人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。

この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養うことによって、できるだけ不要なトラブルを回避していく方法をお教えします。

 

わかってほしい!なのに…

人間関係トラブルのほとんどの問題は、「理解してほしい」というシンプルな気持ちに集約されると言っても過言ではありません。

 

「私はあなたの事をこんなに思いやっているのにわかってくれない」

「自分はこんなに一生懸命仕事をしているのに認めてもらえない」

「私は頑張ってここまでやってきたのに評価されない」

「僕はこんなに我慢しているのにみんなわかってくれない」

 

などなど、「〜なのに、理解してほしいのに、全然わかってくれない!」の連呼は、つまり裏を返せば、「私を理解してほしい」という単純な「承認欲求」のマシンガンなのです。

 

この、「私を理解してほしい、認めてほしい」という切実な気持ちを、素直に相手に伝えられないからトラブルになり、人間関係が複雑にこじれてしまい、気がつくと手のつけられない事態になってしまうのです。

スポンサーリンク

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こち…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事