痛い!ツライ!「頭痛」を撃退する身近な食材活用術

気圧の変化やホルモンバランスの不調、寝不足や寝すぎなど生活リズムの乱れなどなどで引き起こされる頭痛。さらに風邪気味など体調が不良のときにおこるものもあれば、肩こりや腰痛などが原因の場合も。慢性的なものを抱えている人も多いはずです。意外と悩んでいる人が多くて、深刻なのが頭痛ですが、あまり薬にばかり頼るのも考えもの。今回は、身近にある食材でできる頭痛軽減テクをご紹介します。え!そんな方法が!というものも!

 

まずは冷えなどでおなじみの「しょうが」

冷えや食欲増進、抗菌作用などで知られる「しょうが」。本当に万能な食材ですが、ご多聞にもれず、しょうがは頭痛にも効果大。特に生のしょうがではなくて、乾燥させたしょうががおすすめです。食治研究家の田村哲彦先生によれば、乾燥させたしょうがは乾姜(かんきょう)と呼ばれ、特に蒸して乾燥させたしょうがは、より薬理作用が濃縮されるのだそう。

特にこの乾燥させたしょうがは、冷えからくる頭痛などに効果的。ほかにも下痢や、生理痛などにも有効です。

乾燥させたしょうがはパウダー状になったものが市販されています。お湯に溶いてはちみつなどと一緒に飲んだり、料理に使ったり。とりささみと炊いたおかゆにちょっとプラスするのもおすすめです。

 

今が旬!積極的に食べたい「大根」

続いて、おすすめなのが、おなじみの「大根」。季節を問わずいつでも手に入れることができますが、冬の今が旬。大根おろしなど生でも、鍋やおでんに入れても、また炒めてもおいしくいただける優秀食材です。

大根は消化を促進することでよく知られていますが、実は食物繊維も豊富。特にリグニンとよばれる成分を多く含み、有害物質の排出を促進してくれます。これにより頭痛はもちろん、かぜ、声がれ、せきなどにも有効と言われています。便秘からくる頭痛には得に有効です。

また、食べるだけではない方法にも有効なのがこの大根。まず大根をすりおろして、汁だけとりわけます。そしてそれをスポイトで吸い取り、鼻の穴にたらすと頭痛が緩和されます。だまれたと思ってぜひ!試してみてください。

 

最近話題の「ねぎ」はかぜからくる頭痛に!

 

ねぎの白い部分と青い部分の中に入っている透明なとろっとした液体が、身体にいいということで最近注目を浴びているのが「ねぎ」。漢方ではかぜの特効薬として知られており、悪寒や発熱などに効果を発揮します。

ただそのままではなかなかたくさん食べられないものですが、豚肉と炒めたり、煮込んでスープにすると、食べやすくなります。またマグロや貝などと酢味噌あえにするのもおすすめです。

かぜからくる頭痛の場合はねぎにしょうがと黒砂糖、水を加えて煮込んだものを飲んだり、ねぎの白い部分と青じそに水を加えたものを煮詰めたものを飲むのが効果的。また、食べるのが苦手、という人はねぎとしょうがの皮、酒かすをまぜてあたためたものをひたいに貼ると頭痛がやわらぎます。

 

身体の不調に役立つ食材情報が満載!

食治研究家・薬剤師の田村哲彦先生によるこの本には、女性ならではの悩みや、ちょっとした不調などに役立つ情報が満載!食材ごとのレシピも充実しています!

からだに効く食べ物事典/田村哲彦 主婦の友社 1100円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天ブックスはこちら

 

 

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その下半身太り、実はおしりの冷えが原因!? 5分で解消するテク3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

10秒で肩こり解消と話題の「肩甲骨はがし」とは?

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだあつこ…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

坂東眞理子さん他が語る「魅力ある女性の生き方」とは?

3月8日は国連が定めた国際女性デー。渋谷のヒカリエでは「HAPPY WOMAN FESTA 2017」というイベントが行われました。当日は、終日に渡って女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが開催されました…

キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが終日に渡って開催され…

薬剤師がオススメ! つらい花粉症を乗りきる「3つの食材」

とうとう本格的にスタートした今年の春の花粉症。今年は、西日本は多めで東日本は例年並み、などと言われていますが、いずれにしても花粉症の人にとって今の時期は本当にツライもの。病院に行って薬を処方してもらっ…

気になる肌の乾燥はこの3大食材で、ぷるぷるに!

今の季節、肌の悩みといえば、なんといっても乾燥です!スキンケアタイムには、保湿クリームを塗ったり、お風呂上がりにマスクをしたり、こまめに乾燥対策をしていても、やっぱりカサカサ……という人も多いのでは?パ…

40代の疲れ目・ドライアイ・かすみ目・老眼を改善する食べ物は?

「疲れた~」というときに、肩や腰に違和感や痛みを感じる人は多いと思いますが、それと同様に、「目」に疲れがくる人も結構多いのではないでしょうか? 特に年齢を重ねてくると、視界がぼやけたり、ピントがすぐに…

お腹ポッコリな「便秘」を解消!3つの優秀食材はコレ

食生活の乱れや運動不足はもちろんのこと、朝忙しくてゆっくりトイレに行く時間が取れなかったり、生理前など、ホルモンの周期やバランスによってもひきおこされるのが便秘。男性よりも女性に多くみられ、放っておく…

パンパン脚をなんとかしたい! 「むくみ」を解消する3つの食材

1月もそろそろ終わり。2017年もスタートしたらあっという間におわりそうですが、新年会などが続いたりして、なんとなく身体が「むくんでいるかも」、と感じている人も多いのでは?いつもの生活より、多く水分(もち…

イライラしたときに! 「心をリラックス」させる3大食材とは?

生理のサイクルなど身体の内側からのものが原因だったり、仕事や人間関係など外的なものが要因だったり、オトナサローネ世代にとって、日々イライラすることはつきものです。でも、それを食材で解消することができた…

正月太りなう。でも「どうしても肉な日」の3大おすすめ肉とは?

今日で正月の休みが終わり、という人も少数ながらいることでしょう。お正月の間、「2kg太った…」「気づいたら3kg…」などの声も聞こえてきます。なのに、これからまだまだ新年会が続きます。どうしても都合で肉を食べ…

手足が冷たくてツライ! 「冷え」の悩みを改善する3大食材とは?

手先や足先の冷えは、女性の身体にとっては最大の敵! といっても過言ではないくらい悩ましい症状です。特に今の季節は、布団に入っても足が冷たかったり、お風呂に入ってもなかなか手足が温まらなかったりと、つら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事