子なし女性が「突然ママと呼ばれた」3つのビックリ話

 

自分の子どもが初めて「ママ」と口にした日のことを、母親なら覚えているだろう。

 

自分は子どもを産んでいなくても、養子を迎えて家族になったり、前妻の子がいる人とステップファミリーになった場合は、その子どもの母親になることがある。実子ではない子どもから初めて「ママ」と呼ばれたら、きっと嬉しいに違いない。

 

一方、生涯子どもを持たない選択をした“おこなしさま”は、ママになることはない。よって、ママと呼ばれることもない。そう思っていたのに、突然「ママ」と言われて驚いてしまった・・・。

 

1. 小さい子に間違えられて戸惑った瞬間

ある日、スーパーで買い物をしていると上着の裾をクイクイと引っ張られた。何かと思って振り返ってみると、「ママ、これ買って」と小さな女の子がいた。目が合った瞬間、女の子は恥ずかしそうに猛ダッシュで走り去っていった。後姿が似ていたのか、ママと間違えたみたい。

 

私も買い物中に知らない人を友達と間違えて、話しかけてしまったことが何度かある。人違いしたときの恥ずかしさは、トイレに人が入っているのに扉を開けてしまったときのように気まずく、その場から立ち去りたくなってしまう。

 

そうかと思えば、他人が勘違いしてしまうケースもある。

「ママと離れちゃだめよ」と、母親とはぐれてしまった幼い子どもを親切なマダムが連れてきた。

 

「えっ、私、ママじゃないです」

顏が似ていたのか、単に近くにいたせいかは分からないが、ママと間違えられて慌ててしまった。その子は私を見てキョトン顏。間違えたマダムは「あら、本当のママはどこに行ったのかしら」と、バツが悪そうにしていたので一緒にママを探した。

 

2. 仕事場で年下男性からまさかの・・・!?

仕事先で打ち合わせしていたときに、まさに想定外の出来事がおきた。

企画内容の話をしていて、私の意見を求めたかった年下の男性スタッフから、いきなり「ママは?」と聞かれたのだ。

 

「い、いま、ママって言った!?」

名前を呼ぶつもりが、うっかり「ママ」と言ってしまったらしい。私が若いときに産んでいれば、自分の子どもといってもおかしくない年齢差かもしれないけどさ。ていうか、普段、母親のことをママと呼んでいるの!?

 

いろんな衝撃が私の脳内を駆け巡っている間に、ママと呼んでしまった当人の顔は、茹ダコのように赤く染まっていた。

 

3. ペット業界では一般的な呼び名だった

ずっと憧れていた犬のいる暮らし。賃貸のときは飼えなかったけど、持ち家になってポメラニアンを迎え入れた。飼い始めの頃、犬を連れて散歩やペットショップに行って驚いたことがある。周りから「ママ」と呼ばれるのだ。

 

「ほら、ママが呼んでるよ」「やっぱり、ママが一番よね」

 

「いやいや、私は飼い主でママじゃない」

そう心の中で叫んだが、どうもペット業界では一般的に犬の飼い主のことをママ、パパと呼ぶらしい。

 

子どものときに実家で犬を飼っていたが、その頃は飼い主のことをママと呼ぶ習慣はなかったような・・・。いつからペット業界にママ文化が広がったのだろう。室内で飼う小型犬が増え、飼い主が我が子同然のように可愛がるようになったからだろうか。

 

子どもと同じで「〇〇ちゃんのママ」と呼んだ方が、便宜上いいこともあるけどね。犬は家族同然でかわいいけど、いまだに犬のママと呼ばれることに慣れないでいる。

 

生き方の多様化で呼び名はどうなる?

スーパーなどで「奥さん」と呼び止められると、独身の女性は「奥さんじゃないし」と内心思っている。子どもがいない“おこなしさま”は、「ママ」と呼ばれても自分のことだと思わないので振り向かない。

 

近所の魚屋さんの前を通ると、「お嬢さん」と呼び止められる。もうお嬢さんの年齢じゃないと思いながら、まだお嬢さんの枠に入れてもらえるのかと、ちょっぴり喜んでいた。それが何度か通っているうちに気がついた。魚屋のご主人は、年齢関係なく全員もれなく「お嬢さん」と呼ぶ、みのもんたさん方式だった。

 

飲み屋の呼び込みで男性に「社長!」と声をかけるように、女性の共通名称として「お嬢さん」と呼んでいたのだ。未婚化、少子化が加速している日本では、年齢を重ねても「奥さん」や「お母さん」にならない女性が増えているから、誰にでもあてはまる呼称名称は難しい。

 

ママになることは永遠にない女たち

とくに子どもがいない“おこなしさま”は、普段呼ばれることがないのでママと言われると戸惑いと同時に、こそばゆくなってしまう。年齢=ママ歴ゼロだから、ママの名称が自分に馴染むことは永遠にゼロなのだ。

 

子どもを産まなかった女がママになれるとしたら、あとはスナックのママくらい。こっちのママなら、今からでも目指せばなれるかな。どっちのママも相手のお世話が大変だけどね。

 

 

子なし女性が「突然ママと呼ばれた」3つのビックリ話 【おこなしさまという生き方 Vol.36

スポンサーリンク

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事