季節の変わり目。スキンケア効果を感じないとき、試すべきケアとは?

近年、洗顔後すぐに使う「ブースター(導入液)」や「ふき取り化粧水」がブーム。ブースターを使うことで古い角質を優しくふき取ることができお肌への浸透力がアップすると言われていますが、今回は改めてブースターを使うメリットを解説。また、筆者オススメのアイテムもご紹介します。

 

■改めて「ブースター」って何?

ブースター(導入液)は、通常の美容液とは役割が異なります。洗顔後、お肌に最初に塗布することでお肌表面の古い角質を優しく除去し、お肌を柔らかく活性化。そうすることで、次に使う化粧品の有効成分がよりお肌に浸透しやすい土台を作ってくれる役割を果たしてくれます。

エイジングが気になる年齢になると“与えるケア”に目が行きがちですが、お肌の受け入れ態勢が整っていないと、せっかくの高級クリームも水の泡!? 化粧品を買い替えたけどなんだか効果が実感できない……なんて時は、一回ブースターを投入してみると良いかもしれません。

 

■ブースターを使う時に気を付けるべきポイント

ブースターはあくまでお肌の土台を整えるもの。これまで使っていたスキンケア化粧品の効果をより引き出してくれるために使用するものですので、これ単体で使用してもお肌の保護ができるわけではないので要注意です。洗顔後、できるだけすぐにお肌に塗布(ふき取り)して、スムーズに次のステップに進むことをお勧めします。

また、ブランドによってふき取るように使うタイプと、なじませるように使うタイプがありますので、使用前にはきちんと説明書をよく読んで正しい使い方を心がけてください。

 

 

■面倒くさがりな方には、ふき取り化粧水

ブースター(導入液)が良いと分かっていても、スキンケアステップを増やすのは面倒……という方にはふき取り化粧水がおススメです。ブースター(導入液)の古い角質を優しく除去する働きとお肌の保湿、両方の役割を兼ね備えたアイテムは、忙しい女性にぴったり。

ちょっとお肌のごわつきが気になる、お肌が固くなってきた、化粧品の馴染みが悪くなってきた、こんな方は今お使いの化粧水をふき取りタイプへシフトしてみてはいかがでしょうか。

 

後半では、筆者オススメのふき取り化粧水をご紹介したいと思います。

 

『クリニーク』クラリファイングローション

クラリファイングローション 200ml 3,400円+税、400ml 5,600円+税/クリニーク

ロングセラー化粧水として名高いクリニークのローション。「一度は使ったことがある」という人も多いのではないでしょうか。クリニークは“ふき取り美容”を世に広めたブランドと言っても過言ではないかもしれません。

「乾燥肌用」、「乾燥~混合肌用」、「混合~脂性肌用」、「脂性肌用」、さらには「アルコールフリー(オールスキンタイプ」の5種類が用意され、肌タイプやその時のお肌状態に合わせて選べるのがポイントです。

 

 

『ブランホワイト』クリアローション

クリアローション 160ml 2,700円+税(医薬部外品)/ブランホワイト

ドラッグストア・マツモトキヨシのプライベートブランドコスメとして、2017年2月より満を持して発売スタートした『ブランホワイト』。こちらは美白※ケアを求める女性に向けて開発された商品で、シミ・ソバカスが目立ちやすい肌のメカニズムに着目をした商品です。
これまで美白※コスメを使っていたけど、満足ができなかった……という方は一度試してみる価値はあります。
※美白とはメラニンの生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐこと。

 

 

『シー・オー・ビゲロウ』スキントナー(ローズウォーター)

スキントナー(ローズウォーター)236ml 2,800円+税/シー・オー・ビゲロウ

アメリカで最も歴史がある老舗調剤薬局であると言われる『シー・オー・ビゲロウ アポセカリー』の英知が詰まったスキントナーはふき取りタイプ。スキントナーは2種類ありますが、こちらのローズウォーターはふんわりとしたフローラルな香りで、スキンケアタイムをリラックスタイムに変えてくれます。

汚れを落とす(洗顔)→お肌を整える(ふき取り化粧水)→保湿する(クリーム)というごくシンプルなステップでありながら、これまで多くの女性を魅了し続けてきたのが納得できるアイテムです。パッケージがシンプルなのでパートナーと一緒に使う、なんていうのもアリかもしれません。

 

ふき取り化粧水を上手に活用すれば、スキンケアタイムの短縮&コスメの効果倍増といいこと尽くし。これまで使ったことがない方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

GUで高見えアイテム発見!この冬ヘビロテな「小物系」4選

GUやユニクロなどのファストファッションブランドは、今やコーディネートには欠かせない定番ブランドですね。クローゼットを眺めてみると半数以上がファストファッションアイテム、なんて人も多いのではないでしょう…

40代「オバ髪」ケアに救世主?発売即完売、店に行列ができたシャンプーとは

40代になるといろいろと美容の悩みが増えますが、一番気をつけたいのが髪。フェイシャルは毎日気を配っているけど髪はつい後回し……その間にも髪のエイジングは進んでいます。仕事に家事に忙しい人ほど毎日のシャンプ…

[PR]

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事