もしかして「3Dブス」になっていませんか? 【ブス度チェックテストつき】

「3Dブス」という言葉をご存じですか? 写真という2次元(2D)で見たときは絶妙な角度で可愛いのに、リアルという3次元(3D)で会うとガッカリするという詐欺盛りブス……ではありません。まぁ、これもある意味そうかもしれませんが……。3Dブスとは、外見の美醜をいっているのではなく、むしろ内面的なこと。あなたも当てはまっているかもしれない3Dブス。まずはチェックテストをやってみましょう。

 

あなたはどれ? 3Dブス度チェックテスト

以下の3つの質問に対して、あなたが普段、どちらかといえば言いそうな答えをAかBで選んでください。

【第1問】  突然、中学時代の友人から電話があり「同窓会あるんだけど来ない?」と聞かれました。そのときあなたはどう答える?

A.行く行く! いつやるの?

B.ホント!? でも、誰が来るの?

 

【第2問】 芸能人のロケ現場に遭遇。NO PHOTOと書いてあるけれどみんな撮っているのでスマホで撮影をしていたあなた。すると警備員から注意を受けました。どう答える?

A.すみませんでした(と言って撮影をやめる)。

B.だって、みんな撮影してるじゃないですか。

 

【第3問】 むずかしいと評判の新規クライアントへの営業に、後輩と一緒に行くことになりました。行く途中、あなたが後輩に言いそうな言葉は?

A.手強い相手だけど、プラン次第ではなんとかなるかも!?

B.どうせ私たちが行っても無理でしょ。時間のムダじゃない?

 

チェックテストでわかるあなたのブス度とは?

Funny woman with violin say shut up

あなたが選んだAとBがの数をそれぞれ数えてください。その数で、あなたの「内面的な」ブス度がわかります。

◆Aが3つだった人=ノーD美人

思考回路の中に3Dはあまりなさそうです。きっとメンタル美人なかたでしょう。

◆Aが2つ、Bが1つだった人=1Dちょい美人

内面的なブスさ少ないほうでしょう。メンタル的にはちょい美人なかたです。

◆Aが1つ、Bが2つだった人=2Dちょいブス

ちょっと心がお疲れなのかもしれません。リフレッシュが必要かもしれません。

◆Bが3つだった人=3Dブス

残念ながら3Dブスです。肉体的にも精神的にも、相当な疲労がたまっていますね?

 

つまり、3Dブスとはこんな人!

Blonde hipster girl showing stop gesture

お気づきのかたもいるかもしれませんが、3Dブスとは「でも・だって・どうせ」といったD言葉をよく使う人のこと。メンタル的にネガティブ志向な人のことです。「でも・だって・どうせ」という言葉のあとには、たいてい否定的な表現が続きます。自分の行動の言い訳だったり、相手のことを否定する内容だったりするのです。

このD言葉を使う人は、きちんとした反対意見があるわけではなく、ただ単に否定しているだけで重箱の隅をつつくように文句を言うタイプ。心の奥底では肯定せざるを得ないと思っているのになぜか一度否定してしまう。小さなことに反対意見を言ったり、陰で不平不満を言うことが多かったり……思考回路が基本的にネガティブなのです。

 

無意識で使っていませんか?

D言葉は、簡単にいえば相手の言葉を否定しています。人は否定されるといい気持ちはしませんよね? もしあなたがD言葉を無意識に使ってしまっているとしたら、だんだん周囲から誘ったり頼んだりしにくい相手だと思われてしまうでしょう。もし、「でも」が使いたくなったら、「すみません」という言葉で前置きしてみてください。すると、ただ否定するのではなく、具体的な解決策を提案することができます。

たとえば、「今日中に仕事を済ませておいて下さい」と、頼まれたとします。「でも」あなたは疲れているのではやく帰りたい。そのとき「でも」と言ってしまうと「今日は疲れているから」と続いてしまいますが、「すみません。」と前置きすると、「今日は疲れているので、明日早めに出社して、午前中に仕上げたいと思いますが、どうでしょうか?」というように言葉が続きます。

 

おブスな表現はD言葉だけじゃない!

「でも・だって・どうせ」だけでなく、否定的な接続詞から始まる言葉は、基本的に相手を否定しています。「っていうか」「そうはいっても」「それはそうだけど」……などなど、Dから始まらない言葉でも否定表現はたくさんあります。

知人に、何かと「というよりも」を連発するかたがいるのですが、なんとなくその人と会話したあとに少し疲労感を覚えることに気づきました。なんでだろうと考えたところ、つまり自分の言葉を何度も否定されていたからなんですよね。それに気づいてから、他人のふりみて我がふり直せ。自分自身がD言葉を使っていないか気をつけるようになりました。外見はさておき、せめて内面くらいはブスを回避したいですから。

「でも・だって・どうせ」などのD言葉。あなたも無意識に使っていませんか?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事