コレできてる?彼から「本命彼女」に選ばれるお泊りデート中の行動

40代にもなればそれなりに金銭的余裕があり、まずは気になる男性と1日過ごしてみてお互いの相性を探ったり、コミュニケーションを通して関係性を築くのも恋愛の仕方の1つになると思います。

相手のことがよくわかるお泊りデートだからこそ、その日の行動で本命彼女になれるかどうか決まってしまうことが多いでしょう。どのように振る舞えば、彼を射止めることができるのでしょうか?

 

①朝のちょっとした配慮

「ちょっとした配慮をするかしないかで大きな違いが出ますね。僕より少し早く起きて朝シャワーを浴びて僕が起きるのを待っているとか、コーヒーを入れてくれているとか、まだ寝ている僕を優しく撫でてくれているとか。いつもそんなことをしていて欲しい訳じゃないんです。

ただ最初くらいはこういうちょっとした配慮があっていいんじゃないかと思うんです。エッチだけの関係じゃないんだよと。大切で愛おしい気持ちなんだよということが行動で伝わるとこちらも同じ気持ちになりますよね」(39歳/男性)

 

②最低限は片付け

「彼のおうちにお泊まりなら、最低限自分の使ったものはきちんと片づける、トイレやお風呂は毎回軽くでも掃除する、そういう基本の気づかいには気をつけて。自宅のつもりで過ごしていると、意外と出来ていないものです。

家主から見ると、物の位置ひとつとっても違っていると気になったりするから…。そんなささいなところで自分の評価を落としてしまうのはもったいないですよね。せっかくのお泊まりデート、素敵な思い出にするためにもちょっと心がけてみてくださいね」(45歳/女性)

 

③価値観をすり合わせて線引きできる

「コロナウイルス流行で、別れてしまった人、逆に絆が強まり、本命になった人の違いに注目すると、お泊まりデートでのベストな行動がわかるかもしれません。不透明な状況下で瞬時の判断が求められることが多く、恋人同士はお互いを支えあい、お互いを必要とできるかどうかが試されています。

お泊まりデートはお互いの価値観や生活パターンのすりあわせの方法を見つけるいい機会ですね。ひとりでいるよりも中長期的に共に暮らしたいと思える本命彼女になるには、お互いの本心をストレートに言葉にできて、ちゃんと線引きすることではないでしょうか(47歳/女性)

 

結婚生活を送った場合に安心できるような気持ちある女性か、そして現実的にストレスなく過ごせるかという点が、お泊りデートで見極められているポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク