ホステスも実践している「脱・化粧崩れ」3つのポイント

春めいて、心も体もワクワクするこの季節。心配なのが、気温の上昇とともに崩れやすくなるメイクです。汗や皮脂によるファンデのヨレは悩みどころですね。でも大丈夫!メイクアップ時のあるひと手間が、その日のメイクのノリと持ちを左右するのです。

 

長時間、「キレイ」を強いられるホステスたちは、こんな裏ワザで対応しています

気温の上昇とともに血液循環が良くなる私たちの体。当然ながら、皮脂や汗の分泌が活発になり、化粧も崩れがちです。お客様に夢を与えるホステスたちが、汗まみれでは大変。メイクもちには常に気を配っています。

さて、そんなホステスたちの裏技は、

 ・冷やす

 ・潤す

 ・圧(お)す

 

まずは「冷やす」

化粧の美しさは、ベース作りが八割を握っていると言ってもいいでしょう。洗顔後の仕上げを、「冷水」にしてみる。これで緩んだ毛穴がキュッと引き締まり、化粧もちが断然よくなります。時間的に余裕がある時は、氷や保冷剤をタオルで包んで肌を冷やすのもいいですし、あらかじめ、冷蔵庫で冷やした濡れタオルを使うものいいですね。タオルで拭く際は、絶対に「こすらない」こともポイントです。過度の摩擦はシミの原因になります。

 

次に「潤す」

化粧水はたっぷりとつけましょう。水分が不十分だと、肌は「潤いが足りない」と判断し、逆に脂の分泌を活発にさせてしまうのです。化粧水を手(もしくはコットン)に取ったら丁寧につけて、最後は両手でハンドプッシュ。顏全体を覆うように、肌の奥まで十分に浸透させます。時間が許すならシートマスクで。乳液やクリームは、その時の肌の調子によって、脂っぽいTゾーンを控えめにする(もしくはTゾーン専用のサッパリタイプを選ぶ)など調節しましょう。

そして、忘れてはならないのが化粧下地。以前「CAの三大モテ色メイク」でもお伝えしましたが、下地は肌とファンデーション密着させ、化粧品の添加物が毛穴にたまるのを防ぐ「保護効果」もあるのです。

 

最後は「圧す」(おす)

「圧す」という言葉に、意外と思った方もいらっしゃるでしょう。実は、これ「汗止めのツボ」なのです。ツボは2つ。

・屋翳(おくえい) 乳首の上3~5cm。

・大包(だいほう) 腋下の中心線から約15㎝下(第6肋間)

 

このツボを指圧することで、顔とワキの汗の量が劇的に減るのです。1~3分間ほどプッシュしましょう。化粧崩れが許されない舞妓さんも「汗止め帯」として専用の紐を胸に巻いて、2つのツボを刺激しています。参考・汗止め帯 ノーマルタイプ M(amazonで見る)

舞妓さんに倣うと、苦しくない程度に「ブラジャーのホックをいつもよりきつくする」ことも一つの対策ですね。ただし、デメリットもあります。顔や上半身の汗は止められても、その分は下半身に回ってくることを知っておいてください。足元やボトムは涼し気な装いにするのがいいですね。

 

余談ですが、

口紅のにじみ対策は、一度フェイスパウダーを唇に叩き、油分をしっかり除いてから口紅を塗ると、持ちが良くなります。艶やかに仕上げたいなら、ラストにグロスをひと塗り。

いかがでしたか?

「冷やす」「潤す」「圧す」。美しいメイクで、気持ちのいい春を迎えてくださいね。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事