【九星フラワー占い】三碧木星の7月は「それって、誘惑されているかも⁈」

60通りある干支の中で今月は癸未がめぐってきています。
この癸という字は、雨を意味していますので、もしかしたら今月は雨が多い1カ月かもしれません。
今月、この私たち人間の世界に強く影響する星は三碧木星。
これは朝日、光を意味する星です。
雨が降る暗い日であっても、光を見つめるこれが今月の最大のラッキーアクションとなります。
朝日ですから、復活の意味がありますし、コロナ流行で沈みがちだった社会が、少しずつ光を取り戻していく、そんな1カ月になることを願って、今月の運勢を読み解いていきたいと思います。
※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

追い風はやんでしまうけれど……

先月は、思いがけないトラブルがあったものの、追い風があって、やりたいことをある程度理想通りに行うことができたのではないでしょうか。

7月はその風が止まってしまいます。

風がないなら自力で、と焦って無理やり動いたりしないでください。

今月は、立ち止まって自分の気持ちや状況、そして周囲の人たちの思い向き合い、これからどのように過ごし、人と向き合っていけばいいのかをきちんと考え、足元をガッチリと固める時期です。

おいしい話には要注意!

それなのに、こんな時に限って動き出したくなるようなおいしい話が舞い込んできたりします。

まるで試されているかのように。

とてもいいお話に聞こえますが、ここで動いても実入りは少ない、あるいは疲労するだけで何も得るものはないということになりそうです。

とくに一人で行動をすることは今月は孤立を招くことになり、自分だけでも利益を得ようとバタバタ動けば仲間を失うという恐れまであるので注意してください。

不安にふたをしていると、口の中に……!

さて、自分の足元を固めるということですが、今、あなたは生活も仕事もうまくいっているように見えるかもしれません。

けれども本当は不安を感じていたりするのではないでしょうか。

そういうものに限ってきちんと見直すと、足りないもの、やりすぎていることがボロボロと見つかったりします。

今月はそれを是非軌道修正してほしいのです。

その不安にふたをして、愚痴や文句ばかり言っていると、歯や口の中のトラブルとなってあらわれそうです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、出会いは期待ができます。

新しくし出会ったその人や、元々恋人はいるならその恋人と、食事をする時間を持ちましょう。

楽しく過ごすことができるはずです。

金運は、できすぎた儲け話などが舞い込むかもしれませんが、ここで大きなお金を使うのはとても危険です。

儲かるどころか失いかねません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはピンクとブラウンカラーです。

部屋着などで使うと、ひとりの時間に、物事しっかりと考えるパワーがえられます。

ラッキーパーソンは、昔からの女ともだちです。

複数の女性の友達と食事をするなど、交流をし仲を深めましょう。

あなたの足元、根っこを強くし、不安を消しさることができます。

ラッキーフードは、いちごヨーグルトドリンクです。

人との協調し、孤立を防いでくれる働きがあります。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク