【九星フラワー占い】一白水星の6月は「未来につながるさわやかな出会いが」

1年の半分、折り返しである6月、これまでの混乱した雰囲気が変わり、整ってくる可能性が大いにあります。

世の中の変化をただ待つよりも、まずは自分自身から整っていきましょう。そのコツをお伝えします。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

おこもり生活から、外の世界へ。不調から解放される

5月の間、どうも気力と体力が充実せず、もともとひとりで時間をすごすのが得意なため、おこもり生活にどっぷりと浸かっていた一白水星も多かったのではないでしょうか?

今月に入ると、なんだか外の世界のことが気になりだし、またあなたを穴から引っ張り出してくれる手がいくつもあるでしょう。

 

恐れずにチャンスが与えられたらトライしてみる

その手の持ち主たちは、あなたのヘルプを必要としていて、いくつものお願いごとをあなたにしてくるでしょう。

正直、穴から抜け出したばかりだからとリハビリをしている余裕はなさそうです。

恐がらずに、でも慎重に状況を見ながら、求められることに誠実に答えていきましょう。

 

成果を上げるということは、今は必須ではない

きちんと形になった成果を、見せなくてはいけないと焦る必要はありません。

どちらかというと、成果をあげて、自分の力を見せつけるようなことをするほうが、なぜか人の心が離れていきます。

つまり今、一白水星が必要とされているのは、成果や結果ではなく、「困ったときは助け合おうね」という穏やかで優しい繋がりのようです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、かなり高めです。

先月のちょっとはっきりしない感じから一転して、明るくさわやかで、将来を約束してくれるような相手との出会いも期待できそう。

出会い運を高めるためには、髪のケアと香りのオシャレがポイントになります。

まだまだマスクが手放せないと思いますので、今は、メイク以上に印象を高めてくれるということでしょう。

金運は、今は利益を得ようとか得をしようと考えると、かえってチャンスを逃すことになりそうです。

大きく困ることはないので、今月はその時その時、人に喜んでもらえそうなことを誠実に行ってください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、明るいイエローと抹茶グリーン。

いかにもヘルシーなイメージのこの組み合わせが、忙しい一白水星に、それに耐える活力と人に期待されていることを読み取って外さない直観力を与えてくれます。

ラッキーパーソンは、世話好きな女性です。

姉、あるいは親族や組織の中で長女的な役割をしている人がいたら、その人とは積極的に連絡をとり、話をよく聞きましょう。

彼女を支えることで運気がアップしますし、逆に今のあなたにピッタリなヒントやアドバイスをもらえそうです。

ラッキーフードは、雑穀を加えたグリーンサラダ。

雑穀はキヌアでももち麦でもOKです。

粒粒とした触感を楽しみながら、よくかんで食べると、ストレス解消になり、免疫力も高まります。

 

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★2020年6月の全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク