若作りの痛いオバサンに見えない!海外のオシャレ女性に学ぶ「色」の取り入れ方【40代からのオシャレな人】

2021.01.21 FASHION

「大人っぽい女性」に憧れていた20代の頃。黒い服を着ると、それだけで素敵な大人になれたような気分が味わえたもの。

 

でも、年齢を重ねた今、黒を着るとなんだか顔まで暗く見えてしまう…。でも、「キレイな色」を身につけると悪目立ちしそうだし、コーディネートも難しそう。下手をすると「若作りに見られそうで心配」という方もいるかもしれません。そんな方に参考にして頂きたいアカウントをインスタで発見!スペインの@susirejanoさんの着こなしです。

 

SUSI流のキレイ色コーデのポイント

①コーディネートは辛口を意識。甘めスタイル×色はしない。

②色合わせに悩んだら、白を投入。

③キレイ色は1色のみ。それ以外はベーシックカラーを選ぶ。

甘さ控えめのスタイリッシュなコーデは、ザ・大人の女という感じでとっても素敵なんです。上品な色使いは、若作り感がゼロなので私たちもすぐに参考に出来そう。早速SUSI流の色使いのテクを、見せて頂きましょう。

 

顔を明るく見せるには、ともかく白が効く!

この投稿をInstagramで見る

 

SUSI REJANO(@susirejano)がシェアした投稿

白のVネックにオフホワイトのパンツをコーディネート。白のレフ板効果は、やっぱり凄い!肌が明るく引き立って、若々しく見えます。SUSIさんはデコルテの開きが大きめのVネックを着ていますが、ジュエリーを重ね付けして肌の分量を巧みに調節しているので、セクシーになりすぎていません。ポイントは、顔に近い上半身に白を選んでいること。「全身白は気恥ずかしい」という方の場合も、上半身のアイテムは是非白をチョイスして。

大人世代こそ取り入れたい「赤」の威力

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUSI REJANO(@susirejano)がシェアした投稿

少量取り入れるだけで、絶大な効果を発揮するのが赤。SUSIは白いボトムスをあわせて華やいだイメージで着こなしています。シックなイメージで着こなしたいなら、ボトムスをネイビーにチェンジするのがおすすめです。

 

キレイ色ビギナーにもおすすめは、グリーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUSI REJANO(@susirejano)がシェアした投稿

デイリーに色を取り入れたい時におすすめなのが、グリーン。SUSIはカーディガン、パンツ、パンプスで色の濃淡を変えたグリーンを身につけています。ポイントは、インナーに白を選んでいることと、茶系のベルトをオンしていること。

 

グリーンは、ネイビーやグレーとも相性バツグン!手持ちのボトムスの差し色として取り入れるだけでも、十分効果を発揮してくれます。グリーン以外にも、明るめのターコイズブルーなども、取り入れやすい色。

 

この冬は上手に色を取り入れて、全身黒オバさんから脱却してみませんか?

 

(OTONA SALONE編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 鵜沢みな子

スポンサーリンク

スポンサーリンク