませる原因になる

肌の角質細胞は黒みがかっています。だからグレーがかったフィルターになるわけですが、新しい角質が育ってくれば古い角質は無理なくはがれ落ちて、肌色をくすませません。つまり古い角質が残ったままだとはだがくすみます。

 

全身の新陳代謝が鈍くなっていくアラフォーに差し掛かると、肌も新陳代謝が鈍くなることは同じです。つまり古い角質が残りやすくなります。古い角質が肌に溜まる角質肥厚が原因でくすみ肌になるのです。角質肥厚はクリアな肌のためには邪魔になります。

 

クリアな元の肌色に戻すには古い角質を無理なく落とすことで解消できます。定期的に肌にマイルドなピーリングコスメで古い角質を取り去ってあげるといった対策が必要です。現在は美容液感覚で使用できるものも増えていて取り入れやすいでしょう。

 

角質肥厚を防ぐためのステップをスキンケアに加えておくことは、くすみ対策の面だけではなくエイジングケアの面でもメリットがあります。肌にしつこく残った古い角質の邪魔がなければ肌に有効に働く美容成分が行き渡る肌環境になるからです。

 

乾燥した肌は角質層のグレーが目立つ

ゼリーは水分たっぷりならプルプルして透明感がきれいですよね。しかし乾燥してくると、濁った色になってきれいと言いにくい色合いに変わります。これは角質層という半透明のフィルターでも同じことが言えるのです。乾燥しているとグレーが目立ってしまいます。

 

肌の乾燥はトラブルを起こす原因ですが、くすみを起こす原因でもあるのです。濁ったくすみを感じているなら保湿を念入りに行う必要があります。元も明るくクリアな肌色に戻すためにも保湿を欠かすことはできません。また肌は何歳になっても保湿で回復できます。

 

特にアラフォーの時期は肌が乾燥しはじめる時期です。乾燥が原因でくすみが起こるのは、肌からのS.O.S.と考えてもいいほどといえます。毎日のスキンケアで保湿効果が高い美容液などを加えるのもいいですし、時間に余裕があればパックもおすすめです。

 

角質層という半透明のフィルターは干からびたゼリーとは違い、毎日の保湿でまたプルプルに戻せます。乾燥しにくく、うるおいを維持できる肌を守ることもアラフォーのスキンケアでは重要ですし、くすみ対策でも効果的な方法です。

 

血流の悪さで肌色は透明感を失う

血液は体のすみずみまで酸素を運んだり、栄養分を運んだり、と活躍しています。血流が悪くなれば、身体のいろいろな部分に支障が出ますし、生命維持も難しくなるでしょう。肌も身体の一部ですから、血液の流れの悪さが原因で受ける悪い影響を受けてしまいます。

 

血液の流れに問題が起こると、くすみが起こります。十分な酸素も栄養も届いていなければ、肌に問題が起こっても当たり前ですよね。その問題のひとつがくすみというわけです。酸素や栄養がしっかり行き渡る血液の流れを回復させましょう。

 

血流を良くさせるスキンケアとしてはマッサージがあります。肌表面から血液を流すサポートをするわけです。マッサージクリームなどで塗って、行いやすくさせつつ、肌を傷めないようにしつつ、血色の良い肌を目指して行うことをおすすめします。

 

マッサージの際には力を入れすぎたり、こすったりしないことが重要です。優しく行って肌に負担をかけないようにしましょう。また全身の血液の流れを良くさせることも効果的なので、適度な運動もくすみ対策になりますよ。

 

くすみ対策3つのまとめ

 

  • 角質肥厚を防ぐ
  • 保湿を徹底させる
  • 血流を良くさせる

 

毎日のお手入れでもさほど難しくないものがくすみ対策です。しかも早めに目に見える効果が出ますから、スキンケアに取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク