カレを自然にデートに誘う3つの魔法メール

占いを依頼されるお客様は、しばしば「もっと早く恋を進展させたい!」と焦っています。こればかりは相手のお気持ちやテンポもあるので、自分の思うようには進まないのがつらいところ。

 

そんな時、先を急ぐあまりにメールでいきなり告白してしまう人が、実は結構います。大切な恋の告白は、やはり直接顔を見て伝えたほうがいいのですが、彼が忙しくてなかなか会ってもらえないとこうなってしまいがち。ここはなんとかガマンして、まずは会ってもらいましょう。彼と会うための魔法のメールテク、お伝えします。

 

「明日、近くに行くことになったんだけど」

 

なんとか恋を発展させようと、待ち伏せたりして無理やり相手と遭遇しようとする人がいますが、一旦冷静になりましょう。あなたは彼に一刻も早く会いたいのでしょうけれど、彼はそうではないのです。心の準備ができていない彼のところに押しかけたら、相手はあなたに操縦されているように感じ、かえって心を閉ざして場合もあるので慎重な行動が必要です。

 

偶然近くに行ったんだからいいじゃない?と主張したくなるかもしれませんが、「今、あなたの会社の前!」などと唐突に連絡したら、ビックリさせてしまいます。「明日、近くに行くことになったんだけど、渡したいものもあるし、ちらっと会えたら嬉しいな」などと前日までに連絡をしておくことをおすすめします(直前の場合、彼はすでに別の予定が入っているかもしれませんが、それは覚悟しておきましょう)。

 

「相談したいことがあるの」

 

彼を誘うときについついしてしまいがちなメールが「ちょっとお茶しない?」というもの。もしくは「よかったらご飯でも」というものです。もちろんそうした誘いに応じてくれる男性もいますが、一部の疑い深い男性は「何が目的なのだろう」と警戒してしまいます。ただ会ってお茶をするだけ、という感覚が理解できないのです。

 

なので何らかの理由をつけたほうが、安心なのです。先ほどの「渡したいものがあるの」でもいいですし(渡すものは旅行のお土産など)、例えば「相談したいことがあるの」なども、頼られているような気がして嬉しいようです。「仕事について」「転職について」など、何についての相談かも明記したほうがいいでしょう。

 

「一緒に行ってもらえませんか」

 

男性は、女性のボディーガードになりたがるもの。一人では行きづらいことに同行をお願いするのもいいでしょう。例えば何かのライブ、それから美味しそうな飲食店なども、誘いやすいかもしれません。映画や遊園地のチケットを2枚もらったので一緒に行ってもらえませんか、も自然だと思います。

 

これらの誘い文句は、すでに彼と何度かメールのやり取りをしたことがあるケースで想定していますが、彼との親しさの度合いはケースバイケース。最適な誘い言葉になるよう、上手にアレンジしてお使いくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク