禅の所作に学ぶ。〇〇に気をつければ「食事マナー」が美しくなる

 

これから出会いの多い時期になってきます。数名で食事に出かけることもあるでしょう。そんな時に「気がきく人」と思われるポイントは数あれど、大きな失敗を引き起こさない、さりげない気のきかせ方は難しいものです。

でも、たった一つのことを気をつければ大丈夫。そのヒントを、禅寺の食事作法からお教えしましょう。

 

隣の人の「手首」「肘の下」を視界に入れる

誰かと一緒の会食中、一番多い失敗はなんでしょうか?

食べ物を口からお腹にこぼしたりするより多い失敗。意外と気がつかないかもしれませんが、確実に誰でもやってしまうこと。

それは、袖。

料理を取ったり醤油を取ったりした時に、袖が手前の料理やタレなどにつくことじゃないでしょうか。

 

禅の修行では、自分がご飯をよそってもらっても、次の人が終わるまで待っていて、袖がいろんなものに掛からないか気にしています。修行道場によっては、袖を毎回押さえるようにするところもあるくらいです。

 

慣れてしまうと、隣の人の腕が前に出ると、無意識に手首と肘の下に手を差し出すようになります。

 

隣の人が物を取ろうとしたときには、自分はいつでも隣の人の袖がつかないか気にかけるようにします。そして、手首の下の料理などを少し動かすようにしてあげましょう。しょう油皿ならなおさらです。

 

立ち上がって取る、お座敷なら立て膝で取る

そうすると、今度は自分も袖に気をつけるようになります。

前かがみで食べ物を食べると、周囲に袖がつく以上に不快な思いをさせることがあります。

なぜなら、覗き込む形になると、食べ物に息や唾がかかるかもしれないからです。

修行道場では、ご飯を給仕する際にも桶を口より下に持ってくることは決してしません。背筋を伸ばして肩と同じ高さで持って移動しながら配っていきます。

食事の際の立ち座りをスマートに見せるあら、やはり背中を丸めずに少し立ち上がるか、立て膝で余裕を持って物をとること。このように心がけると、袖も気にせずスマートな動きで食事ができます。

 

茶碗、お椀は両手で持ち上げてから

自分で食べる時も、人に渡す時も必ず両手で茶碗を持ってから次の動きにつなげるようにしましょう。

そうすると姿勢がよく見えるうえ、淵の中に指を入れずにすみます。

これだけでも相手に与える印象は、だいぶ違ってくるんですね。

洋装になって消えた「隣を気づかう」習慣

私の祖母が若かった頃ならば、着物で生活している人も大勢いて、袖が大きいのも普通でした。

隣に座る人が着物だったりすると、常に自分の袖の下と隣の人の袖の下を気にしないと綺麗に食事をいただくことができないかったのです。

隣の人と同時に物を取ると、どちらかの袖が汚れるので、「お先にどうぞ」という気持ちも生まれます。

茶道で隣の人を気遣う習慣を大切にするのは、そのためかもしれませんね。

そうして気をつけていると、人の動きも自分の動きのように感じられます。

常に動きを観察して、気に留めないようにしてみてください。

それが出来るようになると、相手に与える印象が良くなることでしょう。

 

動きに表される感謝の心

手の動きに注目しましょう。私は両手で食器を持ち上げることをお勧めしました。これは、見た目の美しさに加えて、食べ物に対する感謝を表すように感じられます。

いただきますは、文字どおり命をいただくのですから、食事の席では一つになるというのが大事なのではと思います。

食べ物と、それを一緒にいただく仲間と、自分とが、一つになるような動作を身につけることができれば、きっと印象が良くなるはずです。

もっと食事の作法はうるさいのですが、体験したい方は、各地の座禅会で食事を提供するところもあるので、ご相談ください。

 

■建長寺宿泊座禅会

毎年6月と12月に開催。1泊で食事の作法と座禅を体験できます。

http://www.kenchoji.com/

■三光院

女性限定の精進料理。

https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132501/13039545

■東京禅センター 

世田谷区で坐禅を体験することができます。

http://www.myoshin-zen-c.jp/event/event_taiken.htm

■白山道場

文京区にある龍雲院の道場。鎌倉円覚寺管長の南嶺老師が住職をされています。

http://philos.la.coocan.jp/zazen/

スポンサーリンク

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

イライラした気持ちを断ち切るには? 住職が教える「禅」の呼吸法

仕事や人間関係において、時にはイライラしたまま帰宅することって、ありますよね。帰宅しても、そのままイライラを引きずっていたりしませんか。それはとてもつらいこと。…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

ねたみや劣等感でいつも苦しい人。つらさをプラスに変換する4つのコツ

いろいろな場面で、誰しもが経験する「どうしてあの人ばかり…」と思ってしまう「妬み」という厄介な感情。このマイナス感情に支配されずに、どうやって上手く付き合ってい…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事