いまさら聞けない!「シートマスク」ケアでやっていいことダメなこと

すでにスキンケアを簡単に充実させてくれるアイテムとしてシートマスクは愛用されていますよね。ドラッグストアで買えるプチプラから高級ブランドのものまで幅広くあって、選ぶときに迷うのも楽しいことです。

色々な目的のシートマスクがありますが、どの目的でも、またどのブランドであっても、共通するお悩みにお答えします。なんとなく使っていれば安心という便利アイテムだからこそ、効果が持続する使い方をしましょう。

 

お悩み1「シートマスクを毎日使ってもOK?」

シートマスクは集中ケア向けのものではありますが、毎日使っても肌にデメリットが起こることはありません。安全性を踏まえて作られていますし、また化粧品そのものは毎日使い続けても副作用が起こることはないので大丈夫です。医薬品とはここが違います。

 

ラグジュアリーブランドのシートマスクを毎日使うことは現実的ではありませんが、プチプラのシートマスクを毎日のスキンケアのステップに加えても問題ありません。頑張りすぎた肌にちょっとご褒美をあげたい、あるいは今から肌に抵抗力を養ってあげたいときに便利です。

 

 

ドラッグストアに毎日使うことを考えてあるお手軽に使えて、しかも超プチプラというシートマスクもあります。こういうお財布にも肌にも助かるものを導入美容液感覚で使うこともアラフォーにはおすすめのシートマスクの活用方法です。

 

心身のコンディションが乱れやすい生理前から生理中は肌も不調になりがちなので、この使い方を避けたほうが賢明ですが、心身や肌のコンディションすべてが安定した頃にまたシートマスクをプラスしたスキンケアを再開すると効果が倍増します。お試しあれ。

 

お悩み2「シートマスクの後のスキンケアはどうすべき?」

スキンケアでシートマスクをすると、スキンケアはほぼ完了したと感じるほどの肌に仕上がります。でもやはりスキンケアがシートマスクだけで完璧に仕上がるという分けではないのです。特にアラフォーであればシートマスクで完了できないと考えるべき。

 

アラフォーの肌は乾燥との戦いの始まりでもあります。効率よく美容成分をお送りこみながら、さらに保湿も行うシートマスクであっても、乾燥しやすさは変わりません。そのためシートマスクだけではアラフォーの肌のスキンケアは完了しにくいわけです。

 

 

やはりシートマスクはかぶせてゆきわたっていく美容液と考え、使用後にはクリームなどで肌を保護しておくほうがおすすめです。つまり美容成分やうるおいを与えた肌をクリームなどで安定させて、さらに効果を高めておくことで満足感のある肌に仕上がります。

 

とはいえ肌が充分にうるおっていて、ほどほどに油分もある肌になっているわけですから、少なめの量でも充分です。乾燥しやすい部分だけでもOK。シートマスクを使うなら最後の仕上げを欠かさないことも、シートマスクの実力を引き出すコツになります。

 

お悩み3「シートマスクを使う場合、長く置くほうが効果はアップする?」

贅沢に美容液をシートに含ませてあるシートマスクで注意しなければならないのは、置く時間を守ることです。洗い流したり、拭き取ったりする必要のあるパックに比べて便利になっていますが、シートに肌の水分を吸収されるリスクがあることも知っておきましょう。

 

決められた時間以上置くと、さらに美容成分が肌に行き渡るように錯覚しやすいのですが、シートがどんなに品質が良くて優秀でも肌の水分を吸い取るリスクがあることは変わりがありません。肌を逆に乾燥させないためにも規定の時間を守るべき。

 

 

それに既定の時間で充分にシートマスクの効果は出てくれます。既定の時間が過ぎたら、潔く外し、パッケージに残った美容液を手のひらに取って、さらになじませるほうが肌にも効果がありますし、乾燥させるリスクを避けることが可能です。

 

なお外したシートマスクにまだ美容液が残っているようなら、首からデコルテにコットンに含ませた化粧水をなじませる感覚で使い切ってしまうと損がありません。便利なシートマスクだからこそ、安全に使うべきですし、無駄なく使うべきなのです。

 

プチプラとラグジュアリーブランドを使い分けるのもアリ

シートマスクに関するお悩みのお答えとして

 

1.毎日使い続けても副作用が起こることはない

2.最後の仕上げを欠かさない

3.置く時間を守る

 

となります。便利だからできること、逆にしなければならないこと、やってはいけないこと、があるというわけです。上手にスキンケアに加えていけば期待以上に肌への満足感と効果を約束してくれるものがシートマスクといえます。

 

なおシートマスクがあまりにも種類が豊富過ぎて選ぶ際に迷うという方もいますよね。そこで提案したいのは、プチプラとラグジュアリーブランドを使い分けるという前提で選んでみるということです。ざっくり目的だけを絞って選んでみましょう。

 

 

デイリーなシートマスクにはお財布に優しいプチプラを、肌に贅沢をさせたい、理由は仕事のプレゼンでもデートでもなんでもいいのですが、とにかく肌にまで気合を入れたい、というときはラグジュアリーブランドを、という使い分けはかなりおすすめの方法です。

 

目的も、ブランドも、数多くあります。また使い方も便利なアイテムだからこそ、上手に毎日のスキンケアに生かしていきましょう。上手な使い方こそが健やかな美肌を守るという目的を果たしてくれるからです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事