「君、オバサンだったの?」彼家デートで幻滅されるNG行動

外での飲食の機会が減り、特に都内の方は他道府県への旅行も難しい。というわけで最近、家デートの機会も増えてきているのではないでしょうか。おいしいレストランの料理をテイクアウトして、家の中で食べるのも楽しいですよね。

家デートが増えると、来てもらうだけではなく彼の家にお邪魔することもあります。彼の生活を間近で見られるので、家に行く機会は大事にしたいもの。ところが……潜在的オバサンはテンションが上がりすぎ、もしくは通い慣れてリラックスしすぎで、彼を失望させるヤバい行動をしちゃうことがあります!

今回は、男性の友人や仕事仲間の協力を得て、自宅に彼女を招いたときにどんなことをされたら引いちゃうかを調査しました。うっかり、それっぽいことを彼の家でやっちゃっていないか、一緒にチェックしていきましょう。

 

彼家でのNG行動1:冷蔵庫を勝手にあける

彼の家にちょっと慣れてきたときにやりがちな行動が、冷蔵庫を勝手にあけてしまうこと。キッチンは女性のテリトリーなんていう言葉もありますが、ここは彼の家。キッチンも冷蔵庫も、彼のテリトリーです。勝手に手を出してはいけませんよね。

気を利かせて飲み物を用意しようとするのか、世話を焼こうとすると料理に走りがちなのか……。いろいろな理由が考えられて、いずれも悪気はまったくないものと思われますが、他の人のテリトリーに踏み込みすぎるのはオバサンな行動です。自宅ではないんだと肝に銘じておくべきですね。

 

彼家でのNG行動2:許可のない部屋に立ち入る

彼の生活が見られるということで、家でのデートはテンションが上がりますよね。そこで「この部屋ってなに?」といった感じでバタンとドアをあけてしまうのはNG!

ひょっとしたら、見られたくない部屋かもしれません。彼女が来るということで、慌てて片付けた痕跡が残っていたり、テレワークのために家族にすら見せられない資料が置いてあったりと、見られたくない理由もいろいろ。そもそも、許可を得ずに人の家を探索するのはあまりにも失礼です!

彼に甘えるつもりで、上がったテンションのままやってしまうのかもしれません。とにかく、お邪魔する前に一度落ち着くことが大切です。

 

彼家でのNG行動3:持ち物の趣味に口を出す

彼の家では、外には持ち出さない食器や部屋着などの持ち物を見ることになりますよね。「こんなものを使ってるんだ」と、また新たな一面を知ることができてうれしいことです。

ところが。はっちゃけて「彼の家を私の色にしちゃおう!」のようなマーキング精神で、彼の持ち物に口を出してしまうのは踏み込みすぎのオバサンです。「これ使いにくくない?」「別の色のほうがいいじゃない」「買い換えてあげようか?」といったように、持ち物を否定されるとセンスを否定されたような気持ちになってしまいます。

たとえ一緒に暮らすようになったとしても、彼のものは彼のもの。そこは、お互いに尊重していかなければなりませんね。

 

彼家でのNG行動4:勝手に自分のものを置いていく

自分の持ち物で、彼の家を少しずつ浸食していく行為。無断でやるのはよくないですね。彼としては、ひょっとしたら浮気でも疑われているのか……? なんて思ってしまうかもしれません。ドラマなどでよくある、別の女性に自分の影を匂わせるために、アクセサリーなどを落としていくという作戦ですね。そこまで考えてやっているわけではないとしても、明らかに忘れ物ではないものが置いてあったり、こっそりと少しずつものが増えていったりしたら、彼としては気分はよくないでしょう。

近々また来る予定があって、面倒だから部屋着を置いていくくらいはよくあることですね。その場合も、家主である彼の許可をもらう必要があります。スペースを借りる、という感覚で考えなければいけません。

 

彼の家でやったらまずい行為は、総じて彼のテリトリーを侵すものですね。お付き合いをしていても、踏み込みすぎはNGです。よい距離を保ち、楽しい家デートをしたいですね!

 

(イラスト/うた まさぽ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク