【九星フラワー占い】二黒土星の7月は「今年一番の大幸運月!」

60通りある干支の中で今月は癸未がめぐってきています。
この癸という字は、雨を意味していますので、もしかしたら今月は雨が多い1カ月かもしれません。
今月、この私たち人間の世界に強く影響する星は三碧木星。
これは朝日、光を意味する星です。
雨が降る暗い日であっても、光を見つめるこれが今月の最大のラッキーアクションとなります。
朝日ですから、復活の意味がありますし、コロナ流行で沈みがちだった社会が、少しずつ光を取り戻していく、そんな1カ月になることを願って、今月の運勢を読み解いていきたいと思います。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

細かい仕事が途切れたらチャンスのサイン

今月は、二黒土星によって大きなチャンスに恵まれる大幸運月です。

今年一番とも言えますし、ここ数年の中でも飛び抜けて好調ですから、楽しみにしていてください。

運気アップのスイッチは、細々とした仕事が減ってきた時です。

もしかしたら、その仕事を気に入っていたかもしれませんが、執着は捨ててください。

その後すぐに、大きな仕事、チャンスがやってきます。

 

協力要請は丁寧に優しい口調で

しかもそれは遠くから、遠い場所あるいは今まで接点がなかった遠い存在から入ってくる依頼です。

そのスケール感に驚くかもしれませんが、怖がらず自信を持って引き受けてください。

大きな仕事をする上で、手が回らないような小さな仕事がまだ手元に残っていたら、人にヘルプをお願いしましょう。

丁寧に優しい口調でお願いし、引き継げば、嫌がられることはないはずです。

メールの返信は素早く!

自信……自分を信じることも大切ですが、依頼してくれた人、それを一緒に行う人を信じるということが、今月はとても重要になってきます。

相手に対して不信感を持つと敏感に感じ取られ、相手側もこちらを疑い始めます。

迷ったり、忙しいということもあって、返事が遅れるとチャンスは逃げますので、注意してください。

メールや電話の返信は素早くそして言葉は丁寧にを心がけること。

会って話そうということになったら、仕事はもちろんプライベートなものでも、できるだけそのミーティングには参加し、しっかりと関係性を築きたいものです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運もとても好調です。

しばらく連絡を取り合っていなかった友人知人から連絡があったら、できれば会い、難しければメールやテレビ電話で密に連絡を取ってください。

ここから恋のチャンスが生まれそうです。

金運ですが、先にお話ししたような仕事を成し遂げたぶん、その報酬があるでしょう。

しかも後々更なる成果が生まれ、もっと大きな収入は後々入ってくるはずです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、さわやかなグリーンとパールカラーの組み合わせです。

パールは、そのものを身につけてもいいでしょう。

人からの信頼度を高める働きがあります。

ラッキーパーソンは、女性経営者です。

女性経営者からの仕事の依頼や会食などの誘いは必ず引き受けましょう。

あなたを高みへと運んでくれます。

ラッキーフードは、冷たい天ぷらそば。

忙しい時でも比較的さっと食べられ、パワーを与えてくれます。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※7月の全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク