肌を〇〇するのはNGだった!「化粧水の使い方」3つの新常識

スキンケアで使うもので身近なものであり、ないと不安になるもの、といえば化粧水ではないでしょうか。しかしながら本当に正しく化粧水を使えていて、しかも役割を知っている、と自信を持って使っている、と断言できるかといえば不安になるはずです。

化粧水の正しい使い方と役割を知っておくことも、アラフォーのスキンケアでは重要になってきます。3つの新常識をチェックしておきましょう。

 

化粧水を正しく使っていますか?

日本は水の文化だとよく言われます。確かに湿度は高めで、良質な水も豊富です。湿度の高さや良質な水が日本女性の美しい肌を育んできたことは間違いありません。また神社仏閣といった場所も水と無関係ではないことが多いですよね。

 

こうした背景も関係しているのか、日本女性のスキンケアで欠かせなくなっているのは化粧水です。日本を含んだアジア全域のマーケットをヨーロッパの化粧品ブランドが意識したときに、あえて化粧水もシリーズに加えることが多くあります。

 

まさに日本女性は化粧水をスキンケアに使うことに慣れていて、使い方の応用もできているわけです。だからこそ化粧水は日本女性のスキンケアで重要な位置を占めています。ある意味、化粧水への信仰があるといえるかもしれませんね。

 

しかし本当に日本女性は正しく化粧水を使っているのでしょうか。正しく使うことで、健やかな美肌を育てるものが化粧品です。間違った使い方では目的にしていることから遠く離れた結果になるでしょう。

 

パッティングを勘違いしてはいけない

クレンジングや洗顔を終え、さて化粧水を…というステップを行いますよね。このときに化粧水はパッティングすることが基本だと知られていますが、パッティングは叩き込むことではないのです。

 

いくら化粧水を肌触りのいいコットンに含ませていても、叩き込んだら肌にダメージを与えてしまいます。手のひらでパンパンと叩き込むことも同じです。叩いたら肌の表面だけではなく、毛細血管までダメージが及ぶでしょう。

 

正しいパッティングはパンパンではなく、ペチペチなのです。化粧水をなじませるにはさほど力はいりません。整えながらなじませれば充分に効果を発揮してくれるからです。優しくなじませ、ハンドプレスで押し込むことをおすすめします。

 

パンパンと化粧水を叩き込む癖はもうやめてください。これをしないと肌から目が覚めないという方は、洗顔でぬるま湯を使った後、冷水ですすぐことをおすすめします。目も覚めますし、肌もしゃっきりと引き締まりますよ。

 

コットンか、手のひらか、それは説明書が教えてくれる

化粧水を使うとき、意外と多くの方が迷うのはコットンと手のひらのどちらが正解なのかということです。こだわりがあるないに関わらず、悩む問題といえます。正しく使いたいからこそ、クリアにしておきたい問題ですよね。

 

この問題の正解は化粧水の説明書にあるのです。説明書にコットンに含ませて、とあればこちらが正解。手のひらでパシャパシャと行き渡らせて、とあれば、こちらが正解なのです。ですからどの化粧水でも説明書のチェックが重要です。

 

説明書にある使い方の正解を確認しておけば、きちんと目的にしている効果を発揮させながら、心地よく使えます。研究開発したメーカーやブランドが出した答えが、説明書に記載されているというわけです。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、ご使用になる前は必ず説明書を確認しましょう。もしもその正解が自分には心地よくなければ、自分にとってのオリジナルな使い方に変えてもいいのです。

 

化粧水だけでは保湿は完了しない

なんとなく化粧水イコール保湿というイメージが強いものです。実際にベストセラーと呼べる化粧水はほぼ保湿効果を与えるものですし、当たり前ともいえるでしょう。また化粧水後の肌のしっとりした感触もそう感じさせます。

 

しかし化粧水だけでは保湿が完了しません。できることは保湿効果の高い美容成分がなじみやすい肌に整えるまでなのです。つまり肌を柔らかく整えて、美容液などがなじみやすいようにさせるためにあります。

 

正直に言ってしまいますと、化粧水の成分のほとんどは水ですから、化粧水だけでは肌の水分自体も体温で蒸発してしまいます。なじみのいい肌に整えるまでの役割が化粧水なのです。つまり保湿効果を満足させるレベルで効果を持ってはいないわけです。

 

役割を理解しつつ、さらに保湿効果の高い美容成分が配合されていても過信せずに、スキンケアに使うことが重要です。あくまでも化粧水はスキンケアのアペリティフと覚えておけばアラフォー以降も健やかな美肌でいられるはずです。

 

3つの新常識

1.パッティングは叩き込むことではない

2.正解は化粧水の説明書にある

3.化粧水はスキンケアのアペリティフ

 

本日からでも化粧水を正しく使ってみてください。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事