心も体も癒やされる、この夏おすすめは車と空の「犬連れ旅行」!★おひとりさまとローズ一家

最近、観光地でもよくワンコ連れの旅行客を見かけませんか? たとえば、16年5月にANAが実施した、犬も飛行機の客室でいっしょに移動&貸し切りホテルで同室宿泊のツアー「ワンワンフライトin北海道」はすぐ完売したのだそう。そんな人気の「犬連れ旅」、達人たちはどうしているのでしょう? アラフォー女性とミニチュアダックス一家のモフモフ旅をご紹介します。

アラフォー女性&ミニチュアダックス一家

160618ino002B

 

今回ご紹介するミニチュアダックスとの旅は、静かに人気が広がっているモフモフな本、『おひとりさまとローズ一家 ― アラフォー女子とダックス4匹。いつもべったり、シアワセモフモフ暮らし。』から。筆者のobabaさんは、広告代理店で激務をこなしつつ、おいしいもの&お酒大好きな明るいおひとりさま暮らしを送っていました。そんなある日、チョコ色の美しいミニチュアダックス、ローズに出会います。運命のように1人と1匹暮らしが始まり、やがて電車旅行も楽しむようになりました。その後ローズが出産、1人と4匹家族になったobabaさん宅では、飛行機+車も駆使するように。

「わが家は断然離島派!」

160618ino004

ローズとobabaさんのはじめての離島旅行は、沖縄県宮古島。その次は石垣島でした。国内の飛行機では、ペットはチェックイン時にカウンターに預け、別室で旅をします。ところが、ローズはobabaさんと離れるとドキドキしてしまう子だったので、病院の先生に相談して酔い止めの薬を飲ませていったそう。少しウトウトして興奮がおさまるので、そこまでさわがずチェックインできました。無事に3時間のフライトを終え、離島へ! この写真ではワンコ用ウェットスーツを着ています。『ちょっと高いけれど、砂が毛に入らなくてあとが楽です。山に行くときも、ダニやほかの変な虫も防げるので、思い切って買ってよかったです』。

ワンコの表情もイキイキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめてのシュノーケリングツアーのために、浅瀬で泳ぐ練習中! obabaさんは休みにはきれいなビーチでのんびりしたい派です。なので、ローズ一家との旅行も、基本的にはきれいな海のあるところ。もちろん、春には1泊で桜を見に行ったり、冬に温泉に行ったりもしますが、ある程度の期間で休みがとれるときは、ダンゼン離島なのだそう。国内の離島ならだいたい3時間あればどこにでも行けますし、カウンターに預けてフライトする最初と最後の部分だけを我慢すれば、あとは思いっきりビーチを走れ回れる!とガマンします。『犬連れで行きやすい場所よりも、飼い主が行きたい場所を優先させたほうが、旅行先で飼い主がゴキゲンだし、飼い主が笑っていればワンコもゴキゲンなはずですよね。ただし、ホテルや宿が犬連れOKかどうかの事前確認は絶対必須!』とのこと。

奄美大島が常宿に

160618ino001

 

その後、GWに毎年訪れているのが奄美大島。「わんちゃん連れでも大丈夫ですよ」と優しく対応してくれた民宿が定宿です。とはいえ、飛行機に4匹全員を乗せて、現地で1人で1週間というのはちょっと疲れるから、たとえばローズともう1匹だけ、というふうに頑張り過ぎずに旅をするスタイル。この年はローズと息子のピノの2匹に、よそのお家にもらわれていった兄弟のゆずが現地合流。恒例のハイキングを、3匹で歩ききっていい笑顔!

いちばんは、やっぱり車の旅行

160618ino006

離島の旅は、島までは飛行機ですが、着いたらレンタカーを借りることが多いそう。そのときには、レンタカーにチューブ型のケージを設置します。普段から使っているケージなので、旅先なのにローズ一家も安心して車に乗っています。『中には使い古した毛布を入れて、暇になったらかじれるおもちゃも入れて、まさしくお犬様の高待遇!』 obabaさんが使っているのは大きいサイズですが、小さいサイズもあります。

海は遊びの宝庫!

160618ino005b

『旅の間中、毎日毎日ビーチで走り回り、波と遊び、最終日まで毎日砂だらけになりまで遊びます。帰ったらどうせシャンプーだし、子供はどろんこになって遊んでもいいじゃないですか』。この写真は奄美大島で、ローズと息子のピノの2匹。また来年ね!

もっとモフモフしたい人は!

まずはローズ一家の世界をどっぷり楽しめるFacebookやインスタを!さらに、未公開画像も収録した書籍は、電子版もありますから、いますぐ犬まみれのモフモフ暮らしをたっぷりチェック!

Facebook おひとりさまとローズ一家
https://www.facebook.com/ohitorisamarosefamily/

Instagram ohitorisamarosefamily

http://www.instagram.com/ohitorisamarosefamily

160513ino013

obaba(おばば)は、都内の企業で働くサラリーウーマンです。ひとり暮らしを始めてから20年。おいしいもの、おいしいお酒が大好きな明るいおひとりさまです。そんな私が、働き盛り、遊び盛り(?)の35歳のあるとき、ペットショップでMダックスの女の子=ローズ、にたまたま出会い、一目惚れ!それから生活が一変!ローズに子どもが生まれ、現在はおひとりさまとワンコ4匹暮らしです。ごはんも寝るのもお風呂も旅行も、いっつもギューーーっと一緒。「独身でワンコ飼うなんて、結婚できなくなるよ!大丈夫?」と周囲から心配されますが、それがどーした!? 毎日こんなに楽しくて、こんなに充実してるんだったら、ずっとこのままでいいのかも!?。そんなobabaのモフモフ、ギューギューな毎日をお届けします。ひとり暮らしでペットを飼いたい!という気持ちを抱えているかたにもお役にたてたら。Web未公開の一家画像も満載です!

『おひとりさまとローズ一家』
著者:obaba:著 
ジャンル:ペット
発売日:2016/03/02
ISBN:9784074141500
判型・ページ数:A5・96ページ
定価:本体1,300円+税
■ご注文はこちらから■ 
アマゾン(リンク)  
honto(リンク)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏い…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。いっぽう、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事