30代でタラレバは卒業!40代からは「スルナイ」主義

 

40代同士で集まると「30代はよく頑張った」と、自分たちの人生を振り返ることがある。結婚すると思っていたのに、していない。子どもを産んでママになるはずだったのに、生涯子どもを持たない“おこなしさま”になっている。思い描いていた通りか、そうではないかは別として、ある種のやり切った感を各々もっている。

 

20代は、とにかくがむしゃらに突っ走る時期。早い子は結婚や出産をし始めるが、一波が通り過ぎるとあっという間に30代に突入。女の30代は、その後の人生の方向性が決まる重要な年代でありながら、多忙な時期でもある。結婚や出産のことばかりではない。仕事では責任のあるポストを任され、常にバタバタ状態。

 

プライベートに割く時間を捻出するのだって大変。婚活は40代の美人より、33歳までの健康な女性が有利な市場。結婚したら子どもが欲しい男性側から、年齢的な制限で引っかかってしまう。悲しいかな、それが現実。

 

いま頑張らなくては!と気合を入れ、仕事に恋愛に全力疾走していると、途中で息が上がり「もう疲れた」とへたり込むことになる。頑張っているのに結果が出ないと落ち込むのが人間だ。

 

それでもまだ30代。40代に比べたら、俄然体力も若さもある。40代になると、全力疾走する体力や気力もなくなり、自然の流れに身を委ねるようになる。

 

30代は結婚は?子どもは?の連打時期

未婚・未産の30代は、「結婚は?」「子どもは?」の質問の連打を受ける年代だ。聞かれるのは、できる可能性が高いからである。

 

独身だと「結婚は?」と聞かれ、結婚すると「子どもは?」と聞かれ続けるのが、30代の宿命。そのたびイラッとしたり、傷つくこともあるかもしれない。でもね、40代になると、もう聞いちゃ悪いかなムードが漂い始め、聞かれる回数がグンと減る。

 

なにより自分自身、「四十にして惑わず」というように、生き方の方向性が決まってきて、自分の運命を受け入れるようになっていく。40代になったら、もうジタバタしたって仕方ない。何が起きても動じることなく、それを受け入れる自由さを持つことで、大人の余裕が生まれるのかもしれない。

 

久しぶりの質問は予期せぬ時に突然に

さすがにもう「子どもは作らないの?」と聞かれることはなくなった。年齢的にもこれから先、問われることはないだろう。子どもを産むことに関する質問は、アラフィフになれば完全に卒業できるのだ。

 

ある日、行きつけのヘアサロンで28歳・独身男性の美容師さんが、結婚はまだ先だけど、いつか子どもは欲しいと語ってくれた。「自分と大好きな奥さんにそっくりな子どもだったら、やっぱ最高に可愛いっすよね」と、未来へ向けた眼差しが鏡に反射して眩しい。

 

「パパになったら、子どもを可愛がりそうなタイプだよね」

「案外厳しくするかな。ところで、子どもは欲しくないですか?」

 

うっ、5年ぶりに聞かれたぞ、その質問。

「欲しかったけど、もう諦めた」と返す。

そういうと、大抵は「そうなんだ」で終わるものだ。

 

「そんな、諦めることないですよ。これからですよ!」

へっ!?もう肉体的に無理だってば!!

 

「いやいや、もうない、ない。あはは」と乾いた私の笑い声と、「まだ、いけますよ!」という彼の声がドライヤーの音でかき消された。若い男性だから、そこまで悟れないか……。あまりにも久しぶりに聞かれたので驚いたけど、この年だと笑い話になる。

 

30代でタラレバはやめよう!40代から次のステップへ

その点、30代だとそうはいかない。健康上の理由で、30代前半にして出産の可能性が絶たれてしまった女性から「いつか、子どもが産めなかった辛さから解放されるのでしょうか?」と聞かれたことがある。

 

30代前半だと、友人たちが出産して子育てしている真っ最中。そんな中で辛い気持ちを持つなというのは酷である。年齢を重ねていくうちに徐々に辛さも和らぎ、運命を受け入れていけばいいのではないか。40代になれば、同じように生涯子どもがいない“おこなしさま”が、周りにもきっといるはず。一人じゃないから大丈夫だよ。

 

30代は、結婚・出産・働き方など、多くのライフプランの中から選択して、自ら掴み取らなければならない。悩んだり迷ったり、時期を先送りにしているうちに、掴み損ねてしまうことがある。

 

あのとき、仕事より結婚を選んでいたら……。

もっと早く婚活していれば、今ごろ子どもがいたかも……。

 

事実とは異なることを仮定して後悔する「タラレバ」を、30代はよくしてしまう。なぜなら30代は、女性のライフステージの山場。自分の選択は間違っていたのかもしれないと、悔やむことだってある。

 

それでも40代にもなれば「後悔先に立たず」で、自分の選択とその結果に納得して進んでいくしかない。結婚していたら、子どもを産んでいたらではなく、結婚はしない、恋愛はする、子どもは持たない、生涯仕事はするといった、する・しないをハッキリさせる「スルナイ」主義で人生を歩んでいくのだ。

 

30代の「タラレバ」から、40代は「スルナイ」主義に発想転換。覚悟を決めた女は、凛とした大人の女性に一歩近づくことができるはず!

 

 

 

30代で「タラレバ」は卒業!40代からは「スルナイ」主義 【おこなしさまという生き方 Vol.37】

 

スポンサーリンク

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生を「幸せ」にしてくれるものとは【くどうみやこ・おこなしさまという生き方】

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事