自信がない…「ダメ男」と恋愛を繰り返すバツイチ女性のリアル

離婚は誰にとってもつらい経験ですが、ダメージがその後の恋愛にも影響することがあります。自分に自信をなくすことで、ダメ男に引っかかってしまうのもその一つ。頭では別れたほうが良いとわかっていても、無意識のうちに「自分は幸せになれない」と思い込み、つらい恋愛を繰り返してしまいます。

恋愛相談家として話を聞いてきた中でも、特に心に残っているエピソードをご紹介します。

 

「捨てられる」ことが怖い

出会ったときは36歳、すでに会社の中では中堅クラスの肩書を持っていた彼女は、いつもビシっとパンツスーツを着こなしてスマホが手放せない、いかにもキャリアウーマンといった感じでした。

10年前に夫側の浮気で離婚を経験し、それから再婚したいと思えるような相手にも巡り会えずに「仕事しかすることがなくて」と私の前では笑っていたけれど。

彼女と仲良くなったとき、彼女にはお付き合いしている男性がいました。でも、それが女遊びで悪名高い人。どうしてこの人を選んだのか不思議に思ったけれど、話を聞いていくうちに答えが分かりました。

彼女は、「捨てられることが怖い」と言いました。

でも、彼女が好きになる男は常に「自分を捨てるであろう男性」だったのです。

 

浮気の証拠を掴むことに躍起になる心

そのときお付き合いしていた男性も、彼女に隠れて浮気を繰り返しては、バレて謝ることの繰り返し。その度に彼女は「許してあげた」けど、実は彼女の方が追いかける側になっていました。

「浮気されないためにはどうすれば良いの」、ではなく、彼女の悩みは常に「浮気している証拠をどうやって掴むか」

彼氏がいま何処にいるか、何とかしてスマホを追跡できるようなアプリはないか。
この日が怪しいからこっそり後をつけたいんだけど、バレないようにするにはどう追えば良いか。

自分で自分を追い詰めるようなことばかり考えていて、でもそれを面と向かって彼氏に口にすることはなく。

遊び人の彼は警戒心が強くて、スマホを気軽に彼女に渡すようなことはしないし、家すら本当の住所を教えてはいませんでした。本当なら、こんな様子だけで付き合いそのものを考え直しそうなものだけど、彼女もそれはわかっていただろうけど、それでも、彼氏から離れられなくなっていました。

 

 

不幸になることを先回りして確認する

彼女は、「どれだけ浮気をしても自分の元に戻ってくる」ことで愛されていると思いたかったのかもしれません。事実、どんなひどい浮気がバレても、結局彼女に許しを乞う彼氏は、一見彼女が本命のように見えました。

でも、最後は彼女が彼氏に振られる形でこの恋は終わります。彼女は、自分を励ましてくれる周りの友人に「別れてせいせいしたよ」と笑顔で答えていました。

でも。

「やっぱり私はダメな女なんだ」と私の前では涙を流していた彼女は、こうなって当然というような口ぶりでした。まるで、私は愛されなくて当然だ、と。

どうして? あなたは何も悪くないじゃない。一生懸命だったじゃない。何度そう言っても、「いつもこうなる」と繰り返しては、自分の至らなさを挙げるだけ。

だって、あなたはいつもそんな男を選んでいるじゃない。こう口にしたいのを、ぐっと堪えました。過去に付き合った男性の話を聞いても、どれも最後は似たり寄ったりで、彼女は常に「捨てられる側」。

彼女がしてきた努力は、捨てられない努力じゃなくて、自分が不幸になることを先回りして確認すること。愛されるためなら、もっと違う方向を考えられたはず。

何度言っても、周りがしつこく「もう別れた方がいい」と言っても、彼女は受け入れませんでした。彼氏が自分の元に戻ってくることだけにすがって、「しつこく言えば捨てられるから」と我慢し続けたのに、結局別れを告げられてしまったのです。

 

「自分は捨てられる存在」という呪縛

浮気の証拠を掴む術に長けることより、浮気される自分に悩むより、大事なのは自分が本当にその人を愛しているかどうか。

本当に好きなら、こそこそとホテルに自分以外の女の子を連れ込む男なんて、許さないだろう。好きだからこそ、許せないはず。

浮気を繰り返されてそれでも一緒にいられるなんて、それは自分をないがしろにしていることと同じ。

大事にされないことを、当たり前にしてしまっていること。

「自分は捨てられる存在なんだ」という無意識の思い込みが、彼女の中にはありました。

10年前の離婚で「捨てられる側」を経験し、それにひどく傷ついて、自尊心を回復できないまま恋愛を繰り返してきた彼女は、自ら幸せになることを放棄しているようなものでした。

他人の言葉を受け入れられないのは、幸せになることが怖いからです。されて当然のアドバイスを拒否してしまうのは、愛される恋愛を自分に許していないから。

彼女は、離婚した罰のように、その後も自分を責め続けていました。

 

 

愛するのは自分のため

 

彼女には、「幸せになる権利は誰にでもあるんだ」と言いました。

離婚は何かの罰でもなければ、その後誰か愛されてはいけないなんてことは絶対にありません。

自分で自分を許さないと、いつまでも不幸な恋愛を繰り返す。そうじゃなくて、あなたは誰を愛しても良いし、誰に愛されても良いのだと。

誰かを愛することは勇気が要るけど、それは自分のため。それでまた傷つけられることがあっても、自分を大事にしていれば乗り越えていけるはず。

「捨てられて当然」なんて女性は存在しないのです。

 

 

離婚によって自分に自信を失くしていた彼女は、無意識のうちに幸せになることにブレーキをかけていたのですね。でも、それは彼女の魅力を台無しにする一面でもありました。

幸い、彼女は過去の自分を乗り越えて良いパートナーと出会うことができ、今でも幸せなお付き合いを続けています。

自分を諦めることが一番の不幸かもしれません。誰だって、自分を愛することを忘れなければ、一歩前に踏み出せる勇気を持てるはずです。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

独身男性との不倫におぼれる40代既婚女性の誤算【不倫の精算 12】

どうして彼女たちは妻ある男と関係を持つのか。彼女たちは、幸福なのか。不幸なのか。恋愛心理をただひたすら傾聴し続けたひろたかおりが迫る、「道ならぬ恋」の背景。【不…

どうする?既婚女性が「不倫バレ」した瞬間【不倫の清算3】

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

浮気、秘密の恋。「イイ女」がやっている会えない時期3つの心得

彼女や奥さんがいる彼との秘密の関係。そんなお付き合いをしている人が共通して陥るのが、年末年始に会えないつらさ。実家に帰省している場合は、連絡さえもなかなか取れな…

不倫している女性が多い血液型って? ◯◯なアノ女性ほど、のめり込んでいる?

芸能人の不倫発覚にまつわるニュースが、次から次へと飛び込んでくる昨今。『OTONA SALONE』にも、不倫にまつわる記事がたくさんありますけれど、巷で実際に不倫をしている…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

「略奪愛」を成功させるオンナの秘密の3テクニックって?

占い師をしている私のところには、略奪愛の相談がたくさん寄せられます。彼女がいる人や奥さんがいる人を好きになり、その人と親しくなると、略奪したいという欲求を抑えら…

彼氏に「浮気させない!」 3つの魔法の言葉

彼がもしかしたら、浮気しているかもしれない。ふっとそんな女の直感が働いた時は、火消しをしっかりとしておきたいところ。占い師のところには、彼氏(夫)が浮気している…

「体だけの関係」とわかっていても、抜け出せない40代独女の葛藤【不倫の精算 9】

恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったのか。彼女たちは、幸福なのか。不幸なのか。恋…

もう泣かされるのは嫌!浮気・不倫・ズルい男を見抜く常套句20

アラフォーになると出会いも少なくなり、恋愛に対して夢を抱いてしまう人も少なくないはず。そうなると、ちょっと口の上手い男やズルい男に言いくるめられてしまうことも。…

冬のオフィスでこれは無理!男性がドン引きした40代独女の「出社したときの行動」3つ

冷え込みが厳しくなってくると、毎朝の通勤もつらく感じますね。電車や徒歩で移動するし、コートにマフラーを重ねて途中のコンビニでホットコーヒーを買って……。いざ会社に着いたとき、脱いだ服やドリンクはどうして…

男性も悩んでいる!「冬デートに誘ったとき返されたら嬉しい言葉」って?

コートがないと外出が難しくなる冬。寒くて外に出たくない女性もいると思いますが、それでも好きな男性に誘われるデートは別ですよね。イルミネーション見学にクリスマスと、楽しいイベントがある冬デートは男性だっ…

「今度こそ」をいつまで繰り返すの?その「元サヤ」、ただの悪縁かもしれません

別れた恋人を忘れられない。やっぱり私にはあの人しかいない。そんな切実な気持ちで、何度も同じ男性とつらい別れを繰り返していませんか?何度追い詰められても結局最後は別れてしまうなら、その復縁は「良くないも…

彼氏は欲しいけどズボラな自分を変えられない。40代独女が悩む「女性らしさ」の壁

もう何年、彼氏がいないんだろう……。未婚独身のまま、気がつけばもう40代。まだまだ恋愛はしたいけど、一人の時間が長かったせいかズボラな生活から抜け出せない。ある40代の女性は、そんな「女性らしさを失った自分…

「スタンプで終わり」はNG!?男性が「恋の余韻を感じる」40代独女からのLINEって?

好きな男性とやり取りするLINEは楽しいもの。絵文字を使って気持ちを表現したり、かわいいスタンプを使ったりと会話を盛り上げる工夫をがんばる40代独女も多いと思います。でも、顔が見えないLINEでは、スタンプより…

あ、これ惚れる。40代独女が職場でこっそり見せた「応援してるよ」サイン

仕事を頑張っているとき。同僚や上司からの応援は励みになりますよね。男性にとって、気になる女性が職場で見せてくれる「応援してるよ」サインはテンションが上がるし嬉しいもの。かといって大げさに伝えられると周…

拗らせすぎると危険!40代独女が「片思いに疲れてやらかしたダメ行動」って?

気になる男性はいるんだけど、なかなか進展しない。アプローチが上手くいかない。片思い中はいろいろなストレスがありますね。やめてしまいたいけど、そう簡単にいかないのが恋心。拗らせてしまっておかしな行動に出…

え、このLINE怖すぎ!年下男子が戦慄した40代独女の「束縛LINE」3つ

片思いでもお付き合い中でも、連絡に欠かせないLINE。好きな男性とのやり取りは楽しいですが、気をつけたいのが「距離を詰めすぎない」こと。顔の見えないLINEでは、たとえ親しい間柄でも過度な繊細などは窮屈さを感…

これってただの手抜き…!?40代独女があ然とした「短時間デート」の中身

好きな男性とのデート。たとえ短い時間でも一緒にいたいと思う女性は多いと思いますが、いざ会ってみると何だか適当な扱いでがっかり、なんてこともあるかもしれません。ただの暇つぶしなのか好意があって誘うのか、…

それはNGでしょう…男性がドン引きした40代独女の「図々しい自己アピール」3つ

自分のことを知ってもらうにはアピールが大切。わかっているけど、度が過ぎるとそれも周りから敬遠される原因になるので気をつけたいですね。男性が「図々しいな」と思う自己アピールは、「周りへの配慮のなさ」が問…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事