40代でも「痛くない!」春トレンド・花柄アイテム4選

ピンク、シースルー、ウエストマークなど、今季のトレンドキーワードは女性らしいムードを盛り上げるものばかり! 中でも、着こなしに華を添えてくれる花柄は、女らしさをアピールできる注目アイテム。早めに取り入れて、季節感を先取りしたいところですが、40代には「花柄って派手で痛くない?」「周りから浮きそう……」との声も多く聞かれます。今回は、美しく着こなせて、若作りにならないアイテムをご紹介します!

 

花柄プリントならミモレ丈のスカートで取り入れる

華やかな花柄プリントは、ロングワンピやガウンなど面積の大きいものを取り入れると若作りになってしまう可能性の高いアイテム。アラフォーが取り入れるなら、ほどよく上品に着られる長め丈のスカートを選ぶのが正解! 紺や黒ベースなら、派手すぎず着こなしやすさも◎です。ベースが白やグレーのものでも、柄や色使いを注意して選べばOK!

 

①上品な印象のフレアスカート

プリントが華やかな分、トップスはシンプルなデザインを合わせるのが好相性。プリントの中からベーシックカラーを拾うと、失敗しない着こなしになります。花柄が大きめのものを選ぶと、若作り感が少なくエレガントな雰囲気に。

 

②お仕事にもOKなプリーツスカート

もう一つ、大人におすすめの花柄スカートが、ミモレ丈のプリーツスカート。縦ラインが強調されて着やせ効果も高く、歩くたびに裾が揺れてフェミニンな表情に。無地よりも甘さが出やすいので、辛口のライダースなどを合わせると大人っぽく好バランスに着こなせます。

 

花柄のトップスなら刺繍アイテムがオススメ!

2017春はとにかくアウターからトップス・ボトムス、小物にいたるまで、刺繍入りが当たり前。ワンポイントだけじゃなく、全面に大きく入ったアイテムも多いのが特徴です。40代でも痛くならないためには、刺繍を施すベースのアイテムをシンプルで大人っぽいアイテムを選ぶこと。黒やグレーなどのベーシックカラーなら、さりげなく取り入れられます。

 

③今季らしさNo.1のストライプ刺繍シャツ

今季たくさん出ているのが、ストライプシャツに花柄の刺繍が施されたアイテム。かっちり感もあるのでほどよく上品に着こなせて、どんなボトムにも合わせやすいのも魅力です。ニットとレイヤードすれば、シンプルなストライプシャツと同様に着こなせるので着回し力も◎。単色の刺繍ならクールに、カラフルな刺繍なら着こなしのアクセントに。好みによって選べるのも嬉しいポイントです。

 

④気軽に取り入れられる着回し力◎な刺繍ニット

薄手の春ニットに刺繍が施されたアイテムもオススメ。シャツよりもカジュアルに着られるけれど、花柄がポイントになるので女性らしい印象をキープできます。デニムに合わせればリラックスカジュアルに、キレイ目パンツやタイトスカートに合わせればお仕事にもOK。刺繍は子供っぽくない柄を選ぶのが、痛くならないポイントです。

 

いかがだってでしょうか。

基本的に花柄=若作りと思って避けてきた人も、今シーズンは花柄人気が加速しているので、ぜひ取り入れてみてください。

これだけ多くラインナップされている花柄アイテムですが、形はよくても色使いやデザインで若作りになりがちなものもあるので要注意。コーデの合わせ方や似合うかどうかを試着しながら探すのが失敗しないコツです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

グレンチェックの「オバさん見え」回避!40代ユニクロコーデ

既にグレンチェックがこの秋のトレンドナンバー1だということはご存じの方も多いハズ。でもいくらトレンドだからといって飛びつくのはご法度。そうです、私たちはアラフォ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

【まだ着ていたら痛すぎ】40代になったら即捨てるべき5つの定番アイテムは!

お陰様で、以前アップして未だにアクセス数の多い「【まだ着ていたら痛い!?】40歳になったら捨てるべき8つの定番アイテム」記事にはアラフォーの友人を含め、たくさんの方々から予想以上の反響を頂きました。今回…

クリーニングに出さずに捨てて! 次の秋冬にはもう着ないアイテムはコレ

暖かい日が続き、衣替えもひと段落したこの時期。GWの休日にまとめて冬物のクリーニングに行こうと思っている人も多いはず。でも、その前に来年も活躍するかどうか、一度ワードローブを整理してみてください! とい…

勘違いオバさん化が止まらない!「40代の盛り袖トップス」の落とし穴

袖コンシャスなトップスは、2016年の秋冬からトレンドが継続中。この春も袖のデザインが特徴の盛り袖トップスが大ブームです。どのブランドを覗いても、必ず置いてあると言っても過言ではありません! しかし、体型…

その着方はヤバくない?「ダサいオバさん見え確実」の40代春アウターコーデ

暖かい日も多くなってきましたが、急に気温が下がったりする日もある今、温度調節できる春アウターは欠かせないアイテムです。でも、街を歩いているとちょっと残念な着方をしている40代らしき女性たちがたくさん。せ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事