おしりの冷え、セルライト、生理痛……5分で解消するお手軽ケア3種!

体の疲れや悩みには個人差があるとはいえ、そこには大きな共通の原因もあります。

動かさないから冷える → 冷えるから代謝が落ちて太る → 太るから動かすのが億劫になる → さらに冷える…… という、エンドレスの悪循環。

動かして温める → 温まるから代謝が上がってスマートになる → スマートになったので動くのが楽しくなる → さらに温まって美しく健康になる! という流れにチェンジする方法とは……!?

 

冷えたおしりを温めたい!

以前の記事でもご紹介したように、おしりというのは脂肪が多いため、とても冷えやすく、温まりにくい場所。

もちろん、脂肪だけでなく「大臀筋」という大きい筋肉もついていますが、そのわりに血管は細くて数が多いのです。

つまり、冷えるとたちまち血行が悪くなりやすく、代謝も落ちて、下半身太りやセルライト、生理痛、便秘、腰痛、足の冷えやむくみにまでつながっていきます。

冷たいおしりを温めるために、今日からすぐできることとしては、

・仙骨(=おしりの真ん中あたりの、平らな逆三角形の部分)をカイロで温めたり、握りこぶしの背でグルグルとマッサージする

・「かかとキック」や「足組みストレッチ」(やり方はこちら)など、簡単なセルフメンテナンスをして動かす

・リラクゼーションサロンで「おしりがこっているので、ほぐしてほしい」とリクエストして、重点的に施術してもらう

などがありますが、今回はさらに、足の冷え・生理痛・セルライトと「おしりの冷え」を一石二鳥で解消する3種類の方法をご紹介しましょう!

 

1・テニスボールで「おしりの冷え+足の冷え」を解消!

ちょうどこの写真の、握った手の位置は、「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉がある場所です。

加齢とともにおとろえて血行が悪くなりやすく、老廃物がたまることで固くなって、足の冷えの原因にもなります。

梨状筋をほぐすための便利グッズは、テニスボール2個

仰向けに寝て、梨状筋の部分にボールをあてがって体重を乗せ、20~30秒ほどそのままキープするだけでOK!

余裕があれば、腕で体のバランスをとりながらモゾモゾ動いてみても効果はアップします。

(※椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、持病がある場合は無理せずにお医者さんに相談してくださいね)

 

2・かかとのツボで「おしりの冷え+生理痛」を解消!

足の裏には全身の反射区があり、腰・おしり・子宮・卵巣の反射区にあたるのは、かかとの部分です。

腰痛や生理痛の重い人、生理不順や下半身太りに悩む人は、ここをほぐすと、ゴリゴリ……と面白いほどの音がします。

リフレクソロジーのコースの定番でもありますが、お風呂に入った時などに、ぜひ自分でもやってみましょう。

ボディソープやオイルなどをつけてすべりを良くしてから、親指の関節の骨を使って、ゴリゴリをつぶすようなつもりでほぐすと、体の中心部から温まって楽になり、寝つきの良さが違いますよ!

 

3・リンパケアで「おしりの冷え+セルライト」を解消!

片足を軽く引いて(かかとが浮かない程度)、引いたほうの太ももの付け根からおしりを通って腰まで、強めの力でさすり上げます。

おしりの横も、斜め上の仙骨に向かってさすり上げます。

下に垂れたり横にはみ出したりしている余分なところを寄せ集めて、ヒップアップ&小尻に近づけるイメージですね。

仙骨のところにはリンパ節、つまり「老廃物のゴミステーション」がありますから、そこへ向かって流し込んで、ついでに握りこぶしの背でグリグリとほぐしたり、軽くポンポンと叩いたりして、完了!

5回くり返してもせいぜい5分くらいですが、これを日課にすれば、おしりの冷えもセルライトも下半身太りもまとめて解消できるかも!?

 

温めてほぐす、1日5分のケア

子供の頃に、おばあちゃんなどから、

「女の子はおしりを冷やしちゃダメ!」

と言われて、毛糸のパンツを重ねばきさせられていた覚えのある人、結構いるのではないでしょうか?

ヒートテックだのスパッツだの、そんなものがない時代の、なかなかダサいというか野暮ったい代物ではありましたが、たしかに大切なことではあったのですね。

おしりは、まさに「体の要」であるところの腰や、女性の大事な場所である子宮や卵巣を守る骨盤ともくっついています。

「おしりが冷たい」とか「おしりがこっている」という自覚は持ちにくいものですが、生理痛や生理不順、腰痛などに長年悩み続けてきた人が「おしりを温めて、ほぐす」ということの大切さを知ると、一気に楽になることも多いのです。

冷えて固まって疲れて太って、痛い……というつらい悩みスパイラルは、毎日5分、温めてほぐして解消しましょう!

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

冷え性に悩むかたへ。血のめぐりをよくして冷えを改善する日常生活3つの習慣

気温が下がりつつある今の時期、指先や足先の冷えを感じている方も多いのでは?「冷えは万病の元」とも言われており、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、不眠、肌荒れなどの不調…

下半身太りは「骨盤」が原因! ゆがみを治す日常生活3つのコツ

日本人女性には下半身太りを気にしているかたが多いようです。パンツを買うときに試着したら、お尻がキツい、太ももがパンパンという経験があるかたも多いのではないでしょ…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事