スキンケアコットンの正しい選び方4か条

当たり前のように使うけれど、なくなってしまうと不便に感じてしまうものといったら、コットンではないでしょうか。使い捨てるものだから、つい適当に選んでしまう方も多いでしょう。

でも、正しくコットンを選ぶことは満足できる美肌を約束してくれることも事実なのです。そこでコットン選びの4つのポイントをご紹介します。選ぶ基準さえわかってくれば、自分向きのコットンを選べるはずです。

 

安すぎるコットンは逆に損をする

デフレの原因だとは言え、安く買い物ができるのはお得な気分にさせてくれます。確かに現在は「安かろう悪かろう」というものは減っていますが、コットンに関しては安すぎるものは逆に買う頻度が上がり、高くつくことがあるのです。

 

低価格すぎるコットンは1枚当たりが薄く、また化粧水などを含む量が少なくなってしまいます。すると枚数を多く使うことになってしまうので、スキンケアで使用する枚数が多くなり、減るのも早い。つまり頻繁に買わなければならなくなるのです。

安すぎるコットンの品質が悪いというよりも、1枚1枚が薄く頼りないため、使用量を含ませるにはコットンの枚数を多く使わなければならなくなるわけです。いくら価格が安すぎるほどでも年中買う羽目になれば高くついてしまうのです。

 

スキンケアで化粧水を使う際に選ぶコットンの価格の目安は200円強が使いやすい品質を選ぶ基準です。化粧水などの液体状になっている化粧品を決められた量しっかりと含んでくれますし、肌触りもかなり優しく使い心地の良さを約束することになります。

 

なじませる目的と拭き取る目的のものがある

普段、コットンを使うのはどんなことでしょうか。化粧水を含ませてなじませる、アイメイクを優しく落とすために使う、といったことなどが多いのではないでしょうか。また角質ケアのために拭き取り化粧水を使うため、という方もいるでしょう。

 

ここでちょっとわかってくるのではないでしょうか。そう。コットンには「なじませる目的」のタイプと「拭き取る目的」タイプがあります。「なじませる目的」のタイプなら肌に柔らかくフィットしますし、「拭き取る目的」のタイプならさっぱりした肌触りです。

 

出回っているコットンのパッケージにこれらの用途が記載されていることも増えていますから、それを基準に選ぶこともおすすめの選び方になります。目的に合わせたコットンは、それだけ満足できるスキンケアを実現させてくれるのです。

 

よりよい素肌へと整えていくため、コットンも進化を続けています。アラフォーになっていけば、それだけ肌をよりよく保つ手間がかかりますよね。新しい美容液を追加することもいい方法ですが、コットンを使い分ける手間もいい方法の1つなのです。

 

セルフネイルを欠かさないなら覚えておくべきこと

最近はネイルサロンでお手入れをお願いする方も多くなっています。しかしセルフで新色のネイルカラーを楽しむことが自分を労わりリラックス方法であったり、きれいになろうとするモチベーションを支えてくれたりする方もいるのではないでしょうか。

 

ネイルカラーを楽しむ場合、落として塗り替えることも重要なステップですよね。ここでもコットンは欠かせないアイテムとなります。爪に負担をかけず、するっと落とせるコットンを選ぶなら、不織布で包まれているコットンが使いやすいタイプです。

 

リムーバーをたっぷり含ませてネイルカラーを落とす際に、爪に嫌な毛羽が付きにくく、ネイルカラーを落としやすくしてくれます。素早く落とすことも重要ですが、爪につくコットンの毛羽を落とす手間を省くことも爪のおしゃれには課題になると考えましょう。

 

なお、コットンだけで落とせなかった部分のネイルカラーは綿棒にリムーバーを含ませて、優しく撫でて落とすことをおすすめします。スティックにコットンを絡めて落とす方法は慣れるまでは難しく、落とすために力を入れると傷める危険もはらんでいるからです。

 

素材にこだわって選ぶのもアリ!

アラフォーに入ってから肌の乾燥が始まった、あるいは敏感肌気味になってきた、という方も増えてきます。こうした肌悩みであればコットンの素材にこだわってはいかがでしょう。花粉症の季節だけは肌に優しいティッシュペーパーを選ぶこと同じ感覚です。

 

肌への安全さや柔らかさを追求したオーガニック素材のコットンやコットンの素材そのものに保湿成分を加えてあるもの、スポンジ並みに化粧水を含ませる機能があるものなど、キメ細かい配慮がなされているコットンも増えています。

こうした素材にこだわりのあるコットンは確かに通常のものより、若干割高です。しかしそれだけ満足感の高い使い心地であり、肌悩みに応えられる機能性も高くなっています。いくら割高とはいえ、化粧水を買い直すより安い価格でもあるのです。

 

毎日使用するもので、消耗品であるからこそ、逆に少し費用を割くことも、よりよい素肌を保つポイントともいえます。コットンを正しく選ぶだけで、現在抱えている肌悩みがなくなっていくこともあるわけですから、少し費用を割いて選び直してみませんか?

 

正しくコットンを選ぶ4つのポイント

 

1.低価格すぎるコットンを選ばない。

2.目的別にコットンを選ぶ。

3.ネイル用には不織布で包んだタイプを選ぶ。

4.肌悩みがあれば素材を吟味したコットンを選ぶ。

 

地味な存在のコットンですが、肌を支える大事なアイテム。上手に正しく選びましょう。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事