星野源、高橋一生…40代女性に「草食系男子」をすすめたい4つの理由

「草食系男子」というと、喧嘩がなく穏やかな恋愛ができそうというイメージがありませんか? 肉食系のように女性にガツガツしない姿は、逆に「ちょっと物足りないかも・・・」と思うかもしれませんが、草食系男子の穏やかさはいつも安定したあたたかさがあります。

星野源さん、高橋一生さんに代表されるような草食系男子とアラフォー女性の相性は? 多方面からの相談を受け続けた恋愛相談家の視点でご紹介します。

 

自分に自信を持たせてくれる恋人にはとても一途

草原でのんびり日向ぼっこをしていそうな、優しい雰囲気が魅力の草食系男子。恋愛に対して奥手で、好きな女性ができてもなかなか気持ちを伝えることができません。

「フラれたらどうしよう」「自分なんて相手にされない」と思ってしまう彼らは、恋心をひた隠しにして好きな人と何年も友達として付き合ってしまい、両想いになるチャンスを逃がすこともよくある話。

そんな自信のない自分を知られるのが怖くて、恋愛を遠ざけてしまうんですね。

なので、彼らが「お付き合いしよう」と一度心に決めたら、一途に愛してくれます。自信がないからこそ、そんな自分を受け入れてくれる恋人に感謝し、大事にしようと思います。

浮気なんてもってのほかだし、カッとなって手をあげるようなこともありません。お付き合いの早い段階で結婚を考える男性が多いのも、愛する女性との関係を大切にしたいから。

肉食系のように恋愛に気軽さを求めない草食系男子は、軽い気持ちで交際するということがないので、安定したお付き合いを望むアラフォー女性ならぴったりの相手だといえます。

 

自分の時間も大事にするので、自立した関係でいられる

また、自分の世界を大切にする草食系男子は、恋愛と等しく趣味や一人の時間を楽しむことも忘れません。付き合っている彼女がいても、趣味のジム通いも続けるし、休日には一人で読書をして過ごす時間も確保します。

彼女と一緒に過ごしたくないの?と言いたくなりますが、草食系男子の中で恋愛の優先度は低め。ヒマさえあれば彼女のそばにいたがるような情熱はありませんが、その代わり愛情は常に深いものを持っています。

一人でいるときでも彼女を忘れることはありません。用事が終われば一緒にご飯でも食べたいなと思うし、連絡もしてきます。

いつも一緒にいるような距離感は、二人が楽しめているときは良いですが、ときに窮屈さを感じることもありますよね。草食系男子はいつもべったりくっついて過ごすような恋愛は好まないので、大事にされながらも自立した関係を保つことができます。

それでも物足りないときは、彼と同じ趣味に挑戦してみたり自分も新しいことを始めてみたり、こちらが合わせていく姿勢を持つと、彼らは愛情を感じて喜んでくれるでしょう。

喧嘩から逃げるのではなく、彼女の気持ちを尊重する

草食系男子は、基本的に喧嘩を好みません。それは、「他人と争うのが嫌だ」ということもありますが、恋愛では「好きな人の要求にはなるべく応えたい」という前向きな気持ちを持っています。

そもそも、草食系男子は恋人と衝突することを避けようとする特徴があります。何か意見がぶつかりそうになったときは、自分が引いて丸く収めようとすることが多いでしょう。

決して「喧嘩をして嫌われたくない」と思っているわけでも、「自分さえ我慢すればいい」と思っているわけでもありません。どうしても譲れないときはしっかり口にするし、自分の意見を通そうとするときもあります。

「ここは彼女の気持ちを受け入れても大丈夫」という場面では、自分より彼女を優先することで、彼女に喜んで欲しいと思います。感情的になりやすい女性と違い、何かあっても冷静に判断しようと心がけるのが草食系男子なんですね。

もし言い合いになりそうなら、彼らは黙ります。口をつぐむことで相手を傷つける言葉を吐かないように気をつける姿勢は、こちらにも冷静さを促す強さがあります。

 

ベッドでは意外と肉食!?

おとなしいのでベッドでも淡白そう・・・と思われがちですが、好きな女性との行為は意外と肉食系。会えばすぐ求めるような激しい欲はありませんが、抱き合うときはしっかりと情熱を込めます。

自分の快感より相手が気持ち良いかどうかを優先するので、決して独りよがりにはしません。こちらが応えるほど喜んでくれるので、盛り上がるひとときを楽しめます。

草食系男子が困るのは、彼女の反応が薄いとか気持ちが通じ合わないと感じるとき。どうすれば良いかわからなくなってしまうので、「気持ちいいよ」と声をかけたり「好き」と囁いたり、どんどん自信を持たせてあげることが大切です。

欲がないのではなく、自分の欲を知られることで女性に引かれることを恐れるのが草食系男子。デリケートなことほど「嫌われたくない」と思って慎重になるので、こちらから「しようよ」とオープンに接すると彼らも心を開きやすくなります。

スキンシップは愛情を伝え合うために欠かせません。草食系男子は、その点でもしっかり心のこもった触れ合いを求めています。

 

 

激しい感情をぶつけ合う恋愛も刺激的ですが、愛情を静かに育てるような穏やかさのある恋愛を望むなら、草食系男子が一番です。

浮気の心配が少なく、喧嘩も好まない草食系男子との恋愛は、安定したお付き合いを続けられるのが魅力。

まだまだ仕事も私生活も充実させたいアラフォー女性にとって、落ち着いた恋愛のできる彼らは好相性なんですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

CA直伝「3つのS」を心がけるだけで驚くほどモテる?

高度約一万メートルという特殊な環境で、VIPから子どもまでまんべんなく接客するCAたち。気力・体力・サービス精神は不可欠ですが、訓練中に徹底的に教えこまれる「3つのS…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

品と色気。元CA&クラブママが伝授する、40代女性の「モテ条件」

「女子力」のパワーエリートといえば、女子アナ、秘書、そしてCA。男性相手に特化したクラブホステスも挙がります。この中で、元CA&元クラブママという最強クラスの経歴を…

モテる40代女性のたったひとつの共通要素。みんな「○○上手」

恋愛相談家として多くの男女と接する機会のある筆者ですが、「愛されるアラフォー女性」にはルールがあることに気が付きます。今回は、人から相談を受けることが多い「聞き…

どうして?「距離感」を大切にしてきたはずの40代独女が幸せになれないワケ

恋愛には相手との「距離感」を間違えないことが大切。そう思って頑張っているのに、なぜかいつも男性が離れてしまう。アプローチもしているし、LINEの返信も合わせているし、ちゃんと”ちょうどいい離れ具合”を考えて…

冬のオフィスでこれは無理!男性がドン引きした40代独女の「出社したときの行動」3つ

冷え込みが厳しくなってくると、毎朝の通勤もつらく感じますね。電車や徒歩で移動するし、コートにマフラーを重ねて途中のコンビニでホットコーヒーを買って……。いざ会社に着いたとき、脱いだ服やドリンクはどうして…

男性も悩んでいる!「冬デートに誘ったとき返されたら嬉しい言葉」って?

コートがないと外出が難しくなる冬。寒くて外に出たくない女性もいると思いますが、それでも好きな男性に誘われるデートは別ですよね。イルミネーション見学にクリスマスと、楽しいイベントがある冬デートは男性だっ…

「今度こそ」をいつまで繰り返すの?その「元サヤ」、ただの悪縁かもしれません

別れた恋人を忘れられない。やっぱり私にはあの人しかいない。そんな切実な気持ちで、何度も同じ男性とつらい別れを繰り返していませんか?何度追い詰められても結局最後は別れてしまうなら、その復縁は「良くないも…

彼氏は欲しいけどズボラな自分を変えられない。40代独女が悩む「女性らしさ」の壁

もう何年、彼氏がいないんだろう……。未婚独身のまま、気がつけばもう40代。まだまだ恋愛はしたいけど、一人の時間が長かったせいかズボラな生活から抜け出せない。ある40代の女性は、そんな「女性らしさを失った自分…

「スタンプで終わり」はNG!?男性が「恋の余韻を感じる」40代独女からのLINEって?

好きな男性とやり取りするLINEは楽しいもの。絵文字を使って気持ちを表現したり、かわいいスタンプを使ったりと会話を盛り上げる工夫をがんばる40代独女も多いと思います。でも、顔が見えないLINEでは、スタンプより…

あ、これ惚れる。40代独女が職場でこっそり見せた「応援してるよ」サイン

仕事を頑張っているとき。同僚や上司からの応援は励みになりますよね。男性にとって、気になる女性が職場で見せてくれる「応援してるよ」サインはテンションが上がるし嬉しいもの。かといって大げさに伝えられると周…

拗らせすぎると危険!40代独女が「片思いに疲れてやらかしたダメ行動」って?

気になる男性はいるんだけど、なかなか進展しない。アプローチが上手くいかない。片思い中はいろいろなストレスがありますね。やめてしまいたいけど、そう簡単にいかないのが恋心。拗らせてしまっておかしな行動に出…

え、このLINE怖すぎ!年下男子が戦慄した40代独女の「束縛LINE」3つ

片思いでもお付き合い中でも、連絡に欠かせないLINE。好きな男性とのやり取りは楽しいですが、気をつけたいのが「距離を詰めすぎない」こと。顔の見えないLINEでは、たとえ親しい間柄でも過度な繊細などは窮屈さを感…

これってただの手抜き…!?40代独女があ然とした「短時間デート」の中身

好きな男性とのデート。たとえ短い時間でも一緒にいたいと思う女性は多いと思いますが、いざ会ってみると何だか適当な扱いでがっかり、なんてこともあるかもしれません。ただの暇つぶしなのか好意があって誘うのか、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事