【九星フラワー占い】四緑木星の6月は「気になる異性から声が」

1年の半分、折り返しである6月、これまでの混乱した雰囲気が変わり、整ってくる可能性が大いにあります。

世の中の変化をただ待つよりも、まずは自分自身から整っていきましょう。そのコツをお伝えします。

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

動く前に考える、この習慣づけが大切

先月の末、緊急事態宣言が解除され、これまで思うように行動できなかったぶんを取り戻したい、そんな気持ちかもしれません。

ただ、少々待ってほしいのです。

これから社会の姿は少なからず変わっていくことになることは、誰の目にも明らかで、その中でどのように生きていくのか、じっくりと考えることに時間を使ってほしい。

今月の星まわりは、そう四緑木星に伝えています。

 

自分と仲間とじっくり向き合うことに

自分自身と向き合うということも必要ですが、人と人との関わりとつなげ、チームの平和を守るという役割が自然とまわってくる四緑木星は、行動を焦る周囲の人たちの「このままでいいのか?」という問題を一緒に考えることが必要になるかもしれません。

もちろん答えがすぐにでることのほうが少ないでしょう。

ですから、急ぐ必要はありません。

 

焦るほど運気は落ち込む

急ぐ気持ちが生じたら、それは自分の都合にとらわれていることだと思ってください。

この時期は自分の損得にとらわれると、あらゆることが止まってしまいます。

丁寧に生きるということ、人と一緒に考えるということの大切さをゆっくり見直すことが、これからの時間の中で、四緑木星の人は自分らしく生きる力を与えてくれますし、これこそが開運につながっていくのです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、男性とも気軽に話せますし、前々から気になっている人から話しかけられ盛り上がれる、そんなチャンスがありそうです。

よくよく話を聞いてあげるとあなたの魅力を相手に印象付けることができます。

金運は、今年一番の好調期です。

臨時収入があったり、前から欲しかったものをプレゼントしてもらえるようなことがあるかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、オレンジとテラコッタ。

いつもにも増して、人と楽しくおしゃべりでき、相手からも「楽しかった」と喜ばれる、コミュニケーション力をアップしてくれます。

ラッキーパーソンは、ちょっとわがままな年下の女性。

このような人が親族やチームにいれば、彼女が代表して、みんなの思いを教えてくれます。

何か問題が生じたら意見をきいてみるといいでしょう。

ラッキーフードは、キムチ納豆。

胃腸の状態を整えて、まさに❝粘り強さ❞を与えてくれるので、何か課題に取り組んでいるときは積極的に食べてください。

 

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク