【クイズ】東宝って何の略だか言える?意外に知らない!

ゴジラやドラえもんの映画や、演劇製作の会社「東宝」。

 

「東宝」は何の略でしょう。

 

あの劇場がもとになりました。

答えは「東京宝塚」です。

 

「東宝」は「東京宝塚」の略。阪急電鉄の創業者であり、宝塚歌劇団をつくった小林一三(いちぞう)が1932(昭和7)年に株式会社東京宝塚劇場を設立したのがその始まりです。劇場は1934(昭和9)年に開場し、その後も帝国劇場を所有するなどして日比谷一帯を傘下に納めることとなります。

また、1937(昭和12)年には東宝映画株式会社ができ、映画の製作・配給・興行および演劇興行の一貫経営に乗り出しました。戦後は黒澤明の『七人の侍』や『隠し砦の三悪人』、円谷英二の『ゴジラ』や『モスラ』などにによって隆盛を極めましたが、テレビの普及で映画は斜陽産業に。

そのなかで、1980年代半ばには「東宝シンデレラ」オーディション出身の斉藤由貴や沢口靖子の映画が人気に。「東宝シンデレラ」オーディションは3~6年のペースでの開催ですが現在も続いており、長澤まさみさんや、上白石萌音さん、上白石萌歌さん、浜辺美波さんなどがここから誕生しました。

一方、帝国劇場やシアタークリエでは、多くのミュージカルスターがその才能を発揮し、注目を集めています。

今後も、東宝はさまざまな楽しみを、わたしたちに与えてくれることでしょう。

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク