【九星気学】八白土星の2月は「別れや手放しがありそうな月」九星フラワー占い

東洋の古い暦では、2021年の本格的なスタートは2月3日23時59分から。

そしてこの1年の幕開けの月は、それぞれの星の特徴が強く引き出され、本来の自分らしさを思い出させられる星の巡りになっています。

きっと波乱含みの1年を乗り越えるには、自分の本質と向き合うことが必要だという星からのメッセージでしょう。

では、星が教えてくれる、あなたらしさについても一緒に考えていきましょう。

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢はこちら

 

【2021年2月3日~3月4日運勢】

昨年の緊張から解放された穏やかな1年に

昨年は、周囲の人々を支えるような役目と言うか任務を果たした、あるいは行ったことが強く影響してしまった。

そんな一年ではなかったでしょうか。

大変だったと思います、お疲れ様でした。

今年はご褒美のように昨年よりは余裕ある日々が送れそうです。

多少困難なことがあっても、周囲からの助けもあるでしょう。

 

転換期がやってきたという感覚

周囲から見れば恵まれたような状況に見えますが、そのなかで八白土星は、今月、「一つの転換期を迎えたんだなぁ」という感覚を得るのではないでしょうか。

転換期という感覚はなくても、もしかしたらちょっとおセンチな気分になるかもしれませんし、自分には何かが足りないという悩みを持つようになるかもしれません。

その足りないものに気づかせてくれる、または、やはり良い転換期なんだなと気付かせてくれるかのように、今月はこれまで進んできたものが止まということがありそうです。

仲間うち、とくに職場での役割が変わる、その立場から卒業するということがおこる可能性が高く、人との別れもあるかもしれません。

 

仕事運は…あなたの対処にまわりが注目している

こういった状況のもと、あなたがどのように振る舞い対処するのかということが、じつは周囲からとても注目されています。

自分が離れることに関して誰かに引き継ぎをするということもあるでしょうが、今月のあなたはとても頭が冴えているので、きっとテキパキとできるはず。

問題は感情だけです。

気持ちが落ち着かずイライラするようなことがあるかもしれませんが、周囲にきつく当たったり、無愛想に接すれば、チーム全体の運気も下げかねないのでどうか大人の対応をしてください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、フリーの人は華やかな雰囲気とちょっと寂しげな空気感で異性の気持ちを惹きつけそうです。

パートナーがいる人は、不安定な気持ちのまま接すると喧嘩になったり、関係性の雲行きが怪しくなるので気をつけてください。

金運は、入ってくるお金に関しては安定していますが、おしゃれ交際費などの出費は多くなりがち。

けれどもここはケチらないようにしましょう。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはアイボリーとパープル。

気持ちが不安定なときに、それを支えてくれる組み合わせです。

ラッキーパーソンは九紫火星生まれ年はこちらをご参照ください)または古い家柄や何代も続く店や旅館を継いでいる人。

彼らのたたずまいから学ぶことは多いでしょう。

ラッキーフードは中華料理のチンジャオロースです。

食べると元気が出る今月のスタミナフードになります。

 

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク