絶対「シミ」を消したい!美容医療でシミを消す注意事項4つ

気になりだすと止まらない肌の悩みでも、シミはアラフォーには大きいのではないでしょうか。

満足できる結果を出すためには、美容医療に頼ることも方法の1つです。

しかし注意しなければならないことがあることも知っておくべきだということも事実。

安全に満足できる結果を治療で出すためにはきちんと覚えておく必要があります。

シミを消すための方法の1つで、確実だといえることが多いからこそ、知っておくべきなのです。

 

シミの種類を自分で勝手に判断しない

一言で「シミ」と言いがちですが、シミの種類はいろいろあります。それぞれシミの種類によって効果を発揮する治療方法や医療機器は異なるのです。「シミ治療=レーザー治療」というイメージですが、シミの種類によって使用するレーザー機器は変わるのです。

 

しかも多くのシミにお悩みの方は複数の種類のシミを抱えていることがほとんど。さらにいいますと、シミの種類を正確に判断できるのは専門医だけです。もしも美容医療に関する知識に自信があっても、自己判断は避けたほうが賢明と心得ましょう。

 

せっかく美容医療に頼ってシミを消すなら、どういう種類のシミなのかを診断してもらってから、治療するかどうかを決めても遅くはありません。最新の美容機器に興味があるとしても、自分が消したいシミに効果がなければ意味がないからです。

 

まずシミの種類を診断し、そのシミを確実に消せる方法を選び出すのは担当医の仕事であり、その治療を受けるかどうか決めるのだけが自分と考えておくことをおすすめします。ですから医療機関に行く際には単純にシミを消したいだけでもいいのです。

 

担当医師とのカウンセリングを念入りに

シミを消したいから医療機関に行くわけですが、必ずと言っていいほど担当する医師とのカウンセリングがあります。このときに肌タイプや悩みをきちんと伝え、その上でシミ治療の相談に入るようにしましょう。

 

いくら肌のプロフェッショナルだとは言え、肌タイプや悩みなどは患者から伝えないと医師も判断できない部分が大きいのです。またシミ治療に効果的であっても、肌タイプや悩みによっては細心の注意を払う必要があります。

 

安全性を確保しつつ、満足できる治療結果を得るためには、できているシミの悩みとともに自分の肌のデータも伝える必要があるのです。風邪をひいたときにかかる病院で今のつらい症状かを説明してから診察することと変わりはありません。

 

シミ治療の際のカウンセリングを念入りに行っておくことは自分の肌を守るためでもあり、確実にシミを消しつつ、満足できる肌に治すために大切なことです。すると担当する医師も最適なシミ治療の方法を判断することが可能になります。

 

予算と期間をシビアに考える

皮膚ガンであればすぐさま治療をして、生命の危険から避ける必要があります。しかし通常のシミを消したいというのは美容目的ですよね。つまりシミがあったとしても、生命を脅かす危険はないという真実があります。またシミをまったく気にしない方もいるわけです。

 

美容目的であるシミ治療にかけられる予算と期間を医師と話し合って決めておくことも欠かすことができません。どのくらいの予算と期間をシミ治療にかけられるかをシビアに計算してから、相談することも忘れてはいけないことなのです。

 

担当する医師から治療方針を提案されたら、どのくらいの期間で結果が出る目安かを聞いておくと計算しやすくなるでしょう。1回の治療費と回数を計算し、考えている予算と合うかどうかを判断してからでもシミ治療を始めることは遅くはないからです。

 

治療方針と予算と期間をうまくマッチングさせてから、目的のシミ治療に入るほうが後悔することを避けることができます。なお今なら格安でシミ治療ができると言われても、肌とお財布の安全を守ることも美容目的の患者には重要な課題だと考えておくべきです。

 

シミ治療で起こるデメリットも理解する

シミの種類を診断してもらい、カウンセリングを念入りに行い、さらに治療方針から予算と期間も決定できたら、シミ治療を始めます。最後の注意事項として把握しておくべきことは、その治療でのデメリットのことです。

 

治療中に痛みがある、確実に紫外線を避けなければならない、治療後のダウンタイム(腫れなどが引くまでの時間)が少し長くなる、服用する医療薬に副作用が起こるケースがある、といったいろいろなデメリットがある場合が多くあります。これらを知っておきましょう。

 

もしも説明された段階でシミの治療効果が高くても、デメリットのほうが自分の中で負担になると考えたら、他の方法を提案してもらってもいいのです。シミを消す目的が得られるとしても、デメリットが自分にとっては大きな負担ならおすすめできません。

 

デメリットでも個人差で我慢できる場合とできない場合があります。シミを消す効果が高い分、デメリットはあります。このデメリットが自分の負担になるかならないかで、美容医療でシミを消すかを決定してもおかしくありません。

 

美容医療でシミを消すときの注意事項4つ

1.シミの種類を自分で勝手に判断しない

2.担当医師とのカウンセリングを念入りに

3.予算と期間をシビアに考える

4.シミ治療で起こるデメリットも理解する

 

この4つを踏まえてからでも、シミ治療を受けるか判断してもいいのです。それに医療機器は進化していきますから、悩んでいる間にもっと良い治療方法が確立することも考えられますしね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク