【九星気学】五黄土星の2月は「自分では使いきれないほどの強運」九星フラワー占い

東洋の古い暦では、2021年の本格的なスタートは2月3日23時59分から。

そしてこの1年の幕開けの月は、それぞれの星の特徴が強く引き出され、本来の自分らしさを思い出させられる星の巡りになっています。

きっと波乱含みの1年を乗り越えるには、自分の本質と向き合うことが必要だという星からのメッセージでしょう。

では、星が教えてくれる、あなたらしさについても一緒に考えていきましょう。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢はこちら

【2021年2月3日~3月4日運勢】

自分を見つめ直し、足元をかためるとき

とにかくこの2021年の五黄土星は、とても強い運気にあります。

その一年のスタートになる今月は、9つの星のなかで中心の場所を守ることになります。

この中心の場所にあることを「八方塞がり」と呼ぶ人もいます。

確かに、ここにあるときは積極的に自分がどんどん動くという行動パターンはあっていません。

じっくりと自分の足元を固める、これまでやってきたことを見直し、これからすべきことを考える時期なのです。

まさに一年のスタートにぴったりですね。

 

良いエネルギーを循環させる役割を

目を凝らす必要があるのは、自分の内面だけではなく、自分の周りにいてくれる人たちに対してもです。

運気が強いときというのは、自分のことだけを考えていては、せっかく与えられた強運&エネルギーを生かすことができません。

活かされないエネルギーというのは、歪みを生じさせます。

そして、人に使ったエネルギーはまた別の人に使われ、ぐるぐるっと人の世を巡って自分に返ってくる。

そんな風通しの良い循環を、ぜひ五黄土星の皆さんから発信していただきたいのです。

 

仕事運は…リーダーとしての振る舞いを求められる

実際、職場なのではリーダーシップを発揮するということが求められそうです。

しかもちょっと手間のかかる、高い完成度が要求される仕事が割り振られそうな予感があります。

当然これは一人ではできることではありません。

適材適所を見極め、誰か一人に負担がかからないよう気を配りながらチームで進めていく。

これが今月の五黄土星に与えられるミッションとなるでしょう。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、人からの紹介運が今月はあります。

上司ですとか、父親、父方の親戚が紹介してくれるのかもしれません。

あるいは、父親ほどとは言いませんが、かなりの年上、または会社経営者などの社会的なポジションの高い人を紹介される可能性があります。

先入観を持たず会ってみることをお勧めします。

金運ですが、今すぐ現金が入ってくるということはないかもしれませんが、将来的に大きな収益につながる何かが手に入る、あるいはスタートするそんな予感があります。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはブラウン、ゴールドです。

心にゆとりをもって、落ち着いて自分を見直す時間を与えてくれる、そんな組み合わせです。

ラッキーパーソンは六白金星(生まれ年の確認はこちらを参考にしてください)の人、そして仏頂面の男性です。

仏頂面なので気が引けると思いますから、無理に話しかけなくてもいいのですが、そんな人を見たら自分も意外に笑顔が少ないのではないかと気にして、笑顔を周囲に見せるように気をつけてください、

ラッキーフードはチーズケーキです。

考えごとに疲れたら、ティーブレイクのお供に。

気難しい顔かな女子らしい笑顔を取り戻すスイッチになるでしょう。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク