「また泊まりに来て♡」お泊りの翌朝に女性が置いていくと男性が感動するもの

彼のおうちに呼ばれた時、お礼として何かしたい気持ちがある女性は多いのではないでしょうか。男性の心にグッとくる行動ができれば、彼も積極的におうちへ呼ぼうと思ったり、ますます女性にはまってしまうかもしれません。そこで、男性たちに感動した女性たちの置いていったものを聞いてみました。

 

①ちょっとした手紙

「『一緒にいられてとても楽しかった』とか『また同じ時間を過ごしたい』とか何でもいいんですけど自分といることが嬉しい気持ちを伝える手紙がさりげなく置いてあるとすごく感動します。

いきなり次も泊まる前提でパジャマとか歯ブラシとか置かれるのも嬉しいですが、それよりもなんか控えめな感じにキュンとなりますね。次はパジャマ置いときなよってこちらから言っちゃいます」(45歳/男性)

 

②また来るための荷物

「大好きな彼女がついにうちにお泊まり!そうなったら、自分も居心地よくして喜んでもらおうと努力します。その気持ちが一番報われるのは、また泊まりに来たいと感じてくれたことがわかったときです。具体的には、歯ブラシとかヘアクリップといった毎日使う生活必需品アイテムをさりげなく残していくとか。

テリトリーを侵されたくない男性にはしない方が良いですが、『置いていってもいい?』と許可を取ればあっさり許す人は多いと思います・当たり前のような『また来るね』のサインに、お迎えする側としては喜んでもらえたのを実感できて嬉しくなっちゃいます」(40歳/男性)

 

③彼が日常的に使えるもの

「日常的に使うもので、かつ、少しだけ高級なものを置いていってくれる彼女に、感謝の気持ちを感じて嬉しくなります。イメージとしては、自分では買わないようなお菓子やドリンクです。

そのまま飲んでもコーヒーに入れても水割りに使ってもいい高めの値段の水とか、数は少なくさりげないけれど美味しい食べ物とか、少量だけど少し高級な石鹸とか。大事な人からもらったものは捨てられないという方もいるので、残ってしまうものは負担になるかもしれませんが、消耗品なら気兼ねなく使えると思います」(47歳/男性)

 

お泊りデートが楽しかった、また来たいということが伝わるものを置いていくと、男性も嬉しくなってしまうよう。感謝の気持ちとともに、ものを置いていくと一生喜ばれるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク