【クイズ】ハイテクって何の略だか言える?意外に知らない!

最近「ハイテク」という言葉をあまり耳にしなくなったのは気のせいでしょうか。

 

「ハイテク」は何の略でしょう。

 

スニーカーもハイテクでした。

答えは「ハイ・テクノロジー」です。

 

「ハイテク」は「ハイ・テクノロジー(High-Technology)」の略。もともとは先端技術のことで、なかでも電子回路や情報処理に関連する応用技術体系を指します。対義語となるのが「ローテク(ロー・テクノロジー)」です。

ハイテクという言葉は日本では1980年代前半より使われ始めました。1990年代に以降はコンピュータの普及とともに、情報処理関連の概念も加わってきています。現在ではエレクトロニクスに加えて、情報処理技術を含めてハイテクと呼ぶようです。技術の移り変わりが激しい昨今、わざわざ「ハイテク」という言葉を使う機会が減ってはいますが、まだまだ死語ではありません。

ハイテクを身近な言葉にしたひとつが、90年代に一世を風靡した「ハイテク・スニーカー」です。ナイキやリーボックから発売され、ゴツゴツした見た目と高いクッション性の高級スニーカーは大人気となりました。その後ブームの終わりによって、ダサいグッズとみなされる傾向にありましたが、最近は現代版のハイテク・スニーカーがまた再びはやり始めているようです。

技術が進んで家庭に普及すると、ハイテクグッズもとたんに単なる便利グッズになることも。それでも次世代のハイテク商品を、わたしたちはいつも待ち望んでいるもの。なんとも不思議な人間の性です。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク