【敬語】正しいのはどっち?目上の人に対して「ご苦労様です」「お疲れ様です」

本記事では、敬語クイズを出題していきます。

目上の人に挨拶するとき、あなたはなんと言いますか?

正しいのはどっち?

仕事終わり、目上の人に挨拶するときに声をかけると思います。「ご苦労様です」も「お疲れ様です」も労をねぎらう言葉ではありますが、どちらか一方は、目上の人が目下の人に使うのが一般的。目上の人に使ってしまうと、上から目線に捉えられてしまう可能性も…。

正解は…

「お疲れ様です」です。

先で紹介したように、どちらも相手の労苦をねぎらう言葉なのですが、

  • ご苦労様 目上の人から目下の人に使う
  • お疲れ様 同僚や目上の人に対して使う

のが一般的です。

「ご苦労様」と「お疲れ様」の根源について調べてみると、「ご苦労様」は古くから利用されていた言葉であり、立場に関わらず使えていたようですが、時代とともに「ご苦労様」は目上の人から目下の人へ使う言葉へ、立場を問わず労える言葉として「お疲れ様」が定着していったようです。やや古い情報ですが、文化庁が平成17年度に発表した「国語に関する世論調査」では、

<目上の人にどちらの言葉を使うか>

  • ご苦労様でした 69.2%
  • お疲れ様でした 15.1%

<目下の人にどちらの言葉を使うか>

  • ご苦労様でした 53.4%
  • お疲れ様でした 36.1%

という結果になっています。

なお、社外の人に対しては、ねぎらいの意味があっても「お疲れ様」と使わない方がベター。「お疲れ様」は目上の人に使ってもOKな言葉ではありますが、ビジネスシーンにおいてその対象は社内に限定されます。社外の人への挨拶やお礼を伝えたいときには「お疲れ様」ではなく「ありがとうございます」「いつもお世話になっております」などと伝えましょう。

 

参考元:御疲れ様とは – 小学館 デジタル大辞泉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク